--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Tue.

文明の利器

本日は、ヨメにどうしても外せない用事があり、午前休を取って自宅でcabron託児所を開設。
今まで休日には何度もやったことがあるのですが、平日は子供が生まれてから初めてのこと。

子供の朝ごはん、洗濯、布団干し、オムツ替え(布オムツです)を手早く済ませ、オムツ用バケツの洗浄、子供用食器の天日干し等のオプションメニューも一段落。
首尾よく子供を昼寝させ、さて、家を出るまでの間、束の間の自由時間と思ったのですが…。
携帯のメールで、午前中に帰ってくるはずのヨメの用事が上手く進捗していない様子。

当然のことながら、午前しか休みを取っていないので、こちらもだんだん焦ってきます。

いよいよ職場に間に合わない、という時刻になり、外で息子を引き渡すことに。
大慌てで子供用のお菓子、水筒、母子手帳、絵本等々を鞄に放り込み、ベビーカーを押しながら駅までのバスに乗り、出勤。
小生の昼ごはんを兼ねて、待ち合わせは駅前のマック。
邪魔されないよう、子供用せんべいで気を引きつつ、一瞬の早業でビックマックを完食。
残りのポテトを食べていると、ギリギリのところで妻が現れました。

この間、電話で会話することはゼロ。

メール機能にしろ電話機能にしろ、こんなコミュニケーションツール、小生が大学生のときにはまだそれほど普及していなかったわけで、、、

一言も会話していないのに、ちゃんと待ち合わせ場所に人が現れるって、凄いことだなぁ、
とか、
十数年前の人は、こんな安易な子育て、できなかったんだなぁ、
なんて、
当たり前のことを感慨深くカンガイてしまいました。


それにしても、地下鉄内でたまに見かける、一所懸命携帯電話を振っているギャルたち、
凄い文明の利器だからって、幾ら振ったって電波の状態は一向に改善されませんぞ。
23:10 | 日常・人間観察 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑
情報ソースは? | top | 新人くん

Comments

#
ほんと携帯もだけど、携帯のメールってすごく便利だよね。
今や日本はみーんな持ってるし、私は帰国のたびに、母や父に借りないと、友達と待ち合わせもできないわ。
お世話ごくろうさまー。すごいね、午前中だけともいえども、色々こなしてる。
by: ろしーた | 2008/06/11 00:57 | URL [編集] | page top↑
#
書き出してみると、子育てって細かい仕事がいっぱいですね。
 お疲れ様でした。

毎日こなしている奥様も、ホントすごい!

 大学生のころは携帯電話なしの待ち合わせ、当たり前でしたよね。
デートだって、早めに待ち合わせに行くのが当たり前で。
「遅れるから、待ってて」なんて電話できなかったですものね。
 今は子どもからの緊急連絡があるかもしれないと思うと、常に携帯しないと不安です。
 
by: ムーニー | 2008/06/11 18:13 | URL [編集] | page top↑
#
>ろしーたさん

短期間にこれだけ普及するって、凄いよね。
PCやインターネットもそうなのだけど。
あるのが当たり前で、ない生活が考えられない。

お世話は、まあ、日頃鍛えられて(=よく教育されて)ますから(笑)。
専業主夫をやれ、と言われたらできますよ(料理は多少のリハビリが必要)。
by: cabron | 2008/06/13 00:17 | URL [編集] | page top↑
#
>ムーニーさん

カミさんは、確かに凄いです。
よくこんなワガママ王子に付き合ってるな、と思うこともあります。
やはり、母は強し、なのでしょうか。

やっぱり今は、子供が携帯電話を持つ時代なのですね。
小生はゲーム機とか携帯なんかは持たせないで行こうと思ってたのですが、なかなか時代の波には逆らえないのでしょうね。
by: cabron | 2008/06/13 00:19 | URL [編集] | page top↑
# 外国生活の特別処置
こちらでは念のため携帯を持たせていますが、日本では持たせるつもりはありません。(子どもが一人で下校するときに、トラブルがあってもドイツ語では対処できないので持たせています。お守りですね。)
 日本だったら「子どもの学校からの緊急連絡」ですね。
by: ムーニー | 2008/06/13 04:04 | URL [編集] | page top↑
# なるほど。
>ムーニーさん

そういう訳だったのですね。
先日、何かのアンケート結果で、小学生の親が10人中10人とも子供に携帯を持たせていたので、その先入観もあったかもしれません。失礼しました。
でも、持たせている人たちの「安全は何物にも代え難い」という親心も、何だか分かる気がします。必ずしもそれで安全が絶対に確保されるという訳ではないのでしょうけど。
by: cabron | 2008/06/14 00:12 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://cabron.blog10.fc2.com/tb.php/344-c49f2dda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。