--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Thu.

出張日記(アルゼンチン編)

小生、最近組合の仕事で、とある内部の新聞に記事を書いたのですが、それを読んだモラハラ上司との会話。

「『片手落ち』じゃなくて、『片落ち』でしょ」
「いや、言葉としては合ってると思いますけど」
「差別用語だから使わないんだよ。NHKなんか見てみな」
「そういうの、俗に『言葉狩り』って言うんですよね」

つーか、アンタの判断基準はNHKかい。
今日も職場は軽ーくストレス。
でも、多少のストレスは、ナチュラルキラー細胞を活性化させてくれるので、よしとしています、三十路リーマンです。こんばんは。


って訳で、既に完全に賞味期限切れのネタを読んで頂くにもかかわらず、タイトルと全然関係ない前置きが随分長くなってしまいました。申し訳ありません。

よって、いきなり結論。

アルゼンチンは、既に先進国。
援助なんて必要としていません。

本当は田舎の方に行けば違うのだけど、そこは国内における富の分配の問題。
空港から高速に乗った際、日本で言うところのETC(自動支払機)があるのにはびっくりしました。


ブエノスアイレスは、「南米のパリ」なんて呼ばれているらしいけど、本当にそっくり。

この建物(アパート)とか。
パリ風

この裏通りとか。
パリ風2

この交差点とか。
パリ風3

ちなみにアルゼンチンで部屋を探すときに、日当たりのいい部屋を探したければ、「北向き」をリクエストしなければなりません。南半球に住む人なら常識なのでしょうね。聞いたときはちょっと新鮮でした。でも、アルゼンチンの不動産屋は、自社で扱っている物件がどちら向きか、なんてことは一切把握してないようです(笑)。

泊まっていたホテル。
ホテル

ホテル事情もパリと似ています。我々にとっては、部屋がビジネス仕様のホテルの方がありがたいのに、ほとんどがアパート風。洗面台が小さ過ぎる、作業机がないなどの使いにくいところから、料金が非常に高いところも含め、そっくりです。


なかなか他の国にないのは、電車通勤ができるところ。
小生の同期も電車で通っていると言っていました。
人口250万人なので、東京のラッシュ時ほどではないそうですが。
我が社のオフィスの窓から見た、ターミナル駅の写真です。
駅


アルゼンチン外務省で会議があったのですが、宮殿を改装して使っていて、極めてゴージャス。
外務省1

会議の様子。オールスペイン語で、眠ってくれと言わんばかり。
ってか、このシャンデリアと絵。気分はメッテルニヒ。
外務省2


おまけ。
会議が終わって、慌ててタクシーに乗り、エビータの墓がある墓地まで行ってみたのですが、閉まってました。なので、塀の外で無理矢理1枚。
墓地

その後、普通のレストランで食べた肉。柔らかくて美味かったけど、量が多過ぎ。小生が頼んだのはハーフサイズでしたが、食べ切れませんでした。
肉


結局、グダグダ(漢字で書くと愚駄愚駄って感じ?)な記事になってしまいました。
久々に書いた、リハビリ的記事なので平にご容赦を。
00:06 | 出張・旅行 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
出張日記(海を渡った日本人編) | top | Exhausted

Comments

#
「片落ち」の方が違和感があります。。
ポリシーのないポリティカル・コレクトネスによる
言葉狩りが一番怖いよなぁ、って思います。
まぁ、判断基準がテレビじゃなぁw。

アルゼンチンがこんなにしゃれた国だったとは、、
マラドーナみたいなおさーんがいっぱいで
暴動してる国だとばっかり、、恥。

それにしても、、肉もすごいが、
芋が。。w。
by: 人猫 | 2008/04/03 21:55 | URL [編集] | page top↑
# アルゼンチン
>人猫さん

確かに、2001年の冬に政府がデフォルト宣言した際はかなり町中が混乱していたようではあります。

で、しゃれた建物は、アルゼンチンが「かつて先進国だった」時代の名残りもかなり混じっているのですが、物価は感覚的に日本の9割くらい、お洒落なお店も沢山あって、まあ、マラドーナみたいな小太りのおっさん(ん!?)も歩いてないことはないですが、決して途上国とは言えません。

それでも、レストランでの盛り付けを見ても分かるとおり、どこに行っても洗練されている、という訳ではないのですが。
by: cabron | 2008/04/05 22:09 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://cabron.blog10.fc2.com/tb.php/340-10a70d62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。