--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Sun.

さみしさのつれづれに…

手紙はしたためていませんが。

週に一度、家族とskypeで話します。一般電話にも格安で掛けられるので、機械音痴の両親、義両親とも話ができて、本当に便利です。妻と話すときは、彼女がカメラを手に持って、息子の動きを追ってくれるのですが、「パパどーこだ?」と聞くと、PCを指差した後、小生が映っている画面の裏側を覗き込むのです。そんなことされると、マジで泣けてくるからやめてくれ、息子よ。

まだ2か月弱しか経っていませんが、家族と会えないのはやはり辛い。メキシコに行ったときも半年近く単身赴任でしたが、子供がいなかったし、2人とも働いていたので、正直そこまで寂しくはありませんでした(妻よ、すまん)。しかし、今となっては1人でいる方が不自然で落ち着きません。もともと、「お一人様」は嫌いではないんですが(映画もご飯も飲むのも)。

寂しさを紛らわすためには、娯楽が限られるこの国で、いかに余暇を過ごすかも重要です。特に休日は1人の時間が長いので。

今のところ、現地スタッフに誘われるがままにテニスやサッカーをしたり、仲間の家に飲みに行ったりしています。あ、以前書いたサルサバーのほかに、ストリップバーにも行きました。まあ、そんなに何度も行きたいとも思いませんが。

オジサン連中には、ゴルフに誘われています。いや、小生もオジサンですがね。前任者がゴルフセットを残していったので、やろうと思えばいつでもできるのですが、あまり気が進みません。

小生、きっと根は内向的なのでしょう(そもそも、休日にこうやってPCに向かっている訳ですし)、誰にも誘ってもらえなければ、靴磨きとシェーバーの手入れとアイロンがけで休みの日を半分潰すこともできます。本当は自転車にでも乗れれば一番いいのですが、危なすぎて…。

あとは、、、
酒に溺れているのは以前書きましたが、とうの昔にやめたはずのタバコ。ここへ来て少しだけ復活してしまいました。日本から来た出張者にもらった日本のタバコ(左)の美味いこと。右は、こちらで売っているグアテマラ産のマールボロ・ライト。無論、最近亡くなった筑紫キャスターのように1日3箱、なんてことはなく、1日2~3本程度を大事に大事に吸っています。特に、日本製は貴重なので。
DSC05556.jpg

妙に早く目が覚めてしまった日など、朝日の中で煙を見ていると、それが本当にうすむらさき色で、「あ、これが紫煙ってやつかぁ」などと妙に納得したり(ま、副流煙などという情緒のない呼び方もされますが)。
DSC05557.jpg

健康的に寂しさを紛らわすいい方法があったら、是非ご教示頂きたく。


追記:西武が日本一になったので、一週間はいい気分で過ごせそうです!
23:04 | 日常・人間観察 | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑
広報活動 | top | 長すぎる…

Comments

#
おなじく、内向的な者ですw。

タバコ大量に送りますよ
住所教えてくださいね。
(日本ヒトの禁煙を失敗させることに
  喜びを感じる会会長)

ええっとですね、
それこそ、手紙とかメールとか
書いてみるのがいいんじゃないですかね。
会ったらこのハナシしよ、とか
これも話そうとか、
備忘録じゃないですけど
相手の反応を考えながら
書いてると気がまぎれる気がしますよ
すくなくともぼくは。
書いて、ださなくてもいいし、
だしてもいいし。
(発想がクライかな?w)
by: 人猫 | 2008/11/09 23:24 | URL [編集] | page top↑
#
>人猫さん

即レス、ありがとうございます。
同じく陸の孤島(イメージです、すんません。)で寂しさと闘う同士からのアドバイス、ためになります。

住所は意地でも送りませんよw。
吸っているときでも、1日半箱程度だったので、何とか本数をコントロールできるとは思います。

大抵のことはskypeで話してしまうのですが、そうですね、メールや手紙も温かみがあっていいかもしれません。家族だけでなく、最近連絡を取っていないメキシコ人の友人や、退職した同僚にも書いてみます。

ありがとうございました。
by: cabron | 2008/11/10 01:41 | URL [編集] | page top↑
# 面白かったです
たまに遊びに来ます。継続して更新感服します。私も努力しないと・・・。ここのところ寒いので風邪などに気をつけて下さい。また拝見させて頂きます。
by: アキ | 2008/11/10 16:55 | URL [編集] | page top↑
#
 スカイプがまだない頃、彼の留学先に頑張って電話したのが懐かしいです。(笑)国際電話かけるのにもドキドキしてましたっけ。

 我が家の夫も、息子たちが小さい頃に数ヶ月海外へ行っていたのですが、子供と離れるのが寂しかったようです。
 毎日のようにメールしてても、手紙や絵葉書が嬉しかったですよ。パソコンを起動させなくてもいつでも読めるのでお守り代わりに持ち歩いてました。

 でも、「離れると寂しい」家族がいるって、本当に幸せですよね。そばにいても、その気持ちを忘れずに大事にしなくちゃいけませんね。 
by: ムーニー | 2008/11/10 22:03 | URL [編集] | page top↑
#
>アキさん

はじめまして、ですよね。
継続、と言っても休日で時間があるときに書いているだけなので…(最低でも月1回は守るようにしてますが)。
そんなに面白いblogでもありませんが、よろしかったら、これからも遊びに来てくださいね。
by: cabron | 2008/11/11 13:07 | URL [編集] | page top↑
#
>ムーニーさん

国際電話って、最初緊張しますよね。本当につながるのかな、とか(あれ、違うドキドキかしらん)。誰が出るのかな、とか。

小生も社会人になったばかりの頃は、緊張しながら喋っていました。自分の英語、ちゃんと通じているんだろうか、とか。

そうですね、絵葉書、出してみようかな。昔は小生も結構マメで、バックパッキングをしながら、当時まだ彼女であった今のカミさんに各都市で絵葉書を出していましたねぇ。今じゃ考えられませんが…。

離れて初めて分かることもあるのかもしれません。この気持ちは忘れないようにしようと思います。
by: cabron | 2008/11/11 13:17 | URL [編集] | page top↑
# 頑張れ~!
離れていても家族の愛は変わらないよ。
でも会えないとやっぱり辛いよね。
それにしても、cabronさんが内向的?だったとは、
ちょっと驚きです。
私もかなり内向的ではあるんだけどね。
by: めありー | 2008/11/16 19:20 | URL [編集] | page top↑
#
>めありーさん

どうもどうも。

そうそう、元気でやっているとは分かっているんだけど、やっぱり会えないのは、ね。特に息子は可愛い盛りだし。

あまりそうは見られないんだけど、昔から結構内向的なところはあります。
意外と出不精だし。
貴女はどんどん外に出て、狩りをしましょう(笑)。
by: cabron | 2008/11/17 00:14 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://cabron.blog10.fc2.com/tb.php/360-feae066a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。