--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Thu.

暑さに思うこと

えっと、、、本日の記事は社内ニュースレター(電子媒体で配信)のあとがきに使った文章の焼き直しです(だいぶ書き足したり、修正したりしていますが)。

―◆◇―◆◇―◆◇―◆◇―◆◇―◆◇―

大変暑い日が続きますね。国内最高気温が74年ぶりに更新されたとか…。新聞には「酷暑日」などという文字も躍っていますが、この単語は気象庁の予報用語では使われていません。ちなみに、今年の4月から「夏日」「真夏日」に加えられた用語は、「猛暑日」(最高気温35度以上)。今年の猛暑は、ラニーニャ現象が原因ということですが、エルニーニョ、ラニーニャは地球温暖化によって程度が大きくなると言われています(現象そのものは、温暖化がなくても起こる)。この猛暑に、公共広告機構のCMを見るまでもなく「何かがおかしい」「地球が変わり始めている」と感じている方も多いのでは。さらに五感が研ぎ澄まされた方には、忍び寄る人類滅亡の足音が聞こえているでしょうか。

個人レベルでは、生まれて初めて、クーラーを点けたままにして寝るという経験をしました。夜中の1時、2時になっても涼しい風が入ってこない状況は本当に異常だと感じます。大人だけなら無理をしてでも、冷房なしでやり過ごすこともできるのですが、最近汗をかくようになってきた息子が、乳児湿疹+あせもで、とんでもない状態になってしまうこともあり、不本意ながら点け放しにしています。暑くなるから、さらに電力消費(=化石燃料の消費)が増え、温暖化の原因になるという悪循環ですね。

浪費のことだけでなく、節約の観点からも個人レベルの話をもう一つすると、車の運転の仕方に気を付けています。既に乗っている時点でエコロジストではないかもしれませんが、かなり燃費運転を心がけている方だと思います。一般道ではなるべく2000回転/分、高速では3000回転/分以下で走るようにしています。先日、長野まで450km往復した話を書きましたが、使ったガソリンは30L。エアコン+カーステを使って、リッターあたり15kmはなかなかのものだと自負しています。もっとも、最近は車の燃費が大幅に向上しており、車自体の性能に負うところも大なのですが。

もちろん、こうしたミクロの活動だけでは到底解決できず、世界的規模での取組みが必要となる地球環境問題ですが、小生が所属している部署でも、ブラジルのバイオ燃料生産技術(同国はこの分野で相当進んだ技術を持っています。機会があれば記事にします)を周辺諸国に移転したり、アマゾンの違法伐採を衛星監視する技術を我が国から伝える、といった事業を行っています。バイオ燃料は、簡単に言えば、大豆、とうもろこし、サトウキビなどの植物から作る燃料です。既にこれらの作付面積が拡大することによって、マヨネーズ(食用油の不足)やオレンジ(作付け面積の減少)など、一見無関係な他の食物の値上げを引き起こしていることは、新聞などでご存知のことと思います。昨年、メキシコ人の主食であるトルティージャ(小麦やとうもろこしの粉で作る)が大幅に値上げされて、デモまで起きたことはメキシコ在住の友人たちがブログの記事で取り上げてくれています。

上記のように、大規模な取組みには解決しなければならない問題も付き物なのですが、最終的に、これらの技術が地域に最適化された形で各国に移転されることで、マクロ的にも対応が進み、地球環境問題にわずかな光が見えるようになるのではないか、という一縷の望みを持ってPCに向かい(現場と繋がっているという意識を持たないと、モチベーションを保てない…)、昼休みにはPCをスタンバイ状態(=省電力)にする毎日です。

―◆◇―◆◇―◆◇―◆◇―◆◇―◆◇―

※記事カテゴリに「エコ」を追加しました。
※※8/20差し替え 
23:31 | エコ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
胸が痛い… | top | 心境の変化?

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://cabron.blog10.fc2.com/tb.php/304-ff5cc346
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。