--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Wed.

イエローカード(1枚目)

出張が近くなってきて、すっかり日頃のサボリーマン振りが鳴りを潜めています。お酒も飲んでないのに、危うく午前様になるところでした。危ない危ない。あ、投稿時間は微妙にサバ読んでます。

「イエローカード」と言っても、サッカーの話ではありません。
黄熱病の予防接種を受けたことを証明する国際的な証明書です。
黄熱病のおセンチ、でなかった、汚染地に指定されている国から来る人だけでなく、黄熱が風土病として存在する国に入る人は、入国の際にパスポートと共に提示しなければならないことがあります。
※黄熱病の説明は、こちらをどうぞ。

小生が約2週間後に出張で訪れる国、南米のボリビアもそんな国の一つです。実際にはボリビアは、イエローカード所持者でないと入国不可、というところまで厳しい訳ではなく、予防接種が「勧告」されているのみなのですが、いつどこで罹患するか分からないので、仕事で訪れる人は、まず間違いなく接種を受けます。

さて、伝染病の主な予防接種には以下のようなものがあります。
黄熱病、A・B型肝炎、破傷風、狂犬病、日本脳炎、髄膜炎

小生はまだまだ甘ちゃんなので、メキシコ留学時に肝炎の接種を受けたのみです。我が職場で在外に赴任する人間は、いろんな接種を連続で受けさせられたりします。でも、よく考えると、予防接種って結構怖いのです。なぜって、ご存知のとおり、ワクチンは該当する病気のウイルスや細菌の毒素を弱くした液なのですから。当然、黄熱の予防接種を受ければ、軽く黄熱病に罹る人も出てくる訳です。小生の直属の上司がそうだったみたいです。「気持ち悪くなって熱が出て、、、それでも出てきたけどね。」って、Aさん、それは小生に対する牽制球でつか?

今や、小生の財布の中に一番多く君臨する野口英世も、黄熱病の研究中に、自ら罹って命を落としたというのだから、侮るべからずです。
ええ、小生チキン野郎ですが、何か?

※ちなみに、野口英世が当時「黄熱病病原菌」として発見・発表したものは、実際には黄熱病のウイルスではなく、別の病原体であり、電子顕微鏡が無かった当事において、細菌よりも遥かに微小なウイルスを発見することは不可能であったことが分かっています。
 それを差し引いても、彼がガーナ、メキシコ、エクアドル、ペルー、ブラジルで活躍したことは、時代を考えればとんでもない偉業であり、だからこそ昔の修身の教科書にも良く題材として取り上げられたのでしょう。

まあ、肝炎も黄熱も接種の有効期間は10年と長いので、よしとします。
来週火曜日に接種なので、また報告しまっす。

途上国を旅行する人は、この辺をよく読んで、伝染病に気を付けましょう。
23:58 | 出張・旅行 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑
初・イメージバトン | top | モーターサイクル・ダイアリーズ

Comments

#
私の前の職場でも、途上国への嫌々出張者が
ぽつぽついたので、しょっちゅう予防接種受けてましたよ、直上司が。

で、彼らが帰ってくると何とな~く近づくの
が嫌なんです、、何か菌持って帰って来たのでは、、?
みたいな(笑)。

特によく解ってない女性に多いので、cabron
さんも、避けられない様お気をつけて~☆

ボリビア話も期待してますね!
by: トマト | 2005/09/15 01:44 | URL [編集] | page top↑
#
ボリビア!!ポトシだ、銀ですね!!←机上の知識
セ プエデ イール アリィ アンダント?
↑地球の歩き、、に書いてました←バカw。

やたらと予防注射打たされるとは聞いてましたが
イエローカードは知りませんでしたー。
またヒトツ賢うなった、
ありがとうございまっす。
by: 人猫 | 2005/09/15 06:33 | URL [編集] | page top↑
#
>トマトさん

小生、既に女性に避けられる「エロエロ菌」保持者ですので、何を今さら、という感じですのでご心配なく(笑)。

実は、ボリビア行きはちょっとだけブルーなんですよー。理由は、、、また近いうちに書きますね。


>人猫さん

Se puede ir alli andando?
(そこまで歩いて行けますか?)
かな?

正確にカタカナ表記するなら「アンダンド」ですかね。「歩き方」もテキトーなので、きっと誤植か、学生バイトにでも作らせたのでしょう。

ちなみにこのSe puede ~?は、英語で言うとMay I ~?とか、Can I ~?にあたる便利な表現です。このフレーズ単独でも使えます。

例えば、ドアをノックしながら"Se puede?"なら、「入ってもいいですか?」
バーのマスターが客と話し込んでいるときに"Se puede?"なら、「注文いいですか?」など。

西語圏に行く機会があったら、是非是非使ってみてくださーい。
by: cabron | 2005/09/15 13:03 | URL [編集] | page top↑
#
「サボリーマン」が非常~にウケたんですが(笑)

私もモンゴルに行くとき、2種類の予防接種しましたー
狂犬病と、あともう1つは忘れちゃったけど☆

でも、cabronさん
ボリビアにいってエロエロ菌まかないようにね♪
by: Mink | 2005/09/15 13:35 | URL [編集] | page top↑
#
いや~、ついにご出張ですか?
わくわくどきどきですね。
どれぐらいの期間ですか?
わけの分からん事件には巻き込まれないようにしてくださいね。
ブログはむこうからでも出来ますか?
by: Dorothy | 2005/09/15 23:03 | URL [編集] | page top↑
#
>Minkさん

エロエロ菌保持者は入国お断り!とか言われて空港で何日も拘束され、キャサリン・ゼタ・ジョーンズみたいな美人スッチーといい仲に…
(映画「ターミナル」より妄想。。。)


>Dorothyさん

出張は往復も含め、約2週間の予定です。7月のホンジュラス出張のときは、ホテルからブロードバンドで接続可能だったので、更新し放題だったのですが、ボリビアのホテルにおけるインターネット事情は分かりません。

ネットカフェ(日本語使用不可)を使わざるを得ないような場合は、職場の人と日本人同士なのに英語でやり取りしたりします。それはまだいい方で、ネットに接続できない国もあります。

回数は減っても、何とか更新したいものですね。
by: cabron | 2005/09/16 00:11 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://cabron.blog10.fc2.com/tb.php/97-7ee74b14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。