--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Fri.

年の瀬

年の瀬ですね。
とは言っても、半袖で過ごせる気候の中、こちらでは日本のような「年末感」は全くないのですが。

前回記事の続きです。

12月9日の発熱から今まで、血液検査を5回しました。
肝機能を示す、GOTとGPTの値が異常に高いです。
毎日、夜になると熱が37度を超えます(昨日は37.3℃)。

だからと言って、どうということもなく、仕事も1日も休んでないのですが。
倦怠感は随分取れてきましたが、まだ本調子ではありません。
もしかすると、ウイルス性の肝炎かもしれない、との医者の言。
日本では肝炎はA型、B型、C型のみですが、こちらではあと3種類くらい存在するとのこと。
(小生はA型とB型は予防接種済みで抗体があるので、その可能性は低いです。)

ということで、2週間後の再検査まで、一切のアルコールを断ちます。
こんなに長く酒断ちをするのは社会人になって初めてかもしれません。
何とも切ない年越しです(笑)。
ここでまだ肝機能の数値に問題があれば、精密検査です。
基本、大人しくして回復を待つしかないらしいので、そうすることにしました。


静かに読書でもして、独りで年越しをします。
ありがたいことにお誘いはいろいろ頂くのですが、今年は健康状態も精神状態も、何となく独りで過ごしたい気分なのです。
夏に日本から持ってきた本の中で、読めてなかったものを少しずつやっつけていこうと思います。

DSC00183.jpg

構造主義の超入門書。21世紀に今さら構造主義もないもんですが、高校時代に、ませた同級生の影響で「悲しき熱帯」を読んだ後、自分の中で20年も宿題として放置してきた(長っ!)、構造主義への理解を深めるための手がかり。もしかすると、レヴィ・ストロースの著作を読んだことが、自分の今の仕事の原点になっているのかも。って、んな訳ないか…(かなり強引な後付けでした)。ちなみに橋爪氏のこの本も、初版は1988年と非常に古いです。

DSC00184.jpg

さらに古い(と言っても、思想的にはニューアカなので構造主義よりはずっと後の)、初版1977年の岸田秀のロングセラー。新宿の紀伊国屋でつい手に取ってしまったもの。先日、泊まりの出張に持って行ったのですが、仕事で疲れていて真剣に読めなかったので再チャレンジ。ちゃんと集中して読まないと、頭に入ってこないのです。ロングセラーだけに、中身は大体何を言ってるかは先に知ってるんですが、2011年が日本にとって特別な年でもあったので、今でも色褪せていないと言われている近代日本の精神分析を再度おさらいしたく。


今年も色々な方の支えがあり、1年間無事に働けたこと、こうして呑気にブログを書いていられることに感謝します。
(本当は、呑気にブログを書いている暇があれば、日本に帰って家族の手伝いでもすべきなのですが…。)
皆さまも、それぞれに良いお年をお迎えください。
23:43 | 読書 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
2012年第1号エントリ | top | 弱気の虫

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://cabron.blog10.fc2.com/tb.php/443-c2c98963
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。