FC2ブログ
Thu.

敗因分析

3日連続の大幅な下げを経て、ようやく市場が回復に向かい始めた。
まだまだ含み損は、小生のような小市民にとっては相当大きな額であるが、少しずつでも戻って欲しい。。。


で、今日は自分の投資スタイルの反省。
(前回に引き続き投資の話なので、興味のない方は読み飛ばしてください。)


小生、昨年のような市場が右肩上がりの時期にも、全く資産を増やすことが出来なかった。辛うじて現状維持の状態を保つのが精一杯。
昨年の相場で、どこが転換点だったかと言えば、総選挙における自民党の圧勝しかないだろう。さらに言えば、8月8日の「郵政解散」。このターニングポイントを小生は完全に読み違えた。

郵政解散の直前、政局の先行き不透明感から、市場はジリ下げを始めていた。ここで小生は、起死回生を図るべく、投機銘柄に手を出した。これで大火傷を負った訳だが、小泉首相による郵政解散をさらなる混乱材料と判断し、一旦全ての持ち株を売ったのだった。実際に当時は、郵政解散を「ムチャするなー」と思っていた人は少なからずいた筈だ。

しかし、この読みは見事に外れた。総選挙における自民の勝利は予想していたものの、予想を上回る圧勝。その後の株価の上昇はご存知のとおりである。小生も慌てて追いかけたが、郵政解散前の焦げ付きを回復するのが精一杯。なんとも後味の悪い年になってしまった。

いかに時代の流れを「正しく」読むことが大切であるか、ということを学んだ出来事であった。


そして、今回のホリエモン・ショック。過剰反応であることが明らかであり、それほど遠くない将来に回復することは想像に難くない。
が、今回の反省は「高値圏で買った株が暴落してしまったこと」。価格が上がり続けてきた株(いわゆる値嵩株)は、少しの間であれば利幅が取れるが、今回のような不確定要素があると、今まで上がってきた分、谷も相当深い。

例えば、これまで1,000円だった株が景気回復の波に乗って3,000円まで上がってきたとする。確かにこのまま行けば3,500円程度までは上がるような気もするが、既に買われすぎの感も出てきている。となると、上は500円程度しか見込めないが、不確定要素が発生した場合には2,000円とか1,500円まで下がる可能性もあるのだ。

だが逆に、これを1,000円のときに買っていれば、例え1,500円まで下がったとしても、利益が小さくなるだけで、マイナスにはならない。つまり、(これから3,000円まで上がるけれども)現在1,000円で売っている(割安な)銘柄を探さなければいけないということだ。

ま、そんなことはとっくの昔に知っているんだけどねー。
リーマンはなかなか研究に割く時間が無いので、上がっている株に手っ取り早く乗っかって、すぐ降りる、というお手軽なトレーディングをしてしまうのだ…。

これからは、少し銘柄研究にも時間を割かなくては、だな。
13:34 | 経済・株式 | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Tue.

ホリエモン・ショック!

ライブドアの強制捜索により、日経平均の終値が462円安で引けた。
しかし、思いっきり引かれることを覚悟で正直に言おう。
持ち株が全てIT関連である小生は、今日1日で資産を300万円も減らした。
さすがに、ここまでの下落は株歴8年になる小生も経験がない。
絶句、などという生易しいものではない。

業界全体が、明らかに過剰反応しているが、2001年の米国のエンロン粉飾決算・株価操作事件のことを考えれば、ライブドア1社への影響だけでなく、日本経済全体に与える影響も小さいものではないことが考えられる。

仕事中は株価をチェックできない、情報弱者のリーマントレーダー、いよいよ廃業か。。
23:35 | 経済・株式 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Mon.

SONYの凋落!?

nw-a607.jpg

昨日ついに携帯型mp3プレーヤー(ソニーの、いわゆるネットワークウォークマンと言われる商品)を買った。(写真は公式HPより拝借)

だが、これがえらく調子が悪い。
まず、梱包を解いてみると、専用ソフトを使わなければパソコンから音楽プレーヤーにファイル転送ができないではないか。
これだけでもかなり凹んだが、これはまだ序章に過ぎなかった。。。

次に判明したのは、小生が使っているOSではこの専用ソフトがインストールできないこと。
仕方なく、ソニーの公式HPから代替ソフトをインストール。

既存のmp3ファイルも、一旦このソフトに取り込まなければ音楽プレーヤーに転送できない。
ようやく取り込んでも、一部情報が欠落する(例えば、同じアルバム内でも何曲かだけアーティスト名やアルバム名が落ちる)、その修正のためのアーティスト名の書き込みをするとPCがフリーズする等、トラブルが続出。

この間、修正パッチをインストールする、何度もプレーヤーをフォーマットするなど、解決のための自助努力に5時間ほど費やす。相当努力して、2枚のアルバムを転送し終わったとき発生したエラーに、ついに我慢の限界を超えた。あるアルバムの5曲目が、そのアルバム内の曲として認識されず、外に押し出されてしまっていたのだ(つまり、その5曲目だけ別のアルバムとして認識され、アルバムが2枚あることになっていた)。

イヤな予感がして(てゆーか、早く気付けよ)、ここで口コミ情報調べたら、使えない!とか返品しました!など、クレームの嵐。

こんなバグだらけの商品世に出して、大丈夫か?
世界のソニーよ。


思い起こせばビデオテープでも、ソニーは主流のVHS規格を採用せず、最後までベータマックスで押し通したことは、中年以上のユーザーであれば鮮明に記憶に残っていることだろう。このネットワークウォークマンでも、当初はmp3規格に対応しなかったソニー。最近では、次世代DVDのブルーレイディスクで、独自規格を突っ走ろうとしている。

上記の独自ソフトもそうだが、記憶媒体の「メモリースティック」でもゴリ押しの「押し付け規格」を通している。その策略に上手く嵌った我が家は、PCもデジカメも音楽プレーヤーも携帯電話(これは買い換えた)もすべてソニー製品になってしまった…。
それでも、これまで同社には、その独自性に目をつむって余りあるだけの「独創性」という魅力があった気がする。しかし、不良品を世に出すようになっては、何をか言わんや、である。

市場はすでにそんな凋落を見越していたのか、バブル崩壊後もある程度の高値を維持していたソニーの株価は、ここ数年こんな感じである。

ふと、松下からソニーに転職したエンジニアである、友人Nくんのことが気に掛る。まあ、彼は優秀なので、これまでに働いてきたような大企業でなく、自分で事業を興しても十分やっていける奴だとは思うが。

もちろん音楽プレーヤーは、本日即、返品しに行く予定だ。
13:05 | 経済・株式 | comments (9) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Thu.

コンビニが巨大化?

IY.jpg

近所のイトーヨーカドーが突然セブン・イレブンになっていた!
というのはもちろん冗談で、ちゃんと新聞を読んでいれば、こんなニュースも当然載っている。

今朝はあまり時間がなく、新聞を読まなかったので、これを見たときはちょっとびっくりしたのだが…。

もちろん今回の措置は、言うなればホリエモン対策。
イトーヨーカドーがセブン・イレブンの親会社である限り、時価総額の安いイトーヨーカドーを手に入れれば、親会社よりも時価総額の高いセブン・イレブンも同時に手に入れられてしまう、というねじれ現象を解消するもの。フジテレビとニッポン放送の関係と全く同じだ。

あ、こんなところにもホリエモン効果(やはり大物)。
23:52 | 経済・株式 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Fri.

投機銘柄、その後。

先日の日記でも書いた、ダブルクリック 4841だが、目も当てられない有様になっている。

損失を回復すべく、飛び乗ってすぐに飛び降りるつもりだったのだが…。
やっぱりリーマンはザラ場に貼り付けないから、危ない銘柄には手出し無用なのだな。何度も学んで知っている筈なのに…。
まだ含み損だが、1週間で財産が400万円目減りした。ヒャー。

先週から今週にかけては、毎日毎日昼休みに株価を見ながら、背筋が凍りついていった。
こうなったら腹を括って、当分放置プレイに徹します。。。。南無。
18:32 | 経済・株式 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑