--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Mon.

中国に投資しないワケ

久々に、オカネの話です。

このブログの初期から読んで頂いている方は、小生がお金で遊ぶ!?のが好きなことも、昨年1月のホリエモンショックで一敗地にまみれたこともご存知かと思います(カテゴリ「経済・株式」に詳細)。

現在株式からは全面撤退し、自分の身の丈に合った遊び方をしています。すなわち、投資信託と外貨なのですが、投資信託は仕事柄もあり、折角なので途上国系のファンド(具体的には現在はインド株ファンド)に投資しています。

でも、中国ファンドには絶対に投資する気になれません。以前にもいろいろと書いていますが(「中国」でブログ内検索すると出てきます)、この国はカントリーリスクが高過ぎるのです。

中国に5年も駐在した方が言うのですから、間違いありません。一見、華々しい経済成長を遂げており、投資先としては非常に魅力的にも映りますが、法令遵守(最近では格好良く、コンプライアンスなんて言い方もされますが)の精神がグローバルスタンダードから30年は遅れています。

中米のパナマで100人を超す死者を出した練り歯磨きや、アメリカから禁輸を食らったウナギなどの海産物が最近話題ですが、CD/DVDの海賊版から車のデザインのパクリ(ここに詳しい。笑えます)まで、違法・脱法なんでもアリ!な状態です。

なんで急にこんなことを言い出したかというと、昨日スーパーで晩ご飯用のウナギを買おうとしたときに、国産と中国産が並んでいたので、ふと考えただけで、大した意味はありません。既にこのご時勢、日用品で“made in China”を避けるのは不可能なので、せめて「口に入れるものと投資先は気を付けよう」とウナギをカゴに入れながら思った次第です。
00:09 | 経済・株式 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
ドーナツ「狂騒」曲 | top | 情報の整理

Comments

# 中国の不気味さ
光化学スモッグ注意報が6月だけで何回出たでしょう?中国からの大気汚染が原因だろうと言っていますが、きっと認めはしないでしょうね。

 国の宝である子どもたちの健康はどうなっているのでしょう?「リスクの大きい国」であることは間違いないと感じています。
by: ムーニー | 2007/07/02 13:03 | URL [編集] | page top↑
# いよいよ我が国も、
>ムーニーさん

世界が狭くなった今、これまでは海に守られてきた我が国も、いよいよ他の(国境を持つ)国々と同じ悩みを持つことに慣れなければいけないのかもしれません。公害の越境輸出は容認しがたいですけどね。

文化大革命で3000万からの自国民を死に追いやったと言われる、かの毛沢東は、「人間はいくらでもいる」と言ったらしいですが、今でも、もちろん子供に対しても、考え方の根本は同じなんでしょうね。
by: cabron | 2007/07/03 00:02 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://cabron.blog10.fc2.com/tb.php/293-dbb36fd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。