--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Tue.

続・必殺!仕分け人

昨日の夜中、我が社に関する「仕分け」のインターネット中継をずっと見ていた。
時差のおかげで、リアルタイムで見られるのだ。
実際には「聞いていた」の方が正しい、というのは見たことがある方ならお分かり頂けるかと思う。
(ものすごく引いた位置からの映像、解像度最低、発言者が分からないようになっている。)


あれは、事業の有効性の検討ではなく、単なる吊るし上げ。
最初から結論ありき、議論する気ゼロ。
だったら最初から資料の準備なんて求めないで、有無を言わせず予算削減すれば良い。
無駄を切り捨てるはずの仕分け人様たちが、それを準備する事務コストが無駄だということが分からないのか。


我が社に「青年海外協力隊」という事業があるのだが、途上国に若者1人を2年間派遣するのに、800万円かかる。これは、募集、選考、事前訓練(語学・専門分野)、航空賃、保険、年金、現地生活費、帰国後補償、報告会等を含む金額で、この800万円をもっと安く出来ないかを議論するなら分かる。

しかし、「隊員を受け入れる国が、現金で800万円貰うよりも、その人が来てくれた方がいいと思わなければ意味がない!そういう人を選んでいるのか!!」と発言している仕分け人がいたことには驚愕した。この人には草の根外交とか、日本の若者を育てる観点というのは無いのだろうか。ちょっと高めのサラリーマンの年収程度で1人を2年間派遣できて、交流にもなり、国際的な視野を持った人材も育つなら、我が国にとってそれほど無駄な投資ではないと個人的には思うのだが。

そして彼らは、自分に都合が悪いデータが出ると、「そういうことを聞いているのではない!」と遮る。

例えば民主党の尾立源幸議員。我が社の担当者は、自民党政権下より(先生方のご指導を頂き、)外部委託事業の競争入札を進めてきた。競争には、価格競争方式と企画競争(プロポーザル)方式があり、全てを価格競争にしてしまうと、中身の無い劣悪な業者が入ってきてしまうケースが生じる。なので、価格競争になじまないものは、プロポーザルを出させ、選定委員が採点をして落札者を決めることがあるのだが、それを取り上げ、「我々とあなたたちでは、競争の定義が違うんですよ!」と大声で一喝。じゃあ、全部価格競争にしろよ。お好きにどうぞ。

また、ある女性仕分け人は、自分の持ってきたデータとして、WFP(国連世界食糧計画)の管理費のシーリングが事業総額の7%に抑えられているのに対し、我が社が30%程度で高いと指摘したが、外務省か我が社の事務方が「その事業総額には(有償・無償)資金協力の額が含まれていません」と反論すると、「それは含めないでっ!」って、おいおい。貸付も無償資金協力も立派な事業で事務コストはかかってるのよ。しかも、食糧を調達して配るだけの機関より調整コストがかかるのは自明の理。何で都合のいいようにデータを解釈するかなぁ。それって、あなたたちが今まで批判してきたやり方そのものじゃないの?

議員以外、発言者が公表されない(聞いているだけでは分からない)のも不透明だ。
暴言を全部議事録にして公表しろ。話はそれからだ。

こんな素人たち(議員以外は誰が仕分けしているか非公開)にお白洲に引き出され、反論の機会も与えられないまま事業の質を下げるような改悪を唯々諾々と呑まなければならないなら、本当に転職も考えますわ。12年前に就職してから今までで、最も仕事へのモチベーションが下がった1日だった。


そう言えば、便所の落書き(=2ちゃんねる)に上手いこと言ったのがあった。

659 :名無しさん@十周年:2009/11/24(火) 01:17:05 ID:XXXXXX
国民の金を好きなように使ってる役人が、国民の味方の民主党によって予算を
切り刻まれている(という構図の)映像を見て、ざまあみろという気持ちになるんだろう。
自分には関係のないところで、自分には関係のない人間が血祭りに上がっている姿を
見て、まるでギロチンにかかる囚人を取り巻く大衆のごとく歓声をあげ、その顛末に
溜飲を下げている。
そういう人間のドス黒い感情を揺さぶって支持率を上げているのが民主党だと。


仙石由人・行政刷新担当大臣が先日、事業仕分けについて「政治の文化大革命が始まった」 と自画自賛していたらしいが、「文化大革命」を肯定的に捉えていることに、誇張でなく寒気を覚える。

しかし、こんなパフォーマンス政治が国民に受けがいいというのだから、小泉政権のときも感じたけれど、物事の良し悪しを本当に自分の頭で考えられる人って、相当少なくなってきているのだろう。本当は、鳩山内閣の支持率がマスゴミによる情報操作だと思いたいが。それにしても、猫も杓子も枝葉末節をあげつらうことに血道を上げているような閉塞的な国には帰りたくなくなるなぁ。我が家の子供たちには、日本にこだわることなく、また、自分で自分の給料を決められる仕事に就くように教育していこう。

あゝ脱力。
12:26 | 時事・社会 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑
昔ばなし | top | 最近の日本の報道を見て

Comments

#
ううう~~ん。
仕分けに関しては、私は知識が乏しいので善悪がわからないとこが多いのですが・・
前回の日記のコメントでも書かせていただきましたが、たしかに、いまの民主党の支持率の高さって、小泉政権のようなパフォーマンス重視なとこがありますよね。
支持率の高さをいいことに、筋の通ってないことを、平気でやる・・
本来なら、議論をしたらそうそう容易くやめられない事業が多くて、議論をしてはなかなか進まないから、もう強行突破でやめちゃえ!っていう感じのように思います。

私は社会人時代は建設コンサルタントに勤めていて、「ムダな歩道橋の撤去問題」について、官庁の方や警察の方が参加する会議の運営のお手伝いをしていました。1年議論しても結論まったく出ずで、そもそもこうして定期的な会議を運営するための費用がムダなんじゃないかと思ったことがあります。
議論は確かに大切ですが、様々な利害関係や立場の違いによって、いろんな意見がぶつかって前に進まないということも多いと思います。それをなんとか突破して結論を出す、というのが筋の通ったやり方だと思いますが・・
時間と費用のことを考えると、もう誰か良い結論を出してくださいって思ったりもして。(でもそれは民主党ではなくて、本当に説得力のある人。そんな人、いませんかね。いたところで、その人を指名する人がまた説得力のある人じゃないといけないのか。。)

ううう~ん。
私も、自分の子供たちには、自分で自分の給料を決められる仕事に就くように教育していこう。と思いました(笑)
by: かよ | 2009/11/25 11:34 | URL [編集] | page top↑
#
どもどもわけあってブログが行方不明の者です。
まああれはホントに無駄ってのも入ってる、ってのが問題なんですよね。大事なのは仕分け人の暴走は誰が止めるか?ですね。

傍観者であるドス黒さは承知した上で傍観しつつ自分の給料は自分できめる、決まる、かな?売上とかノルマ達成とかで。ってのは民間じゃ当たり前のことじゃ?仕事してもしなくても給料高い公務員が初めて減給、仕事してる一部の公務員が今頃あせってらぁと思うのはあまりに酷なのかな?とか思うしたっぱ民間勤め人であります。
by: 人猫 | 2009/11/25 20:47 | URL [編集] | page top↑
#
>かよさん

建設コンサルタントで働いていたのですか(そう言えばドボ子さんでしたもんね)。
我が社とは切っても切れない関係の業界ですね。
建設コンサルタントの方々には、いつも大変お世話になっております。

確かに議論をしてもなかなか結論が出ないこともあるのですが、議論をしないで(あるいは今回のように結論ありきで)強行に物事を推し進めるなら、民主主義の前提が崩れます。

それに拍手喝采する国民性が小生には恐ろしいのです。つい数年前まで小泉改革(弱者切り捨て)を熱烈に支持していた人たちが、今度は一斉に反対に振れる。正直、理解できません。自分の考えはないのかな、と。

少しでも良くなる方向へ、お互いに子育て頑張りましょう。v-218
by: cabron | 2009/11/26 04:13 | URL [編集] | page top↑
#
>人猫さん

お帰りなさい!
ブログ、どうしちゃったのかと思っていました。
復活をお待ちしております。

そうそう、我が社にも無駄はあるのです。
それを是非議論してほしい。
今回の仕分けは、パフォーマンスであって議論ではないので。

そして給料ですが、普通の民間企業でも良いのですが、結局人に使われている限り、他人が給料を決めている訳で。できれば子供には、経営者とかフリーランスとか個人コンサルとかを勧めようかな、と。まあ厳密な意味では、市場価格というものがあるので、100%自分で給料を決められる人などいないですけどね。

ウチの父親が小さいながら会社を経営していて、「俺の給料は俺が決めてる」と言っていたので…。小生は父親と違ってヘタレなので、12年間ずっと国民の皆様の下僕に甘んじている訳ですが、下僕は下僕なりに、評価されることでやる気が出るものなのです。
感謝されない、世の中から叩かれるだけ、モチベーションが下がり続ける、といった状況であれば、下僕も考えものだな、という訳です。
by: cabron | 2009/11/26 04:26 | URL [編集] | page top↑
#
マスメディアによる偏った報道でしか物事を諮れない弱い立場(ほとんどの国民同様)なので、難しいことはわかりませんが、年度末の工事渋滞は減るんだよな? え?民主さんよ。って感じです。

「仕分け作業」も、あまりに度が過ぎると、自分たちが国民によって正当に「仕分け」られたときに文句いえないゾって、ほくそ笑みながら傍観することにしています。
***
今回、削ればかなりの額が浮く「あの事業」について触れられていない気がするのだが、ここで書いちゃうと、お互いの不利益になるかのぅ(苦笑)
あ、末端研究機関での科○費不正使用の実態も見てきたので、スパコンやロケットとかよりそうした枝をうった方がいい気もいたします。
などとオセンベイかじりながら書いてます。ポリポリポリポリノンポリ
by: Mc.さん | 2009/12/02 11:06 | URL [編集] | page top↑
#
> Mc.さん

そうそう、無駄な調査研究、一杯ありますよね。
小生も散々前の職場で見てきました。
「あの事業」?なんだろう。小生にも不利益になるかしら?

それにしても、あんな人たちに給料をざっくり削られてしまうなんて、公僕もどきも哀しい商売です。
Mc.さんの現職を存じ上げませんが、誰に給料を決められることもなく生活されているのが羨ましいです(間違ってたらごめんなさい)。
意思が強くないと、そんな生活は続けられないですよね。
by: cabron | 2009/12/03 13:07 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://cabron.blog10.fc2.com/tb.php/390-219982e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。