--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Sun.

涙、for sale

何だか、モーニング娘。の曲のタイトルみたいですが。
最近、確かに涙腺が緩くなってきています。

そんな歳でもないだろうに、一体どうしたというのでしょう。
妻も同じようなことを言っているのですが、彼女の場合、妊娠してホルモンのバランスが変わっているから理に適っています。

翻って、小生。
昨日はいつも通っているジムのクロストレーニングマシンの上で、今日はテレビを見ながら、涙腺がじわじわと緩んできてしまうのです(さすがに外では恥ずかしいので、周囲には分からないようにしていますが)。

昨日は、マシンをやりながらAERAの記事を読んでいたのですが、内容が子供の教育・しつけ等に関する記事でした。このところ、ようやく(父親の自覚が出てきたのか!?)育児関係の本も読むようになってきた小生、様々な本や雑誌を読むにつけ、「自分の親がいかに自分をきちんと育ててくれたか」ということを思い知らされることが、かなり頻繁にあるのです。

昨日のパターンも、それ。

普段、あまり親に感謝の気持ちなど表現しないですし、誰に何を言われた訳でもないのですが、ウルウルっと来てしまって、どうにもなりませんでした。しかも、こんなのを漕ぎながら…。↓
ct.jpg

そして、今日はTVでモンゴル遊牧民の子供の話。移動ばかりの生活に加えて、家の仕事を手伝わなければならないので、普段は学校に通えないけれど、年に2週間だけ来る移動教室を楽しみに1年間働いているといいます。

もちろん、彼女はその民族に生まれついた訳で、そのこと自体は不幸でも何でもないけれど、8歳の少女が「モンゴルの文字を全部読み書きできるようになって、本が読めるようになりたい」と、真剣に勉強する様子は、心を打つに十分な映像でした。

まるで涙の大安売り、ですが、自分なりに合理的な解釈を付けると、こうなります。
以前読んだある本によれば、脳の働きのうち、記憶力などは若いうちの方が良いのですが、30歳を過ぎると、それまでに「経験」した内容を様々なことと関連付けて駆使すること(大雑把に言って応用力)が、それまでに比べて格段に早く、活発にできるようになるのだとか。
つまり、学生の頃より人生の引出しが増えて、想像力・推測力が向上したのでしょう!

なんて、手前味噌な解釈。
これで出産立会いでもしようものなら、、、考えるだけでも恐ろしいです。
(きっと、邪魔なだけ。)
19:08 | 日常・人間観察 | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑
海馬/脳は疲れない | top | Banana Republic

Comments

# 涙腺
ゆるくなるよねぇ。
***
歳と共に、でなくていいとこで、
涙がでる。
***
あの戦いで枯れ果てたはずの涙がっ…!

そんな感じでだだ漏れ。
***
ビデオレターみたいな番組すら危ない。

ルー大柴がゲストの
番組で出かけた時は、
そろそろ病院か?
と心配になりました。

とほほ。
by: 盲田さん | 2007/02/26 13:29 | URL [編集] | page top↑
#
あのマシーンって、手と足の両方を動かすヤツじゃなかったでしたっけ?結構激しい、全身運動の。。
想像してちょっと笑っちゃいました(笑)。

最後の解釈分かりますよ~。
経験が増えるほど、あれやこれやと想像したり自分に当てはめたりして、必要以上に泣けちゃうんですよね。

私の場合、リリーさんの「東京タワー」を読んだ時(TVじゃなくて本です)、いちいち自分と母との関係に置き換えては号泣。結構楽しい作業でした(笑)。

年を取って知識や経験が増えるほど、純粋さとか、失われてく物も多いけど、メリット(?)も増えないと損ですよね!?(って変な締めくくり…汗)
by: とまと | 2007/02/26 18:37 | URL [編集] | page top↑
# Togetherしようぜ!
>盲田さん

あ、ここにも泣き上戸が一人。
お互い、まだ若いはずなんですけどねぇ。

ルー大柴、確かに出なくていいとこだ(笑)。
それにしても、最近見ないです。
by: cabron | 2007/02/26 23:16 | URL [編集] | page top↑
# そうそう!
>とまとさん

あの、手と足を同時に動かすやつですよ。
汗を拭うフリでごまかしてましたけど…。

東京タワー、実はまだ読んでいません。
みんなが泣けるというので、是非読んでみたいです。

鏡を見ると切ないですが(笑)、年齢を重ねるのが楽しい部分もあります。知識と経験が増えていくことです。
ときどき、「今の知識と経験を持って学生時代に戻れたら、もう少しモテるだろうに…」などと妄想してます(笑)。
by: cabron | 2007/02/26 23:34 | URL [編集] | page top↑
# 涙腺壊れてます
図書館で小説を読み、閲覧席で大泣きしたことがあります。
映画館では「アンパンマン」で子どもが泣かないのに泣き、お姑さんに驚かれ、夫には「映画館で見るのはやめなさいね」と言われる始末。

 でもでも、出産は泣いてる暇ありませんよ~。
 呼吸が大事なので、泣いてると苦しい!(笑)
「赤ちゃんに酸素を届けるぞ~!」って、はじめから最後まで深呼吸です。cabronさんもどうぞご一緒に!
  産まれたら、おもいっきり大泣きして下さいね。
by: ムーニー | 2007/02/27 00:39 | URL [編集] | page top↑
# なかなかの、
>ムーニーさん

泣き上戸ですね、アンパンマンでいけるとは(笑)。

出産立会いについて、ある知人によれば、生まれた直後を撮ろうとビデオを構えていたのに、いざ生まれたら感動して、涙・涙で全然前が見えなかったのだとか…。

ムーニーさんも、お子さんの成長を目の当たりにするたびに、涙を流してらっしゃるのでしょうね。
by: cabron | 2007/02/27 12:50 | URL [編集] | page top↑
#
私、モンゴルに行った時に実際に遊牧民の子供と接しましたけど
純粋!ほ~んとに純粋!
うまく言えないけど、日本の子供にはない純真さというか
本来の"子供が持つべきモノ"を持ってるんですよね。
生まれ育った環境が及ぼす影響って、ものスゴイんだろうなー

ところでCabronさん 立会い出産なさるんですか?
日本では許可してるところが少なかったりするんでしょう?
立ち会えるといいですね。奥様に邪魔だと思われても(笑)
by: Mink | 2007/03/01 09:42 | URL [編集] | page top↑
# ですよね。
>Minkさん

途上国に仕事で行っていると、本当に子供の純粋さを感じます(過去にも記事にしたりしていますが)。
日本も一昔前は途上国だったわけで、その頃は子供の目もキラキラしてたと思うんですよ。やはり、欲しいものが何でも手に入る環境だと、純粋さは失われていきますよね。

ちなみに立会いは、したいような、したくないような…。
外で待っていて、生まれたら呼んでもらう、というのが理想なのですが。。。
子供を産んだ友人たちからは、「一生に何度もできない経験だから、絶対に立ち会え」と言われてます。
よく考えてから決めたいと思います。
by: cabron | 2007/03/01 23:29 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://cabron.blog10.fc2.com/tb.php/263-216e6391
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。