--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Thu.

告白

いろいろな宣伝文句を組み合わせてみると、
河内音頭のスタンダードナンバーで、明治26年5月に実際に起きた大量殺人事件<河内十人斬り>をモチーフに、永遠のテーマに迫る渾身の長編小説。
ということらしい。

テーマは、「人はなぜ人を殺すのか」「ムラ社会に自我を持ち込んだらどうなるか」といったところだが、真剣に語られる主人公熊太郎の「思弁」とふざけた文体のギャップが最高。

この人には、週刊読売のコラム「テースト・オブ・苦虫」で興味を持ち、今までに何作品か読んだが、これは最高傑作ではなかろうか。意味不明な間の外し方でパンク侍ワールドに引き込むのがこの人の常套手段だけれど、本作品ではその手法を踏襲しつつも、本筋から話が逸れることはない。語り部を当時の背景に置きつつ、「現代で言えば~」といった比喩(しかも面白おかしい比喩)を用いる技法などは、正に真骨頂。

そんな技巧的な問題は抜きにしても、本作品は文句なく面白い!

何で面白いかと言えば、
「自分が思っている言葉が素直に出てこない」
「周囲から浮いたような気がしている」
といった感覚が普遍的で、誰でも感じているものだからではないだろうか。

小生も例外ではない。
きっと、自分が描いている自画像と周囲の評価との間には多少のズレがあって、
「ホントはそうじゃないんだけどな…」
と思いつつ、周囲が期待する像に合わせている自分が常にいる。

この小説の主人公である熊太郎は、その周囲に合わせる作業すら困難な大きなギャップを抱え、それが鬱屈して自分の内部に溜まっていく。それが究極まで蓄積したとき、何が起こるか。大量殺人犯にもかかわらず、憎む気になれず、むしろヒーロー視されてきたのには、もちろん判官贔屓もあるのだろうが、「誰もが彼と同じである」「自分もそうなる可能性がある」という感情移入が作用しているのではないだろうか。

山崎豊子の重厚な文章も安心して読めて良いけど、たまに毛色の違ったものを、と思う方にはかなりお勧めの一冊。

23:12 | 読書 | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑
江戸川花火大会 | top | いいカメラ

Comments

# おおおぉ。
なるほどなるほど町田でしたか。
通勤電車で私と椅子取り試合を
繰り広げる宿敵が、
「夫婦茶碗」を3日間読み続けていたので
凄く気になっていました。
作家としての彼もかなり人気が高いようですねぇ。
***
残念ながら、コラムでしか彼の文章は
読んだ事がないので、
すすめられるがままに読んでみましょう
「告白」。
by: 爆発盲田さん | 2006/08/04 20:11 | URL [編集] | page top↑
# no title
自分が描いている自画像と周囲の評価>聞いてみてびっくり(゚◇゚*)!
ただ、あたしの場合、期待に応えていると、とんでもない人間になってしまいます
自堕落すぎてwヾ('A`)ノエヘヘ

ちょっと面白そう!と思ったのですが
本をゆっくり読む時間が、あるのかどうか・・・・
by: 理々 | 2006/08/04 22:27 | URL [編集] | page top↑
# 是非に
>盲田さん

そう言えば、彼、町田町蔵さんは、バンド、俳優としてのキャリアの方が
先行しているのでしたね。今やすっかり大作家の風格十分ですが。
是非是非、読んでみてください。言葉の魔術師、盲田さんなら十分楽し
めると思います。
by: cabron | 2006/08/06 20:08 | URL [編集] | page top↑
# おもろいです。
>理々さん

毎日お忙しくしてらっしゃるのでしょうね。
小生は通勤電車の中だけで、4日で読み終わりました。
(感じ方の個人差はあると思いますが)面白いので、短い時間で
一気に読めると思いますよー。
どこかで見かけたら、是非手に取ってみてください
by: cabron | 2006/08/06 20:15 | URL [編集] | page top↑
# てれくさ…
魔術師…。
いやぁ。ぽりぽり。
素直にうれしい。
こんな奴が全国紙のコラムを
一年も書いていたのは
どうかとおもいますが…と
ちょっと自慢。
***
そういや「ゐぬ」つながりです。
明日本屋に行った際、
買ってみるか。
とはいえ、部屋改造中だから
終わってからソファで
ゆったり読むべきか、
悩ましいところです(笑)
by: 盲田さん | 2006/08/06 23:32 | URL [編集] | page top↑
# プロですたか、、、
>盲犬さん

そういやぁ確かにINU繋がりでしたね。

それにしても全国誌のコラムですかー。すげー。
確かに言葉遊びがプロっぽいとは思っていたのですが。
モノホンだったとは…。

是非是非、今度文章の書き方講釈記事でも書いてください!

by: cabron | 2006/08/08 01:19 | URL [編集] | page top↑
#
〈s〉ミッソーニ〈/s〉
滅相もない。
いわゆる子供新聞の
ゴーストライターっすから。
***
それにしてもcabさんの
最近の吹っ切れた感じの記事は
面白いですね。
以前の社会派風から、今のライトエッセイ風まで
引き出しの多さにおどろかされます。
手芸屋のビーズの棚みたいだ。(笑)
by: 盲田さん | 2006/08/10 19:20 | URL [編集] | page top↑
# キリ番!
>盲田さん

まずは、コメントのキリ番ゲット、おめでとうございます(笑)。
記念として、お会いした暁には、テキーラを一杯、ご馳走させていただきます。

こちらこそ、プロの方からお褒めに預かり、恐縮です。
小生のは、サブタイトルにも謳っているとおり、単なる「落書き」なのです。

せめて、今後とも読んで頂ける文を書いていきたいと思います。
by: cabron | 2006/08/12 10:55 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://cabron.blog10.fc2.com/tb.php/214-1b78e7f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。