--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Thu.

オトコの度量

ひとまず、仕事復帰しました。
しかし、1日で3人もの同僚から「疲れてます?」と声を掛けられ…。
全く、自分の不徳の致すところです。疲れて見えないように振舞わなければ。
そして、疲れているときほど、ジャンクなものを欲してしまうのは何故なのでしょうね。
071024_2103~001.jpg

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

さて、仕事柄、以前のようには出張がなく、悶々とした日々を過ごしている小生ですが、先日久々に出張のオファーがありました。

行き先は、よく「世界で2番目に貧しい」と形容される、ハイチ。
実際には指標だけ見れば、もっと貧しい国はアフリカを中心に幾つもあるので、「中南米で最も貧しい国」、ということなら誤りではないでしょう。
1804年に、中南米で最初に独立した国でもあります。世界史選択者なら、トゥサン・ルーベルチュール、という名前が記憶の片隅に残っているかもしれませんね。
フランスの海外県(マルチニークや仏領ギアナ等)を除けば、中南米で唯一仏語を公用語としている国です(確か)。

ミッションは、事実上の無政府状態だった同国で、今後我が国が協力を再会することにした場合、何ができるかを調べに行くこと。
めちゃめちゃ、やりがいのありそうな仕事じゃないですか?

しかし、、、
例のモラハラ上司に握り潰されてしまいました。がっくり

確かに、打診のあった11月下旬はいろいろと忙しいですよ。
(ってか、年がら年中忙しいんだから、あまり変わりないぢゃん…。)
確かに、ウチのチームは、メンタルを煩っていて「机に座っていることが仕事」な人と、14年ぶりに社会復帰したばかりの40代後半の再雇用職員と、貴殿と小生だけで構成されていますから、小生がいなくなったら貴殿にどれほど負担がかかるか、よーく、分かってますよ。

でも、それでも。
オトコの度量を示して欲しかったなー。
経験の少ないアナタの部下に取っては、大きなチャンスなのですから。

ってか、一番許せないのは、期待させるだけさせておいて(こんな話が来ているとか、フライトの話までしておいて)、先方への回答(小生を出せるか否か)を先延ばし・時間切れにしたこと。
「俺も相当厳しいから、今回は行かせられない」って、最初からスパッと言ってくれれば、そんなに気にならなかったのに。

そう言えばこの上司、よく書類を自分の机の上で1週間以上も眠らせてしまう人です。
本当に重要な仕事をあまり部下に任せず、自分で抱え込むタイプ。
結果、何事にも本当に時間がかかってしまうのです。

ま、こんなところで愚痴っていても始まらないことは小生だって百も承知。
与えられた環境で、何をするかが大事ですよね。
やりがいのある仕事を回してくれない上司の下で、どうやって自分の能力を磨くか、悩める三十路リーマンの旅は続きます。
00:33 | 仕事 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
パエリア | top | 痛たたたっ。

Comments

#
どうもこんばんは。
〉よく書類を自分の机の上で
1週間以上も眠らせてしまう人です。
本当に重要な仕事をあまり部下に任せず、
自分で抱え込むタイプ。

あーコレよくわかります。
ウチの上wもコレですw。

時間切れにしても自分ひとりでコトが
片付くなら抱え込めよぅ、とか、
たたき台でもいいから、あとで血だるまに
されてもいいからやらせろよぅ、経験が欲しいんだよぅ
なんて思いますが
わかってはくれないんですよねぇ。。

最近、ぼくは
「あの件、どうなりました?」的に
定期的にしつこくw無理やりw
自分関係の案件を再認識させるようにしてますw。
by: 人猫 | 2007/10/28 19:38 | URL [編集] | page top↑
# 全く、、
>人猫さん

上司ってやつは…ですね。

確かに、個人プレーだったら、知識も経験もあるし、仕事ができないと言い切ることはできないのですが、管理職の役目には「部下を育てる」ことも入っていますから、その点では決して仕事ができる、とは言えませんよねぇ。

「あの件、どうなりました?」的アプローチは、キレさせる恐れがあるので、小生の場合使いにくいです。モラハラ上司たる所以です。

お互い反面教師にして、将来自分がそんな上司にならないようにしませうね。
by: cabron | 2007/10/28 21:15 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://cabron.blog10.fc2.com/tb.php/322-31440712
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。