--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Mon.

ドキドキの初体験2

さて、今日は初体験第二弾、人間ドック本体を経験してきました。

8:40に集合で、夜更かし型の自分にはちとばかし辛かったのですが、聖路加タワーは建物自体が新しく、何だかワクワクさせられました。受付もゆったりとしたソファが多数配してあり、まるで国際線のラウンジのよう。もしくは、ホテルでのサービスを受けているようでした。

検査項目はかなり多かったのですが、何から何まで全てがシステマティックで、受診者の流れをソニーのFeliCa(JRのSuicaや電子マネーのEDYで使われているICカードの方式。詳しくはこちら)で管理しています。1つの検査が終わると、すぐに次の検査先にデータが送られていて、受診者の捌き方も非常にスムース。

初めての検査としては、超音波(あのヌルヌルの液体を塗る、エコーってやつです)、肺機能(肺活量も見ているのかな)、骨密度、胃のX線検査(バリウムですね…)などがありました。やっぱり、胃の検査は今日のメインイベント。バリウムは初めて飲んだけど、甘くて気持ち悪い液体でした。でも、もっとしんどかったのが、炭酸を飲まされてげっぷを我慢すること。あれだけ機械がぐるぐる回転したら、「ゲプ」ってなっても仕方ないと思うんだけど…。あのようにアクロバティックに患者を回転させながらX線写真を取れるようになるには、どのくらい訓練が必要なんでしょうか。

(こんな感じ)
20050830002205.jpg

全ての検査が終わったら、隣の阪急ホテルと提携したカフェテリアで軽食(サンドイッチ+スープ)。ただのサンドイッチですが、何だかお上品な気がしてしまうのは気のせいかな。

さて、食事を取って待つこと30分、医師の所見と看護士の生活指導。これが最もドキドキする瞬間。もちろん、若いのでそれほど問題は無かったのですが、3点ほど指摘を受けました。

(全て正常の範囲内だが)
・尿酸値がやや高い(=プリン体が多い)
・善玉コレステロールの数が少ない(実は過去にも言われたことあり)
・胃にひだが見られる(=胃が少し荒れている → 来年あたり胃カメラを飲みなさいとのご指導あり。)

プリン体はビールだけが原因ではないよ!と女医さんに言われてしまいました。少しお酒を控えることになりそうです。胃は、刺激物を摂りすぎているのかも、とのこと。辛いもの大好きだし…。ふぅ。数字で示されると説得力があり、「気を付けねば」という気になりますね。

確かにここの人間ドック、お値段は高いのですが、質を保つためにあまり多くの患者を一度に受け入れず、関係者のお給料もそれなりにお高いのだと聞いたことがあります。やっぱり、お給料をきちんと貰っている人は、対応が丁寧です。

驚いたのは、それでも受診者の数が半端でなく多かったこと。中には27歳などという人もいて、みんな意外と若いうちから気を遣っているのだということが分かりました。
23:30 | 健康 | comments (7) | trackbacks (0) | edit | page top↑
ラテンバー@銀座 | top | ドキドキの初体験1

Comments

#
へえ~へえ~へえ~、
スムースに次から次へと検査いけるってのは
イイですねえ。少々高くてもいいなあ~
それなら。

〉炭酸を飲まされてげっぷを我慢
これ、わかります~、ツライですよね~。
胃カメラはなんかお医者さんのテクによって
すごい楽だったり、ツラかったりしますよ。
by: 人猫 | 2005/08/30 10:18 | URL [編集] | page top↑
#
>人猫さん

人猫さんも既に胃カメラ経験済みですか!?
ったく近頃の若いモンは、やることだけは早いんだから… って、違うか。。。

では来年の胃カメラは、テクニシャンに当たるよう、願掛けしておきますw。
by: cabron | 2005/08/30 13:16 | URL [編集] | page top↑
#
とても、洗練された検査システムですね。
食事をして30分後に検査結果が出るなんて、すばらしい。
それは良いとしても、わかいcabronが3点もひっかかったとなると、私なんぞはどうなるかと思い、洗練されているだけに、なにやら怖いな。
by: Dorothy | 2005/08/30 20:56 | URL [編集] | page top↑
#
人間ドックって、こんな機械の中に入るんですか~
まるで、宇宙飛行士の練習みたいですね!

そういえば、男の人が「人間ドックに~」っていうのはよく耳にしますが
女の人も来てますか?
by: Mink | 2005/08/31 00:44 | URL [編集] | page top↑
#
>Dorothyさん

私の経験上、外国に住む上で少し不安なのは、医療システムです。言葉が完璧であれば問題も少ないのでしょうが、それに加えて私の場合、勤務先が途上国である可能性が9割以上なので…。

豪州の医療はどうなのでしょう?何も問題が無ければいいのですが、もし日本でも機会があれば、一度「厳しい」チェックを受けられてみては?


>Minkさん

女の人、すっごくたくさん来てますよ。
婦人科の病気も調べるから、男性より検査項目は多いのかも、です。
by: cabron | 2005/08/31 12:53 | URL [編集] | page top↑
#
また、来ましたよ~
豪州の医療事態は意外にも、レベルは日本以上とも聞いてますが、保険制度はあっても、若者は個人負担がかなり大きいので、医者には皆あまりかからないです。
日本人はたいていプライベートの保険に加入してますが、健康だとどぶに捨ててるような感じで。。それでも、検査にはあまい行かないので突然亡くなる人が多いですね。
by: Dorothy | 2005/08/31 13:38 | URL [編集] | page top↑
#
>Dorothyさん

突然亡くなる、というのは怖いですね。
Dorothyさんも、健康には十分お気を付けてお過ごしください。
by: cabron | 2005/09/01 12:50 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://cabron.blog10.fc2.com/tb.php/86-bcbffdea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。