--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Wed.

命綱

喘息持ちの息子にとって、吸入器は1日たりともなしでは過ごせない必須アイテム。
もちろん、先般の家族旅行にも、正月の一時帰国にも携行しました。

吸入薬、アレルギー予防薬を始めとして、こちらでは薬代が高い(息子の薬だけで毎月300ドル程度かかる)のが我が家の家計にとって非常に頭の痛いところですが(ちなみに、日本ではほとんどの自治体で子供の医療費と薬はタダです。念のため)、昨日、娘がそれどころではない、とんでもないことをしました。

恐らく吸入器をブン投げるか何かしたのでしょう。彼女が手に持って歩いてきた、その吸入器のスイッチが全く入らないのです。手の届かないところに置いているのに、最近、何でも自分の椅子を持ってきて取ってしまうのです。

「おぉ、何てことを……」

と、凍りつく小生と妻でしたが、子供のやることなので怒るに怒れず。仕方がないので、息子には外出時用の簡易吸入(スプレー薬)を行い寝かせましたが、はて、この国で同等品が売っているのかどうか。

次の日(今日)、早速妻に医療器具専門店に行って探してもらったところ、ありました!!(涙)

吸入器

右が日本から持参したもの(もう動きません…)、左が本日購入したものですが、体積、重さとも日本で買ったものの4倍くらいあります。米国のブランドでメキシコ製。重くて、旅行に持って行くのは考えものですが、仕方ありません。何より、あったことに感謝。

こんなとき、大勢の同僚の皆さんには悪いのですが、「アフリカ勤務でなくて良かった…」と心底思います。以前にも書きましたが、比較的発展の度合いが高い中南米地域は、我が社の中でメインストリームではないのですが、アフリカや一部のアジアの国と比べれば発展している、ということは生活物資が揃いやすい、ということになります。中南米は、米国の裏庭だと揶揄する向きもありますが、実際には、各国ともむしろ恩恵を受けていることの方が多いかもしれません。

とまれ、息子の命綱が手に入って一安心の我が家でした。
22:54 | 子供・育児 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
メッキが剥がれただけ | top | お茶を濁す。

Comments

#
よかったね!ビバメヒコ!
ほんと命綱だもんね、、、
見つかってよかったよかったよ。
by: えっこ | 2011/06/30 14:11 | URL [編集] | page top↑
#
>えっこさん

ホント、助かったさぁ。
Viva Mexico!

最近、メキシコの製造業なかなかやるよね。
小生の使ってるBlackBerry端末もメキシコ製だし。
いよいよ、ラ米で頭1つ抜けた感があるね。

子供のことでは心配が尽きませんが、後になればきっと良い思い出。
お互い頑張りませう。
by: cabron | 2011/07/01 13:03 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://cabron.blog10.fc2.com/tb.php/436-3da1e4fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。