--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Sun.

子供の教育

別に教育パパになりたい訳でないのですが、海外にいると(教育熱心な妻の影響もあり!?)子供の教育について考えざるを得ません。

我が息子、トイレに貼っておいた表を見て、ひらがな、カタカナ、アルファベットは既に2歳前に読めるようになっていたので、これは本を自分で読んだりする上でかなり大きかったのですが、やはり日本の幼稚園に通っていた同僚の子供(同学年)と比べると日常会話の語彙がやや少ないような気がします。その分、スペイン語は覚えているのでそれはそれで良いのですが、日本人としての教育もおろそかにできません。

また、どうせ仮の住まいだからと、なるべく物を買わないようにしていることもあり、先日訪ねたイタリア人家庭と比べると、おもちゃもやや少ない。こちらは、想像性が十分育つかが心配です。

人と比べているときりがない。ただ、できるだけ良い環境は与えてやりたいと思うのです。そろそろ、最もメジャーな幼児教材、しまじろう先生の出番でしょうか。高いけど、海外発送もしてくれるらしいし。レゴブロックも本場米国のamazon.comから取り寄せなくては。自転車も買って…。あゝ、お金が幾らあっても足りません。日本に持って帰れる訳でもないのに。

本当は小生の子供時代のように、木登りとかかぶと虫取りとかもやらせたいのですが、それはこの地では難しそうなので、あきらめざるを得ません。

手作りおもちゃについては、妻がかなり頑張ってくれています。

お手製の通称「ブーブーマット」。日本にいるときから使っているので、かなりくたびれています。また、我が息子、ここに「工事現場」と「パパの会社」を付け足すことをご所望の様子。
DSCF0161.jpg

同じくお手製の時計。最近、これを息子が持ってきて、「この時計で3時だから、おやつを食べようよ~」と言うのに閉口してます(さっきご飯食べたばかりだろっ)。
DSCF0163.jpg

これは効果が高い、子供が興味を持って取り組む、あるいは、このおもちゃはおススメ、というものをご存じの皆様、是非アドバイス頂けますと幸いです。一時帰国の際に仕入れてきます。
23:37 | 子供・育児 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑
家庭環境 | top | 減量

Comments

#
こういう話題、結構好きなので、飛びついてしまいましたw

奥様、お手製のおもちゃ、ステキすぎますv-352
子供が将来一番記憶に残っているものって、やはり親が作ってくれたものだと思いますよ。
私は裁縫が本当に苦手なのですが、幼稚園入園のときにお手製のきんちゃくなど試行錯誤して作ってやったことは、今でもよかったと思います。
(しかし現代のミシンは性能がよいせいか、意外とキレイに作れてしまって、あまりお手製な感じがしなくて、逆に息子はわかってないような気がするw)

子供の語彙力は・・・私の息子の場合ですが、やはり幼稚園行ってから(3歳後半から)飛躍的にアップしたと思います。
特に、子供同士でおもしろいテレビ番組(ゴレンジャーとか)を教えてもらってから、その番組の受け売りで言葉を覚えたような。
(でもどうでもいい言葉なんすけどね)
親も一緒に、少年時代に熱くなったアニメを一緒に見せてみるのはどうでしょうか。
日本ではいま、ドラゴンボールZをリメイク(というかほとんど一緒)したドラゴンボール改(カイ)というのが流行ってまして、
一緒に夢中になってるママ、多いですよw

私も、「北斗の拳」をいつか息子と一緒に観賞する、という夢がありまして、
ネットで全巻揃えようとしたところ、10万近くかかってしまうことが判明して(オークションでも5万)いまのとこ、保留してます。。

レゴは、すごくいいと思いますよ!いまは長男、次男(2歳差)ともに遊べて、一番購入してよかったと思います。
1歳半~の大きいブロックのものなら、下のお子さんも飲み込む心配ないと思いますよ☆
by: かよ | 2010/10/11 19:45 | URL [編集] | page top↑
#
手作りおもちゃは、裁縫が嫁の趣味なので。確かに、かなり芸が細かいです(写真ではよく見えませんが、細部が凝っている)。

やはり海外にいると制約が多いので、こちらでできることを着実にやっていくしかないですね…。本はかなり沢山持ってきているので、それを繰り返し読み聞かせるとか、日本の番組のDVDを見せるとか、同僚の子供と頻繁に遊ばせるとか。

レゴはデュプロですね。こちらではかなり高くて、日本で買うと3,000円未満でも、こちらで同じものを買うと50USドルくらいします…。それなのにやんちゃな下の子が人形(のブロック)をゴミ箱に捨てたりして、何人も行方不明。北朝鮮並みの拉致っぷりです。部品もすぐ無くなるので、少し躊躇してました。でも、意を決してアメリカから大量にお取り寄せします(送料を考えても、その方が安い)。

アドバイス、ありがとうございます。
by: cabron | 2010/10/12 07:35 | URL [編集] | page top↑
#
奥さんすごすぎる!!私結婚したーい!!
レゴ、高いね。メキシコも高いけど、まだ買おうと思える範囲。。。
最近私は転送コムを利用して日本から色々取り寄せています。こちらも送料を考えても子どものおもちゃや日本語の絵本、子どもの洋服、靴はメキシコで買うことを思えばかなり割安。
そちらでも売ってるかな?と思うけどおすすめのおもちゃは「メモリアMemoria」というカードゲーム。神経衰弱みたいなもので同じ絵のカードを探します。集中力がかなり鍛えられるかと。。。
おもちゃはうちも基本的には買わない主義。
だけど子どもの想像力は豊かで、ないならないなりに遊びます。
プラレールのトンネルもうちは自分でレゴで作ったりしてますよ。
しまじろうは小さいうちはいいかも。そして海外に住んでいると日本の四季や行事を知らないのでそういうのも知れるし。うちもまだやってます。
by: eriko | 2010/10/13 09:03 | URL [編集] | page top↑
#
>えりこさん

いや、お宅には十分おもちゃがあるでしょ…。
我が家は駐在ということもあり、日本に持って帰れる量が限られているので、本当に少ないのです。まずは手始めにレゴから行きます。

転送コムとか、その手のサービス、海外でネットをやってるとやたら広告が出てくるよね。我が社でも利用者多いですが、ウチの場合、両方のじじばばが結構頻繁に味噌やら何やら送ってくれるので、基本的に実家に送り付け、荷物に同梱です(じじばばに感謝!)。

Memoria、ご推薦ありがとう。次におもちゃ屋に行った際に探してみます。

しまじろうもwebで評判を見てみると、勉強(知識)重視な人には物足りないところもあるみたいだけど、生活習慣とか、しつけとかいった面をカバーしているので、取ってみようかなと思っています。
by: cabron | 2010/10/14 13:48 | URL [編集] | page top↑
#
海外で子育てだと、いろいろ考えますよね。
 我が家も、ドイツにいる間は娘の語彙が少なかったように思います。
 やっぱりテレビもドイツ語でしたし。

 読み聞かせなどでは、月刊の「こどものとも」が良いと思いました。薄い、軽い、安い、お話の質が良い。引越しのことを考えると、薄さ軽さはありがたいものです。

 自転車も、ドイツでLaufrad(英語ではBalance Bike)というペダルなしのものを買いましたが、これは軽いし帰国の時も、タイヤを外して小さくして引っ越し荷物と一緒に送ることができましたよ。帰国後もまだまだ現役です。
 あとは、LaQというパズル。小さいですが、組み合わせやすくて大人でも楽しめます。収納場所や引越しなどでも、コンパクトさが助かります。下のお子さんが口に入れるうちは無理かもしれないですけれど、参考までに。
by: ムーニー | 2010/10/19 16:03 | URL [編集] | page top↑
#
>ムーニーさん

「こどものとも」「ちいさなかがくのとも」は、実は帰国する関係者から頂いたものが大量(40冊くらい?)にあります。話の内容に当たり外れはありますが、仰るとおり、薄いのはありがたいですよね。

バランスバイク、知りませんでした。地面を蹴って走るのですね。当地ではさすがにこのようなハイカラなものは売っていないでしょうから、米国まで買い出しにでも行ってみましょうかね。

LaQも面白そうですね。冬の一時帰国は米国から発送して貰えなかったレゴ(デュプロ)の仕入れをメインで考えていましたが、検討させて頂きます。

有用なアドバイス、ありがとうございました!
by: cabron | 2010/10/19 19:44 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://cabron.blog10.fc2.com/tb.php/417-7db78114
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。