--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Sat.

今日のBGM

最近ラテン音楽以外を聴かなくなって久しいので、全然近年のアーティスト事情に疎くなってしまっているのだが、(見かねて?)職場の美人OL(2ちゃんねらー)がCDを何枚か貸してくれた。

まずは、KEANEの「Hopes and Fears」

ピアノ、ドラム、ボーカルでギターがいない3人組。ちょっと調べてみたら、本作がデビューアルバムながら昨年UKチャートを席巻したらしい。

サウンドは、透明なメロディーを優しく切なく歌い上げる感じ。歌詞はちょっと甘ったるいかな。でも彼ら自身が若いし、自分も高校生だったら思いっきり共感できていたと思う。UKは自分の中での2大メジャー(oasisとblur)以外は、正直全然分からないのだが、詳しい人に借りて聴いてみようかしらん。

2枚目は、spymobの「Sitting Around Keeping Score」

こちらはボーカル&キーボード、ギター、ベース、ドラムの4人編成。かれらもこれがデビューアルバムらしいけど、バックバンドなどを長くやっていて、キャリアは長いようだ。

旧き良き時代のアメリカンポップの影響大って感じ。さらにはビートルズっぽい音も入っていたりして。上のKEANEよりも自分には馴染みやすいかな。ちょっとひねくれつつも爽やかなサウンド。Maroon5とよく比べられているようだけど、彼ら曰く「影響を受けたのはトッド・ラングレン、スティーリー・ダン、ジェリーフィッシュ」だというから、ひねくれ具合も納得。通勤のお供にさせていただきます。
23:00 | 音楽・ダンス | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑
ドキドキの初体験1 | top | 友人紹介2

Comments

#
どうもです。メキバカ(メキシコ・バカ一代の略)のリンクありがとうございます。いろいろな方に読んでいただいているみたいでありがたいです。今週はかなり忙しく更新の暇がなかったんですが、メキバカ取材班がメキシコシティーを神出鬼没に取材しているんでネタは新鮮豊富に取り揃えています。またぼちぼち更新していきますんで、ごひいきにお願いします。
by: shin | 2005/08/28 09:01 | URL [編集] | page top↑
#
あっ、キーンだっ。
久しぶりに現れたUKド演歌、3ピースw。
甘甘のメロメロですよね、でもそこが最高。

キーンと同じ系統の音で、ちょっとだけ甘みが抜けて、そのぶん暗くなったカンジの、
TRAVISってバンドの「The Man Who」はオススメです。

と、うっかり熱くなってしまったUKバカでした、、、。
by: 人猫 | 2005/08/28 10:50 | URL [編集] | page top↑
#
>shinさま

DF特派員のお仕事、お疲れさまですっ。

メキシコは10/20IN、10/28OUT(上司にゴネて夏休みを10月にしてもらった)なので、是非是非遊んでください!

踊りにも行きたし。
サルサでもハウスでもテクノでも、何でもOK、カモーンエブリバディ状態です。


>人猫さん

そうでした。UKについては人猫さんのサイトを少し読めば勉強できるのでしたね。

TRAVIS、早速聴いてみますっ。
今後ともオススメあれば教えてくださいね。
by: cabron | 2005/08/28 22:51 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://cabron.blog10.fc2.com/tb.php/84-3b78e6a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。