--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Wed.

SONYの凋落(その2)

以前、SONYの対応のまずさについてこの記事で書いたのですが、また同じようなことが発生しました。

上記の記事で書いたとおり、小生のデジカメはこのSONY製です。5年以上使っていて、ものすごーく古いのですが、何度も海外出張に連れて行った愛すべき相棒でもあります。

これが、先般の出張中に全く充電できなくなってしまいました。
(カメラ本体でなく、充電器の故障。)
まあ、途上国で充電していると、停電も多く、復旧時にいきなり過大な電圧がかかることもあるので、故障自体は仕方ないかな、と思っていました。

で、修理に出したのですが、「カメラ本体に問題はないので、充電器を新たにお買い求めください」とそのまま送り返されてきてしまいました、、、

普通、メーカーの方で新しい充電器を入れて(代金の請求とともに)返すものではないのかなー、と不思議に思ってしまいました。対応としてはかなり不親切なような…。

修理受付番号も有料だし(このときにパソコンを修理に出した東芝は無料ダイヤルだった)、一体、世界のSONYの顧客サービスはどうなっちゃったのでしょう。恐らく、二度と同社の製品は買わないと思います。

上記の記事を書いてから1年近く経っていますが、その間、計らずもPC電池の問題で大打撃を受けていましたね。これが同社だけならいいのですが、日本企業の氷山の一角だったら、怖いことです。
23:46 | 日常・人間観察 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
箱根の山は♪ | top | ビエンチャンの街角で(ラオス日記4)

Comments

#
夫のiBookもバッテリーが交換対象でした。
予備のバッテリーもあるので2つ交換しましたが、SONYの痛手は大きいでしょうね。なんといってもイメージダウンはさけられないですから。

 これを教訓にして体質を改善して、もう一度すばらしい製品を開発してほしいと思うのは、日本企業びいきでしょうか?
by: ムーニー | 2006/11/10 08:52 | URL [編集] | page top↑
# 小生も、
>ムーニーさん

同じく、日本企業の起死回生を願わずにはいられない一人です。

日本人は、悔しいことに欧米からはなめられていますが、物事に対して緻密に誠実に対応することだけで世界中の信頼を勝ち得て、生き残ってきたと思います。
その日本から誠実な対応を取ってしまったら、、、
(隣に策を弄するのが上手な大国もありますし、、)

と考えると、この辺で少しテコ入れをしないと、先が怖くなるのです。
by: cabron | 2006/11/11 23:07 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://cabron.blog10.fc2.com/tb.php/234-6dec0c86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。