--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Tue.

Down on my luck(ラオス日記1)

「ゴルゴンゾーラ」って、ずいぶん勇ましそうな名前のチーズだと思いませんか?

皆さんこんばんは。
バイオリズム急降下中のcabronです。

のっけから何を言ってるんだ、コイツ。
と思われた方、気にしないでください。おかしいのはいつものことじゃないですか。

訳あって、インドシナ半島のラオスという国に来ています。

それはそれでいいんですが、直前2週間の(自分にとっては)ハードワーク、到着した日から仕事を入れまくったことが功を奏したか(←使い方違う)、風邪を引いて姉妹増した。なんのこっちゃ。

ひとまず、タイ製の強力な風邪薬(写真)を飲んで、症状は緩和されています。
この薬、ちょっと大げさに言うなら、効果が切れた瞬間が分かるくらい効果絶大です。
薬に弱い人だと、吹き出物が出るらしい。うひゃー。
DSC04766.jpg

慢性的に疲れている状態というのは、冷静さを失わせます。
そんなときにやった仕事には、ミスが付きもの。
日本に残してきた仕事に、ミスが発覚してしまいました。
題して、ミス日本!

(って、そうじゃねーだろ!!!)

現地事務所から貸与されている携帯電話に、上司からの電話。
小生がいない間に開催予定の会議の開始時間を、本来より1時間早く関係者にメールで伝えてしまっていたのです(会議の進行を、その上司に引き継いだ)。
問題は、その上司のスケジュールを再調整しなければならないことと、会議室を新たに探さねばならないこと。

本当に申し訳ありませんでした。言い訳のしようもありません。

でも、小生がミスをしたのは明白なんだから、国際電話で、
「あなたが出したメールをチェックするから、パスワードを教えなさい」
「うん、あなたが修正のメールを出している形跡はないね」
とまではやり過ぎじゃないでしょうか。

だって、当初の関係者へのメールには、その上司も宛先に入っているし、電話で初めてミスを知ったくらいなんだから、修正のメールなど送ってないことは明らかじゃないですか。ぶつぶつ。

あまり他人に読まれたくないメールもあるんですけど…。
(「遅くなるから、晩ご飯要りません」メール、とか。)

ふー。


そんな状態は、生活力も失わせるようです。
普段の出張なら、ズボン以外の洗濯物はほとんど手洗いするのですが、あまりに疲れていたので、何も考えずに洗濯屋に出してしまいました。

その結果、
1度しか着ていない、お気に入りのカットソーが4/5スケールで完全復刻!
(どうも、タンブラー乾燥をしたらしい。)
DSC04773.jpg

ふー。
ふー。


でも、いいこともあります。
こんな昼ご飯を、毎日食べられること。
あ、羨ましくない?
そーですかそーですか。(エーン。・゜゜・(>_<)・゜゜・。)
DSC04705.jpg
(念のため申し添えておくと、ビールの入ったグラスがあるのは、これを撮影したのが日曜日のお昼だからです。)

そんな訳で、
おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。

(って、盗作で締めかよ。)
05:13 | 出張・旅行 | comments (10) | trackbacks (0) | edit | page top↑
ディープインパクト、ねぇ…。 | top | ナイジェリア日記3

Comments

# うう、、
なんか、、、
すごく分かりますよ、
cabronさん、、
いや、分かるように
なりました、ふーw。
上司って、上司って。。。
ともあれ、お大事にー。
え?こんな時間から
なにしてる?
オシゴトですよ~
うわ~ん(;o;)w。
by: 人猫 | 2006/10/17 06:58 | URL [編集] | page top↑
# お注射しましょーか?
大丈夫ですか?何なら、お注射しますよv-22

>そんなときにやった仕事には、ミスが付きもの。
そうならないよう、自分が弱ってる時の仕事には細心の注意を…と思って仕事してると、普段の何倍も疲れるんですよね(涙)。月に一度はそんな経験をしていましたよ、かつては。

ラーメン(?)美味しそうじゃないですか!早く帰国されて、奥様の栄養満天のお料理を食べられるといいですね!お大事に。。v-82
by: とまと | 2006/10/17 18:19 | URL [編集] | page top↑
# たいへ~ん(><)
えーラオス?とりあえず、仕事は休めないだろうけど、せめて帰ったらゆっくり休んでくださいね~。ほんとお疲れ様です!!あまりくよくよせず、お大事にね。えいえいおー!
by: めありー | 2006/10/17 22:19 | URL [編集] | page top↑
# モーレツリーマン
>人猫さん

お久しブリーフです。
モーレツリーマン、してますねぇ。

小生の上司、頭は切れて、仕事もできて助かっているんですけど、帰国子女のせいか、時々良く分からないことをのたまうのです。

まあ、人猫さんも書いておられるように、ミスを少なくして見返してやるしかないのでしょうけどね、下っ端としては。

お互い、頑張りませう!v-218
by: cabron | 2006/10/18 00:58 | URL [編集] | page top↑
# えっ、注射って?
>とまとさん

えっと、、、どんな感じの注射をしてくれるのでしょう。
と、妄想をたくましくしてしまう、オヤジ32歳。

確かに、出張と出張の間隔が詰まっていると、かなり体力的には辛いものがあります。日本での業務を消化し切れないうちに次の出張が来てしまうので。

ラーメン(に似てる麺)、実は美味なのです。
なので、ホームシックにはなりませんが、とまとさんの仰るとおり、健康を考えたら家庭料理が一番ですね。
by: cabron | 2006/10/18 01:04 | URL [編集] | page top↑
# サンキュ。
>めありーさん

励ましの言葉、さんきゅう。

めありーさんは仕事出来そうだから、あまり仕事で落ち込むことは、無いよね、きっと。

小生も、気にしないようにするよ。これで人が死ぬわけじゃないし、組織に著しい不利益を与える訳でもないし。

ラオスだけじゃなくて、ホント、いろいろ経験させてもらってます。同窓会があったら、一気に語って差し上げますよー。要らないかもしれないけど(笑)。
by: cabron | 2006/10/18 01:10 | URL [編集] | page top↑
# 「ラオ」?
おつかれさまです。
 忙しい時はミスがつきもの。うちの旦那様も先日ミスをして、大慌てでございました。(見ていてドキドキ。)

 昔、ラオス人の友人と知り合った時、「ラオからきたの」と言われ、どこの国かわかりませんでした。国の名前ってややこしいですよね。
by: ムーニー | 2006/10/18 10:33 | URL [編集] | page top↑
# 国の名前
>ムーニーさん

ラオス人民共和国は英語で、Lao People's Democratic Republic(Lao PDR)ですが、このLaoは(例えばJapaneseのように)「ラオ人の、ラオ語の」という形容詞として使われていて、英語では国名として単独では使いません(「ラオ語」という名詞として使う場合は別)。
なので、英語であれば"I'm from Lao."は成立せず、"I'm from Laos."か"I'm from Lao PDR."となります。

ですが、両者の区別は現地の人にとってどうでもいいらしく、境界線があいまいです。なので、ムーニーさんが遭遇したような表現になったのでしょうね。

同じような国名として、「キルギス」があります。Kyrgyz Republicとか、Kyrgyz peopleとは言っても、"I'm from Kyrgyz."とは言いません。ちなみにこの国は、国名を一語で表す英単語がありません。昔は「Kyrgyzstan(キルギスタン)」という単語があったのですが、93年に「キルギス共和国」に国名が変わってからは、便利な単語がなくなってしまったのです。
by: cabron | 2006/10/19 08:46 | URL [編集] | page top↑
# 形容詞!
なるほど、英語だと形容詞なのですね。
日本では国の名前を現地語からとってきたり、英語からとってきたりしてますよね。
 正式名称にビックリすることもしばしばです。

 ラオス語(ラオ語)では、「ラオ」なのかしら?
by: ムーニー | 2006/10/19 11:29 | URL [編集] | page top↑
# フランス語の影響
>ムーニーさん

現地語(ラオ語)では、「ラオス」ではなく「ラーオ」(最後はオとウの中間のような音)です。

では、なぜ「Laos」かというと、仏領インドシナの一部だった際に、フランス語でLaosと表記したようです。Paris(パリ)、Art Nouveau(アール・ヌーボー)同様、ラテン語系の言語は、原則として最後の子音を発音しないので、仏語読みは「ラオ」です。

これが英語読みになると、「ラオス」(「パリス」しかり)になるのです。

一応、ラオスに4年以上住んだことのある人に聞いたので、間違いないでしょう。
by: cabron | 2006/10/20 18:56 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://cabron.blog10.fc2.com/tb.php/229-0b700647
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。