--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Thu.

仕事と組合とポリシーと。

仕事と労組活動との両立、結構しんどいことが判明してきました。
何だか2つの仕事を掛け持ちしてる感じです。

執行部内では政策立案と渉外を担当することになりました。
組合の資産(かなりの大金)を運用する財政の仕事にも興味があったんですけどね(笑)。
で、渉外は言うまでもなく、他組合の役員とも付き合っていかねばなりません。数多くの組合で「共闘」すべく、「動員」がかかったりすることもあります。我が社は公務員系の組合だったりするので、その場に日教組や自治労がいることもある訳です。ま、彼らが大多数で、我々は超マイノリティーなのですが。

小生、日教組が死ぬほど嫌いです。
理由は近日中に書きますが、ともかく大嫌いなのです。
輿石東のように、教員たちを政治活動に使って当選し、のうのうと議員をやってるような人間はとっとと隠居してほしい。

いずれにせよ、自治労も日教組も民主党の支持母体だし、安倍さんが辞めても、小沢一郎にだけは(たとえ天変地異が起こっても)絶対に首相になって欲しくない小生にとって、そんな人たちと同じ場に駆り出されるのは本来なら御免蒙りたいのです。が、組合の一つの「儀式」と割り切ってやるしかなさそうです。本来の業務は同僚たちの職場環境向上であり、それらの業務が大半なのですから。

そして、安倍首相。衝撃でした。
こちらに書いたとおり、小生、そのスタンスは支持していますので、まずはゆっくり休養して、捲土重来を期していただきたい。小生が言うのもおかしいですが、まだお若いのですから。

死者に鞭打つことはしないのが、日本人の美徳だと思います。
が、今日の野党の反応は、、、(以下略)
02:21 | 仕事 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
糟糠の妻 | top | What are the chances?

Comments

#
事の善悪はおいといて、ここぞとばかりに弱ってるものへの投石する見たいな野党は、みっとも無かったですね。
お仕事、組合、なんとかがんばってね。
by: dorothy | 2007/09/14 12:13 | URL [編集] | page top↑
# ありがとうございます。
>Dorothyさん

まだ、何とかやってます。
組織の中で自分のスタンスを崩さない程度に、バランスを見ながらやっていこうと思います。
by: cabron | 2007/09/15 05:50 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://cabron.blog10.fc2.com/tb.php/311-7cbd7a8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。