--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Sun.

教育、かぁ。

今日は、1ヶ月前の記事で書こうと思ったことを書いてみたい。

教育基本法改正案が参議院で審議入りした。
数の論理で、早晩成立するだろう。

確かに昭和22年の制定はいかにも古く、時代に合わなくなってきているのは明々白々であるけれど、愛国心(表現振りは公明の反対で少し変わったが)とか、公共の精神といった表現は敢えて入れる必要があるのか、疑問である。

教育が国家の根幹を支える、重要な事項であることは言を俟たない。
文科省の無能な官僚に任せていては危ないことも理解できる。
だからと言って、こんなものをわざわざ法律で規定しなければいけない時代なのか。
お題目のみを教えるだけであっても、何もしないよりはマシということか。

小生は、単純に法律を改正するよりは、実践することの方がよほど効果を生むと思う。
例えば、愛国心であれば、1年程度(先進国でも途上国でもいいので)海外経験をさせればすぐに芽生えると思う。
イチローが米国に渡った後、patriotになったことはWBCの際の言動を見ていれば容易に推測が付く。また、ネット上で様々な海外在住の方のブログを読んでいても、日本に住む日本人よりもよほど日本という国・日本の文化に誇りを持ち、日々を送っている方が多い。

具体策としては、
年頃の青年に兵役(可能な限りPKO活動を含む)もしくは青年海外協力隊でのボランティア活動を義務付けるというのはどうだろう。まあ、兵役と言うからには自衛隊という制度をまず見直す必要があるが。

百聞は一見に如かず。兵役に就けば自ずと国のことを考えるようになるだろうし、協力隊に行けば、いかに自分たちが恵まれた立場にいるか分かるはずである。中から見ていて分からないことが、外から客観的に見たときに分かった!という出来事は、ほとんどの人がその人生で経験していると思う。

研修目的での派遣は国際協力にならないと考える向きもあるかもしれないが、国際協力は本来「互恵」である。先方に僅かばかりの労働力を提供し、こちらも研修させてもらう、で良いのではないだろうか。もっと大きな協力について見た場合でも、国際社会での日本のプレゼンスを保つために学校や病院を建設し、井戸を掘っている、少なくともそういった側面もある、ということは理解しておかなければならない。

閑話休題。
国は教育に、そのくらいの金を使ってもいいと思う。
教育に金を使わない国は、いつか衰退する。
小生の知る限りで挙げると、悪い例はナイジェリア、良い例はキューバ。

我が国も、悪い方に転落する瀬戸際に来ているのではないだろうか。
小生は韓国政府(個人ではない)が好きではないが、兵役のある韓国青年より、日本青年の方がよほど骨がないことは認めざるを得ない。

政治家のセンセイ方、ご検討宜しく頼みます。
19:28 | 時事・社会 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑
顔の見えないメディア | top | ホルモン

Comments

# 声高に叫んでも
一昔前「米百俵」と声高に叫んでいた方がおられましたね。教育改革って、なんなんだろうと思ってしまいます。

 子どもたちを危険な場へ送り出すことはしたくない。これは母親としての願い。
 でも、自分も家族も守れないような人になってほしくはなくて……。
 難しいです。

追伸:メール届きましたでしょうか?迷惑メールになってたり!(笑)
by: ムーニー | 2006/11/19 21:57 | URL [編集] | page top↑
# やはり、
>ムーニーさん

教育改革、本当に難しいと思います。
確かに、愛国心や公共心が欠けているのは感じますが、それって、学校で教わるようなことなのかな、と。
やはり、それよりは家族の役割というものが、本質的には最も重要だと思うのです。

それができない時代だから、法律で、なのでしょうけど。
それだったら、違うところで強制してみたら?と思って記事を書きました。

※メール、届いています。ありがとうございました。着るものにも気を付けます。v-411
by: cabron | 2006/11/19 23:54 | URL [編集] | page top↑
# 賛成!
海外に住んで14年です。
日本に住んでいる時は、あまり日本が好きではありませんでした。
脱出するように海外に移住したのですが、外から見ると日本のよさがつくづく分かり、誇りに思うようになりました。
それと同時に、改善した方が良いところも見えてきます。
1年間の兵役・・大賛成です。
かわいい子には旅をさせるのが良いのです。
by: Dorothy | 2006/11/23 21:01 | URL [編集] | page top↑
#
変わった職場に勤めてるので(懐かしい)
実は、某省から、ひっきりなしに、
関連資料、通知、依頼などが届きます。
お国が、慌てて対応して済む問題か!?と、
憤りも感じますが、
分掌管理下の末端組織(複数ね。)の現況をみても、
もう日本の○○は、ダメだな。
と諦観してたりもします。
***
よし、今日をはかなみ
酒でも飲むか…。
by: 盲田さん | 2006/11/24 08:19 | URL [編集] | page top↑
# 経験者ですね。
>Dorothyさん

Dorothyさんは、恐らく最も身を以って体験されている方のうちのお一人ですね。
是非、外から冷静に見た建設的なご批判を、いろいろな機会に発信し続けていただきたいです。
by: cabron | 2006/11/24 12:42 | URL [編集] | page top↑
# 変わった職場、
>盲田さん

未だにどんな職場か分からずにいます。

小生も、諦観しそうになりつつも、最後の虚しい抵抗をしてみたくもあり…、
複雑なところです。

酒、大いに行きましょう。v-272
by: cabron | 2006/11/24 12:47 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://cabron.blog10.fc2.com/tb.php/238-80ae53b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。