--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Mon.

やりなおし教養講座

村上陽一郎の標題作を大分前に読了していたのだが、なかなか時間がなく、レビューを書けなかった。本日はこの作品について書いてみたい。

筆者が述べんとすることのうち、特筆すべきは以下の2点に集約できる。
?教養の原点はモラルにある。自分の中に「規矩」(ものさし)を持って自己を律することのできる人間こそが「教養人」である。
?行き過ぎた平等主義、エリートの否定が「知らないと恥ずかしい」とか「負けて口惜しい」という概念の欠如を生み、延いては社会の活力を奪っている。

?だけを読むと、まるで知識は重要ではないかのようにも読めるが、筆者が人間に必要だと述べているのは、「規矩」であり、それは「確固たる自分を作り上げること」に通じる。確かに、筆者は「知識があれば教養があることになるのか」という問いには、明確に否定の回答をしているが、同時に「知は力」とも述べている。つまり、知識は自己を形成するのに必要不可欠だが、知識を用いて自己形成できない者や、形成した自己の規範から外れてしまうような者は教養人とは呼べないということである。

?などは、正にそのとおりで、大きく頷いてしまった。私が小学校の頃などは、運動会で徒競走をするのでも、せいぜい身長順で走る順番が決まる程度だったが、現在はなるべく差が出ないようにタイム順に並べて競わせるのだという。しかしこれでは、本来なら1等になれたはずの子がなれなかったり、ビリのはずの子が1等になったりと、おかしなことが起こる。結果、自分の得手不得手も分からぬまま大人になり、才能を十分開花させることも、向上心を持つこともなく社会に出る人間が今後増えるのだとしたら…。やはり、少し背伸びすること(知ったかぶりなども含め)と、負けて口惜しいと思うことは人間を成長させるのだな。

ま、とは言え、学生時代にカントもニーチェもエーリッヒ・フロムも読んでいない(=背伸びしていない)小生のようなお気楽リーマンが、偉そうなことなど言えないのだが…。昔のエリートと今のエリートが読む本は違うのですよ、と村上先生にご注進申し上げておこう。(←ぉぃぉぃ、オマイいつからエリートになったんだよ。)

23:08 | 読書 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑
COACHの財布 | top | 亡国のイージス

Comments

#
?へのcabronさんの意見に禿同。
最近の教育は現実を無視、あるいはバカにしてると思いますです。

背伸びしてカントもニーチェもフロムも
読んだ身としては。
今やあーいうのをすすんで読むのは、
もう末期の変人だけですな。
間違ってもエリートにはなれないw。
by: 人猫 | 2005/08/15 23:34 | URL [編集] | page top↑
#
秒殺コメント、ありがとうございますw。

あのー、、、ご賢察のこととは思いますが、最後のは自虐ネタですからね。本来は人猫さんのように、若い頃にいろいろな本を読んでおけばよかったと激しく後悔している小生です。

ま、向上心がなくなったら終わりだとは前から思ってましたので、リーマンが出来る範囲で、いろいろinputしていこうとは考えております、はい。
by: cabron | 2005/08/15 23:54 | URL [編集] | page top↑
#
ああっ、すみません。
ぼくも最後のは自虐ネタのつもりでした。
本読んでないで稼げ自分、っていう、、、。

ぼくも向上のために
とっとと職について稼ごうと思っています。
by: 人猫 | 2005/08/16 03:24 | URL [編集] | page top↑
#
オーストラリアの教育は、まさにこの"平等主義"だったそうです。
だから、"競う"ということを知らずに育って
国全体がのんびりムードになっちゃった。

…と、聞いた話なんですが~

私、個人的には"競う"ほうが好きです。
でも、いつのまにか向上心はなくなっちゃった。
いけませんね~ こんなんでは…

by: Mink | 2005/08/16 12:59 | URL [編集] | page top↑
#
?について、同感。最近差別と区別の区別がないところからくる混乱がある。
by: Dorothy | 2005/08/16 21:27 | URL [編集] | page top↑
#
>Minkさん

豪州が平等主義教育だというのは知りませんでした。確かにオージーはのんびーり、してますよね。

それでも豪州のように自然が豊かで、資源も食料も豊富に取れる国(=国としてのポテンシャルが高い国)ならいいですけど、日本のようにアタマ・技術だけで勝ち残ってきた国が、切磋琢磨することを止めてしまったら、末恐ろしいと思う訳です。


>Dorothyさん

差別と区別の違いが間違っているという意味では、行き過ぎたジェンダー教育もその一つですね。そんな変な「男女平等」教育が浸透したら、コンビニで女性が倒れてても、お姫さま抱っこで助けてくれるイイ男も育たないっつーもんですよねー。(>ねー、人猫さん?)
by: cabron | 2005/08/16 23:44 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://cabron.blog10.fc2.com/tb.php/77-e9a4a203
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。