--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Thu.

外交戦略の不思議1

わが社がイラン事務所を25年ぶりに復活させるらしい。この事務所は1979年のイスラム革命で国内が混乱した際に閉鎖したのだが、ハタミ大統領の開放路線により変化の兆しが見られることから、事業を再開するとのことである。

しかし、待て。イランと言えば、つい先日外相が核開発の継続を宣言したばかりではないか。しかもサッカーのW杯予選では日本人サポーターに対するマナーの悪さで、民度の低さを実証したところだというのに(それでもお隣の某大国よりはずっとマシだが)。それを何故今の時期に…。まさか、太陽政策ではあるまい。

となると、やはり理由は原油の確保か。。。
原油価格の高騰で、供給不安がいつ起こっても不思議ではない昨今、既に日本に取って第3位の原油輸入先であるイランとの関係を一層強化しようというのか。

本当の理由は我々一兵卒にはなかなか伝わってこない。しかし、このような釈然としない状態でイラン担当に貼り付けられたら、著しく士気が下がるだろうなぁ…。
22:59 | 時事・社会 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
外交戦略の不思議2 | top | 快勝!

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://cabron.blog10.fc2.com/tb.php/27-20835db7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。