--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Wed.

息子

皆様にご報告です。

妻と付き合い始めてちょうど10年目にあたる本日の夕刻、無事に3150gの男児を授かりました。
お陰様で、母子共に健康です。


++++++++【出産当日ドキュメンタリー】++++++++

8:30
徹夜明けで惰眠を貪り始めたのもつかの間、携帯に妻からの電話。
入院するので病院に来るように、とのこと。

即座に飛び起き、シャワーを浴びる。
場合によっては、明日会社を休まなければいけないかもしれないので、仕事の引継ぎメールを作成したり、着替えを準備したりして、あたふたと過ごす。

9:30
(小生の)実家の母にメールを打つと、たまたま親類の墓参りで、妻の入院する病院の近くに向かっていることが判明(病院とその親類の家は同じ市内)。

10:30
ウチの車があまりにも汚いので、コイン洗車場へ。

11:30
途中の幹線道路が大渋滞。
義父に1時間程度遅れる旨伝える。

13:00
妻の実家に着くや否や、義父の車に乗り換え病院へ。

13:20
病院に着くと、必死に陣痛に耐える妻の姿。
何も食べられず、痛くてあまり喋れない状態。
もったいないとのことで、小生が妊婦用の食事をきれいに平らげる。
陣痛の波が来るたびに、腰をさすって声をかける(約2時間)。

15:45
子宮口が9割程度開き、いよいよ分娩台へ。
しかし、すぐに生まれないことはみんな分かっているのか、小生以外誰も付き添わない。
先ほど同様、2分おきくらいに陣痛の波が来るので、手を握ったり、声を掛けて励ます。

16:00
小生の母親が合流。
子宮口全開。

17:00
同じこと(さすったり、なだめたり)を繰り返すが、分娩室には椅子がなく座れないので、徹夜明けの小生の意識も朦朧とし始める。しかし、妊婦は枕を握り締め、必死で苦痛に耐えているので、自分だけ逃げるわけにもいかない。

17:30
ようやく助産婦さんが入ってくれる。小生は暫く外に出るように言われたので、分娩室外のベンチで10分程度仮眠。
ブドウ糖の点滴を開始。

18:30
小生も立会い、「いきむ」際の補助を手伝う。
しかし、助産師さんが入ってから1時間経っても生まれず。
少し陣痛促進剤も使う。

18:50
医師が入って、お腹を押しながら呼吸法を指導。
あと一歩。

18:55
無事誕生!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

やはり、誕生の瞬間は妻と2人で泣きました。
この感動を忘れることは生涯ないでしょう。
立ち会って、本当に良かったです。

これから何があっても、この子を守っていこうと思います。
23:29 | 子供・育児 | comments (14) | trackbacks (1) | edit | page top↑
戸籍制度 | top | お夜食

Comments

# おめでとうございます!!!
cabronさん、奥さま、そして赤ちゃーーん、おめでとうございます!!!v-238

読んでて感動しましたよ~!やっぱり、赤ちゃんの誕生は素晴らしいものですね。。立ち会ってよかったよかった。貴重な経験をされましたね。月並みな言葉しか出てきませんが、とにかくcabronさんの、奥様と赤ちゃんへの想いと感動が強く伝わってきて、何だかこちらまでHappyな気分になりました。ありがとう!

>これから何があっても、この子を守っていこうと思います。

cabronパパ、素敵!がんばれ☆
by: とまと | 2007/03/22 01:08 | URL [編集] | page top↑
# 赤ちゃんご誕生本当におめでとうございます。

日記読んでいたら私まで泣けてきました。
守る人も増えて、cabronさんもこれから益々
頑張っていかないとね。とにかくおめでとう、そして素敵な日記をありがとう。v-238
by: めありー | 2007/03/22 04:31 | URL [編集] | page top↑
#
cabronさん、奥様、おめでとうございます!!こんな時間からお仕事しながらコメでどぅもすみません。。
by: 人猫 | 2007/03/22 06:48 | URL [編集] | page top↑
# おめでとうございます!
私も読みながら涙が出てきました!
生命の誕生ってやっぱすごい! 
大袈裟なんかではなく、母親にとっては命がけ。
その瞬間に立ち会うことができて、ほんとに良かったですね!

家族が増えて、一家の大黒柱がますます太くなった気がします。
夫として、父親として、これからも頑張ってください♪
by: Mink | 2007/03/22 07:40 | URL [編集] | page top↑
#
おめでとう!
おめでとう!
おめでとう!
***
他に言葉がでてこない。
とにかく、めでたい。

パパcabron、がんばれ!
by: 盲田さん | 2007/03/22 08:21 | URL [編集] | page top↑
#
おめでとう!!!ございます!
「息子」というタイトルに父親になった思いが凝縮されているようで温かい幸せな気持ちになりました。厳しく温かい(熱い?)お父さんになるのかな^^
by: Peko | 2007/03/22 08:49 | URL [編集] | page top↑
# おめでとうございます!
新しい命のご誕生、本当におめでとうございます。
 素敵な記念日になりましたね。10年目のなんて素晴らしいプレゼント!

 ほんの9ヶ月前のことなのに、出産&新生児期のことは霞がかった思い出になりつつあります。一瞬一瞬を忘れないようにと思っていたのに!(苦笑)
 cabronさんも今この時期の赤ちゃんをいっぱい抱きしめてあげて下さいね!赤ちゃんだけでなく、大仕事を終えた奥様も!

P.S. 出産つながりでTBさせていただきま~す。(あ、同学年ですね!)
by: ムーニー | 2007/03/22 15:12 | URL [編集] | page top↑
# ありがとうございます。
>コメントを下さった皆様

皆様、本当に温かいコメントをありがとうございます。
本来ならお一人ずつにお礼をすべきところ、このような形でコメントをお返しする非礼をお許しください。

今回の経験で、女性(とりわけ我が妻)は本当に偉大だと思いました。
ウチの人は、普段あまり痛いとか辛いとか言わないんですが、その彼女が本当に辛そうに痛みに耐えていました。
でも、もっと凄いと思ったのが、産んで1時間後には「嬉し過ぎて、どんな痛さだったか忘れた」と真顔で言っていたことです。「もう2度と経験したくない」でなかったところに、母性の強さを見た気がします。

本来なら立会いをする夫は、もっと万全の体制で臨まなければならないのに、自分自身にも余裕が無く、妻と一緒に消耗してしまい、何だか情けない立会いになってしまったのですが、妻に何度もお礼を言われ、少しは役に立てたのかな、なんて思っています。

日記のタイトルについて、「古風な」我が家は事前に性別を聞かないようにしていたのですが、助産婦さんが赤子を取り上げてくれて、「はい、よーく見てください」とこちらに向けてくれたとき、付いてるものが付いていたのを見て、やっぱりどこか嬉しかった、その気持ちを題名にしました。もちろん、本当にどちらが生まれても嬉しかったに決まっているのですが。

これから、まずは健康に育つように、そして、多少頭が悪くても構わないので、世間様に迷惑を掛けないような人間になるよう、「熱く」子育てしていきたいと思います(コメントしてくださった方もいらっしゃいますね)。今の職場に転職するときも、「熱いハート」をアピールして採用された小生ですので。

そして、今後父親になる男性の方は、絶対に立ち会った方がいいと思います。自分自身の勉強になるし、妻には感謝されるし、感動するし、一石三鳥です。

今後、親バカっぽい記事も書いてしまうかと思いますが、笑って許していただければ幸甚です。
親になったとは言え、何分まだまだ未熟者ですので、引き続き宜しくご指導ください。
by: cabron | 2007/03/23 01:36 | URL [編集] | page top↑
# おめでとう!
おめでとう!!コメント遅れちゃってごめんね。
しばらく家でPC開いていなかったもので。。cabronの赤ちゃんそろそろかなと思って今プログ見て驚きです。
まるで自分の出来事のように臨場感が伝わってきて感動してしまいました(涙)いつか自分も父親になるときにはcabronのような感動を感じたいと思ってます。

本当におめでとう~!
by: watan | 2007/03/24 19:52 | URL [編集] | page top↑
# ありがとー!!
>watanさん

こちらこそ、報告遅れてゴメン。
近しい人には、名前が決まってから写真付きで報告しようと思ってました。
無事に名前も決まったので、月曜日に職場にメール送るね。

1つ前のコメントにも書いたけど、立会いは絶対した方がいいです。
子作りは、、、まあ、とにかく焦らず。
そっちは激務だから、体調にだけは気を付けて。

是非、遊びに来てください。

by: cabron | 2007/03/24 21:59 | URL [編集] | page top↑
#
こんにちは。私だよー。わかるかな?メキシコ在住7年目、日本人のだんなと、息子一人で暮らしてる
...と言えばわかるよね?(E子でーす)
読んでて、息子の出産のときを思い出して、涙がこぼれました。
本当によかったですね。
男の子、いたずら好きでやんちゃ(その子にもよるけどね)大変ですが、楽しいですよ。
一緒に育児、楽しみましょう。
日本に帰った時3人で会えるの楽しみにしてます。
あ、ブログ引越したのでURL残します。
by: ろしーた | 2007/03/24 23:43 | URL [編集] | page top↑
# ありがとう!
>ろしーたさん

もちろん分かりますよ。
お祝いのメールも早々に頂いて、ありがとうございました。

男の子を育てている先輩ママとして、是非いろいろ教えてね。

それにしても、随分前からブログやってたんだね。
全然知らなかったけど、内容が育児日記だから、我が家に遠慮してたとか?
だとすれば、変な気遣いさせちゃって悪かったねー。

早速リンク先に登録させて頂きますが、不都合あれば教えてください。
by: cabron | 2007/03/25 21:26 | URL [編集] | page top↑
# 坊ちゃん誕生おめでとうございます。
>誕生の瞬間は妻と2人で泣きました
<この一言で、全ての感動が伝わりました。
この純情家族にとわの幸いあれ!
おめでとうございます!v-238
by: Dorothy | 2007/03/26 22:11 | URL [編集] | page top↑
# ありがとうございます。
>Dorothyさん

お祝いのお言葉、ありがとうございます。
少しづつですが、父親の自覚も出てきました。

平日は職場、週末は妻の実家に泊まったりで、
なかなか家にいないのですが、また落ち着いたら
Dorothyさんのところにも遊びに行きますね。
by: cabron | 2007/03/26 23:50 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。