--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Mon.

2011.3.11

その日は、朝6時に緊急連絡網を回すように、との上司からの電話で目が覚めた。
何でも、日本が地震で大変なことになっていて、その余波で当国にも津波が来るかもしれず、海岸沿いや島に住む関係者に避難を呼びかけなければならないのだという。

そんな凄いことになっているのか、と寝惚け眼でTVを点けると、CNNエスパニョール(CNNのスペイン語チャンネル)が凄い映像(津波)を流している。到底、これが今自分の祖国で起きているとは思えないような、映画の世界の中のような映像。しかも、一日中、日本の地震のことが流れている。

職場に出勤し、連絡が取れなかった人に再度連絡網を回しつつ、関係者家族の安否確認。昼休みには、家族や友人の安否確認をする。長野で震度6の地震というニュースを目にし、慌てて実家に電話。幸い自分と家族の関係者は無事の確認が取れたが、仙台出身の同僚は、家族の安否確認ができるまで少し時間が掛かっていた。

事務所には各機関からのお見舞いのレターやカウンターパートからのお悔やみのメールが続々と届き、スーパーのレジで、オフィスのエレベーターで、自宅マンションで、会う人会う人が言葉を掛けてくれる。また、こちらの有力財閥が日本に相当額の寄付をしてくれるという。

未だに日本の災害のニュースは、当地を含む世界中を駆け巡っているが、英語メディア、スペイン語メディアをチェックした限りでは、「日本だからこの程度の被害で済んだ」「避難所生活でも混乱が発生しない、自己コントロールのできた国民性」といった報道振りが多い気がする。あとは、現地新聞などを見ると、原発対応にも注目が集まっている。

日本だから、というのはそのとおりだと思う。東京なんて、あれだけ高層ビルが建っていて、免震構造でないものばかりだったら、どうなっているのか。また、いろいろと問題はあると思うが、国民が揃って節電に取り組んだり、物資の配給にも譲り合いの精神が見られるのは、日本人の精神に根付いたものが大きいだろう。

こちらにいると、義捐金を寄付することくらいしかできず、日本にいて何か直接役に立てないのが本当にもどかしい。ただ、世界がその惨状を憂い、また、その復興に注目している。いつもこのブログでは、沈みゆく日本を憂慮してばかりだが、今回ばかりはその底力に心から期待したい。そして、一人でも多くの方の生存と、一日でも早い復興を祈りたい。
22:58 | 時事・社会 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
批判するのは簡単だ。 | top | 前原辞任

Comments

#
最後の5行にまさに共感!
本当にすごい状況になっていますね。
放射能漏れも関東も検出されていて
専門家は問題ないと言っていますが心配です。
こういうことはあとから問題がポロポロ出てきますから。。。
遠いメキシコから私達ができることを今色々考えていますが
とりあえず日本の銀行の義援金の口座に募金をすることにしました。
とりあえずは東北の皆さんのことを思うばかりですが、ここメキシコににいると東北、関東、関係なく、「日本」の国民の皆さんのことを
応援したいです。

関東がこれから電力の影響で経済にダメージが出てくるようなので西日本の産業を頑張って欲しいと専門家が言っていました。
そういう意味では日本全体が色々大変になると思いますので。

千葉の両親、妹、弟のことは毎日心配で枕元にiPhoneを置き、
夜中に目が覚めたらニュースを必ずチェックしています。
そして特に日中一人でいる母、妹にはまめに電話したりメールしたりして
少しでも心細さが取り除ければ、、、と思っています。
by: eriko | 2011/03/16 01:21 | URL [編集] | page top↑
#
>えりこさん

小生も職場、個人でそれぞれ募金をすることにしました。ユニクロの柳井社長のようにはいきませんが、小生のわずかな募金でも、1つの家族が1カ月くらい糊口を凌げると良いな、と思って…。

全体のことは心配しつつも、やはり家族のことは一番心配だよね。

今は状況が状況なので、プロの復興支援が必要で、我々はには大したことはできませんが、災害がある程度復興した後に、何か自分たちにお手伝いできることが出てくるかもしれません。そのときには積極的に協力したいと思います。
by: cabron | 2011/03/16 13:30 | URL [編集] | page top↑
# ご無沙汰しています。
東京にいても、今はまだ募金くらいしかできていませんよ(涙)。
あとは、ご存知かもしれませんが、計画停電というのが毎日あって、地域をグループわけして、グループごとに一日3時間ずつ停電するんです。予告されての停電なので備えられますが、みんなちょっと混乱気味です(笑)。
あとは石油ですねぇ。。ガソリンが足りないんです。どこのスタンドもガソリン不足で満タンにはできず制限があります。しかもガソリン待ち渋滞…。

首都圏でそんなことをしているから、被災地ではストーブもたけないようで…。

色々ありますが、みんなが力を合わせて復興させていくしかありません。外国にいらっしゃると不安かもしれませんが、海外での情報など、たまにこうして聞けると参考になります。頑張って行きましょうね!
by: とまと | 2011/03/17 01:47 | URL [編集] | page top↑
#
>とまとさん

ご無事で何よりです。

>東京にいても、今はまだ募金くらいしかできていませんよ(涙)。

確かに、まだ復興のプロにお任せする段階ですからね。ウチの母も、ボランティアが募集される頃になったら、老人の介護ぐらいはできるから参加したい、と言ってました。そう言う彼女も老人なんですが…。

何と言うか、本当は小生も関東の人間なのに、この痛みを分かち合っていないのが申し訳ない、という感覚なんですよね。
でも、家族や友人からのメールを読んでいると、みんな割と冷静に対処しているようで、日本の民度の高さを見た気がします。

とは言え、やはりしばらくは遠くからで何もできないので、義捐金は一サラリーマン家庭として可能な限りの額を日本赤十字社に送りました。
by: cabron | 2011/03/18 11:42 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://cabron.blog10.fc2.com/tb.php/428-bbf72ea7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。