--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Tue.

あ、ホリエモン。

ホリエモンの立候補が連日ニュースになっている。

正直言って、選挙まで広報活動に利用するとは思っていなかった。近鉄球団買収の際も、ニッポン放送株取得の際も、一応経済活動の範囲内だと思っていたが、政治まで利用しようとするとは…。恥知らずにもほどがある。

既にさんざん報道されているように、彼は自著の中で「頭のいい人は、絶対に政治家などやりたがらない」と述べ、小泉首相の郵政民営化優先政策を批判している。また、その発言を聞いていても、彼には、政治家として決定的に重要な国家観、長期的なビジョン、気概といったものが全く感じられない。

それでも、前言を翻してまで出馬するのは、広報効果が抜群であるからに他ならない。さすがに商売に対する計算高さは、他の事業家の追随を許さない。どこからその発想が湧いてくるのか、その商才だけは褒められて良い。日本経済を活性化させるのにも、引き続き大いに貢献してほしい。

彼は絶対当選しないだろうし、彼自身もそれを分かっている(万が一当選するようなことがあれば、広島6区の住民たちがよほどアフォなのだろう)。むしろ、当選しては本業に差し支えるから、逆に困るくらいだろう。

ホリエモンは、落選しても何も失うものは無い。宮本輝の小説から取れば、「オッサンと女子大生の不倫」みたいなものだ。オッサン側は一定期間楽しめて美味しい思いこそすれ、別れても何も失わない。万一、「結婚して」などと言われたら逆に困ってしまう…。つまり、今回の立候補は彼だけが美味しいドラマなのだ。

せめてもの救いは、自民党の公認を要らないと言ったこと。そりゃ、立候補の目的が自民党と関係ないのだから、公認など要るはずがない。

それにしても、奇人変人が幅を利かせるおかしな世の中になってきた。
Ahoriemon.jpg

13:26 | 時事・社会 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑
友人紹介2 | top | 出会い・別れ

Comments

#
遅れましたが、TBありがとうございましたーm(_ _)m。

うーん、ウマイタイトルだなあ。
ホリエモンもアレですが
なんとかっていう(覚えてないw)
料理研究家のおばはんも
ずいぶんアレですよねえ。
一体ダレにいれればいいのかしらんw。
by: 人猫 | 2005/08/23 13:51 | URL [編集] | page top↑
#
料理研究家は藤野さんでしたっけ。
旦那さんも代議士でしたね、確か。

どこの党でも、信念を持ってやってくれる人に入れたいですね、小生は。

それでも、共産・公明・社民は勘弁ですねー(学会員の方、ゴメンナサイ)。
by: cabron | 2005/08/24 00:42 | URL [編集] | page top↑
#
恥ずかしながら、私はこの方よく知らないんですが
あちこちのブログでお名前を見るので
時の人というか、かなり有名な人なんだと思ってました。

結構若いですよね?
by: Mink | 2005/08/24 12:18 | URL [編集] | page top↑
#
ホリエモンは小生より2学年だけ上の、昭和47年生まれだったと思います。若いですよー。かの有名な六本木ヒルズに住んでます。

それ自体は凄いことですし、能力も高いのでしょうけど、今回の行動は人として???って感じです。

ま、所詮負け組リーマンの遠吠えなんですけど。
by: cabron | 2005/08/24 13:19 | URL [編集] | page top↑
#
ホリエモンが政治家になる意味は大きいですよ。
今迄の買収劇で足らなかったのは、お金じゃなくて政治力。(政治圧力とも言う)
これさえ手に入れれば
再びフジへの野望も可能かと?

晴れてライブドアTVの発足!(笑)
俗称は「亜米利加リーマン・ブラザーズ証券TV」ってとこかな。
ついでに郵貯も…以下略。
by: hide | 2005/08/24 19:29 | URL [編集] | page top↑
#
残業中のオフィスにて…。暑い。。。

>hideさん

初めまして。ご訪問ありがとうございます。

ホリエモンが本気で政治家になりたがることなんて、有り得ません(きっぱり)。

だって、当選したら1年生議員ですよ。言ってみればお茶汲み&雑巾がけ坊主です。彼は、すぐに上り詰められるから今のベンチャーという形態を選んだ。これは、彼が様々なインタビューで繰り返し述べていることです。

つまり、下積みを積んでからでないと権力を握れない現在のシステムなんかより、現在の知名度・立場を活用して出来ることをした方が、よほど効率がいい。既にここまで知名度のあるホリエモンが選挙に打って出るのは、良くも悪くも、世間にライブドアを印象付けるための「演出」というのが小生の見方です。ライブドアなんて吸収合併を繰り返して大きくなっただけの企業ですから、見向きもされなくなることが一番怖いんですよ。
((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

もし、万が一、彼が本当に既存の政治体制をぶっ壊そうと高邁な理念を持ってやっているのだとしたら見事です。それにしては、発言を聞いていても政治・行政に対する知識が無さすぎですけどね。

※ゴメンナサイ。仕事で疲れていたのか、最初宛名を間違えていました。
by: cabron | 2005/08/24 20:24 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://cabron.blog10.fc2.com/tb.php/82-9cfae978
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。