--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Sun.

いいカメラ

今年も昨年と同じ病院で人間ドックを受けてきた。

何だか、昨年の記事を改めて読み直すと、生活改善指導を受けているにもかかわらず、現在、お酒は全然控えていないし、あまり気を使っていないので、受けている意味があるのかないのか、よく分からないところだ。

今年は、出張に行っている間に職場の健康診断が行われてしまったので、まあ、その代用ということもある。父親も胃ガンになったばかりだし。

という訳で、本日のメインイベント、胃カメラ(初体験)であるが、結論。

めっさ苦しい!


どのくらい苦しいかと言うと、自分が最も嫌な仕事相手に電話をかけるときくらい苦しい。
あ、分かりづらい?
ヘビースモーカーが1週間禁煙するくらい、もしくは完全に冷え切った夫婦が生活を共にしていくくらい苦しい。

こう書くと大したことはないように見えるが、嫌な相手に電話をかけたくなくて逡巡しているうちに、胃に穴を開けてしまう人もいないことはないことはあり得なくもないだろう(どっちやねん)。

また、昔タバコを吸っていた小生は、たかだか1週間の禁煙をしようと思って、何度も、so many times、muchas veces失敗している。こんなに意志の強い小生が失敗していることからも、それが並大抵の苦しさでないことは明白であろう(はい、ココ、突っ込むところですよー)。

完全に冷え切った夫婦、これは完全に冷え切っているのだから、フーフーしなくてもよさそうなものである(掛詞)。残念ながら、おしどり夫婦の我が家でその苦しさを想像することは困難である(もう、誰も聞いてないやね)が、お互い透明バリア(って、子供の頃よく言ってた)を張った生活がくるしゅうない訳がない。そもそも、だんだん酸素が不足してくるっちゅうの。

だいたい、小生は口を開けて、マウスピースを噛んでよだれをダラダラ垂れ流しながら鼻呼吸するような器用な真似は絶対できない。小さい頃、常にアレルギー性鼻炎だったので、口呼吸の癖がついてしまい、普段から鼻で笑われることはしばしばあるのだが、鼻で呼吸することはあまりしていないのだ。人生でこのときほど、あぁ、尻の穴で呼吸ができたら、と痛切に感じたことはなかった。来年のために鍛えておこう。

ちゅうか、もう次は5年後くらいでええわ。
01:36 | 健康 | comments (10) | trackbacks (0) | edit | page top↑
告白 | top | 生存競争

Comments

# _| ̄|○))オヒサシュウゴザイマス((○| ̄|_
胃潰瘍持ちの理々です(゚◇゚*)
カメラは4回のみますた(゚◇゚*)
毎回  コ  ロ  ス  キ  か  !と思いつつ飲んでます(゚◇゚*)
突っ込む所に上手い突っ込みが出来なくてすいまてん('A`)
例えは痛いくらい分かりやすくて、酸欠になってしまいますた('A`)
by: 理々 | 2006/07/30 06:13 | URL [編集] | page top↑
# 内視凶
胃カメラかァ。
飲むのも、カメラも好きだけど
ハイブリッドは嫌ですねぇ。
***
私も、先日「Urethra endoscope」を
危うくつっこまれるところでした。
英語で書いたのはせめてもの
心遣いです。あはは。
***
しかしまぁ、尻で呼吸と言う事は、
咳やくしゃみが出ると言う事で、
それはそれで見物であるなぁ。
と思うわけです。

ことほど左様に胃カメラと言うのは
苦しい物なのだなぁ(詠嘆)
by: 盲田さん | 2006/07/30 19:03 | URL [編集] | page top↑
# no title
この手の話は、経験した人には説明しなくても一発で分かるし、経験したことのない人には到底その苦しみは分からない、というジレンマを孕んでいますね。
by: Dorothy | 2006/07/30 21:15 | URL [編集] | page top↑
# no title
相当シンドかったんだなぁ…ってのが文章から伝わってきますよ(笑)。
例え話にいちいち笑っちゃいましたv-217

胃カメラは嫌ですよね~。私も一度だけ、20代半ばで飲みました。
そんなに苦しくなかったんですが、あの姿は誰にも見られたくないと言うか…
人間としての尊厳を奪われたような…
半ば’もうどうなってもいいや…’みたいな気分になりましたねぇ(涙)。
お疲れ様でした!v-22
by: とまと | 2006/07/30 23:23 | URL [編集] | page top↑
# Welcome back!!
>ねらー理々さん

お久しぶりでつw。
お帰りなさいませ、お嬢様!
イヤー、飲む前に理々先生に対処方法を聞いておけば良かったかな。
4回も飲んでるなんて、小生より若いのにスゴ杉ですね。
痛さより何より、情けないですね、あの体制は。
by: cabron | 2006/07/31 00:33 | URL [編集] | page top↑
# お大事に
>盲田さん

なるほど、胃カメラを因数分解すると、そうなる訳ですな。
いつもながら、ことのは盲戌マジック、勉強になります。

urethra endoscopeは、スパイを自白させる拷問にも
使えそうですね。そっちの方はすっかり回復されたので
しょうか。ご自愛ください。
by: cabron | 2006/07/31 00:38 | URL [編集] | page top↑
# 経験者は語る
>Dorothyさん

そのとおりですね。
数日前の初体験で、人の話の輪に入れるネタが一つ増えた、
ということは、きっと小生にとっては人生のプラスなのでしょう。
今後は分かりやすい例え、心掛けます(笑)。
by: cabron | 2006/07/31 00:41 | URL [編集] | page top↑
# 人として、
>とまとさん

小生より2歳も若いとまとさんまで経験者でしたか。
最近の若者はやることが早いですなぁ(笑)。

苦しくなかったのは凄いです!!
確かに人としてどうなの?って格好させられますよね。
看護師さんに優しい言葉を掛けられつつ、実際には
身動き取れないようにガッチリ抑えられて…。
情けないことこの上ないですよね。

お互い、飲まなくて済むように健康には留意しましょうね。
by: cabron | 2006/07/31 00:49 | URL [編集] | page top↑
# no title
Cabronさん 最近文章が冴えてますね~♪
いや 前も面白かったんだけど、それとはまた違う面白さで
なんていうのかなぁ… はじけちゃってる(笑)

ところで胃カメラ、私は飲んだことないんですよ。
読んでるだけで苦しさが伝わってきたから、余計にやりたくない。
それに、その"人には見せられない格好"というのが気になる、気になるー!!


by: Mink | 2006/08/01 14:40 | URL [編集] | page top↑
# 経験に勝るものは無し。
>Minkさん

お褒めに預かり、恐縮至極です。
まあ、ネタとしては大して面白くないんですけど、強引に引っ張って
みました。ふざけた文体は、最近お気に入りで読んでいる作家の
影響を多分に受けています。

胃カメラ、是非受けてみてくださいよー。
みんなが胃カメラの話をしているときに、話題に入れますよー。
(って、それだけかよ。)
by: cabron | 2006/08/02 02:05 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://cabron.blog10.fc2.com/tb.php/213-58b7e7cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。