--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Fri.

女系家族

出張中に読んだ本、その2。

言わずと知れた、米倉涼子主演ドラマの原作。
山崎豊子が何作か書いている「大阪物」のうちの1つ。

出張前日に閉店間際の書店に駆け込み、平積みになっているものから選んだ。時間がないときは、つい自分の好きな作家から選んでしまう。

この作家は、さすがは新聞記者出身と思わせるだけの精緻な筆運びで、美しい日本語を操る。既に様々な作品で証明済みだが、この作品においても作者が言うところの「ねっちりと絡むような」女性の嫌らしさ・欲深さが余すところなく描き切られている。結末も意外で、ストーリーも十分楽しめる。

ドラマは2回見たけど、ちょっと、、、、という感じ。
高島礼子の長女役は原作ほどの迫力がなく、橋爪功の専務(原作では大番頭)役も「狸オヤジ度」が低い気がする。やはり、小説は自分で妄想してナンボですな。

この小説で覚えたコトバを2つ。

「勝手聾」
意味は読んで字の如しだが、今打っていて、「つんぼ」はワープロで変換されないことを発見した。これって立派な言葉狩りだよなー。

「枕紙」
こちらは、辞書を引いてもきちんとした意味が出ておらず、webで用例を調べていてstargazerさんのブログに行き当たりました。stargazerさん、先日はどうもでした。

#この記事を書いて1年経っているのですが、未だに「枕紙」で検索して
 ここに辿り着く方が多いようですので、念のため書いておきます。
 つまりあれは、今風に言うとティッシュのことですね。
 汚れてしまったものを拭くのです(皆まで言うな)。
 (2006.7.30)

(番組オフィシャルサイト)
http://www.tbs.co.jp/nyokeikazoku/


23:45 | 読書 | comments (5) | trackbacks (1) | edit | page top↑
やっぱり夏は、 | top | 勝負銘柄、その後。

Comments

#
cabronさん、TBありがとうございました

先日ようやっとドラマをやってる時間に帰れたので、見ました
がっ、
・・・・・・コメントできることが見当たらないです
高島礼子は、期待していたんだけどなぁ。
年齢設定などを無視したら、藤山直美あたりはいかがです?


by: stargazer | 2005/07/30 14:41 | URL [編集] | page top↑
#
「女系家族」、ドラマで見てます。
山崎豊子さんと聞いて見たんですが、
(「白い巨塔」で初めてファンに。)
段々マンガっぽくなってきましたよ。

原作読んでないので、橋爪功さんの
狸オヤジっぷりは上手いな~と思って
たんですが、他が気にくわんです。
特に瀬戸アサカちゃん、へったぴ。
高橋克典さんは「只野 仁」に見えて
仕方がありませーん。

「枕紙」の意味が解らないので、ちょっと
お邪魔してきますね~。
by: トマト | 2005/07/31 13:36 | URL [編集] | page top↑
#
>stargazerさん

藤山直美ですか。

原作では、かなり目鼻立ちのはっきりした、しかも凄みのある「美人」、とあるので、ちょっと厳しいですかね。

そこまで存在感のある女優って、なかなかいませんよね。

強いて言うなら、大地真央あたりかな。
(うーん、これも違うような…。)

追伸:
実はstargazerさんのブログ、前の職場の同期が書いているブログと、全くタイトルが一緒なんですよ。最初びっくりしました。


>トマトさん

コメントありがとうございます。

山崎豊子さんの文章は日本語の勉強にもなりますので、CADオペで目が疲れたら、合間に是非読んでみてください。

stargazerさんのブログへのコメントでも書いたのですが、僕のオススメは、長編では「沈まぬ太陽」、中編では「花のれん」です。

いずれも、事実を下敷きにしているので、読みごたえ十分です。
by: cabron | 2005/07/31 22:12 | URL [編集] | page top↑
#
ああ、私も山崎豊子大好きです。大阪物が本当に良く書けていて何度読み返してもあきないです。
月並みですが、白い巨塔はずっと前に読んだので、テレビドラマは軽くて見てられません。
この小説に関しては、本職の医者が、医者以上にこの世界を書ききっている、と言ってたのを思い出します。

ところで、先日のコメントで示唆を受けまして今日の記事は英語をまた頑張りました。現在進行形です。どうぞよろしく。
by: Dorothy | 2005/08/02 15:11 | URL [編集] | page top↑
#
小生、

英語を学ばんとする日本人は、まず日本語を学べ。

をモットーとしております。

その観点からは、山崎豊子は安心して読めますよね。Dorothyさんのところで英語を学びつつ、綺麗な日本語を使えるように常にきちんとした言葉をinputする。小生の理想形です。
by: cabron | 2005/08/02 22:38 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。