--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Sat.

メキシコのオタク、日本のオタク

友人のshinくんが、メキシコの“OTAKU”について書いていたので、日本のオタク文化について書きたくなった。同記事は、メキシコのネットカフェででも書いたのか、文字化け?か何かによる誤字が多いのだが、読んでいて妙な関心の仕方をしてしまったもの。

先だって小生、メイド喫茶も未経験なのに、それを通り越してここのメイド居酒屋に行ってきた。
一応、名目は職場の人の送別会。
送別される人がまあ、オタク趣味人というか何というか、、、で、このお店が選ばれたのだ。

メイド居酒屋とは言え、お姉ちゃんたちがメイド服を着ていること以外は普通の居酒屋である。
どのくらい普通かと言えば、

店員さんメイドさんを呼ぶときの呼び方は、鈴をチリンチリンと鳴らす、とか、

おにぎりを頼むと、メイドさんが席まで来て握ってくれるとか(それにしても、1個で400円は高いでしょ)、

入店すると「お帰りなさいませ、ご主人様!」
店を出ると「気を付けて行ってらっしゃいませ!」

とか。本当に普通すぎて、ブログのネタにならないくらいである。

あ、でも面白かったこともあった。
小生、心ならずもお会計をするときにスタンプカードを受け取ってしまったのだが、スタンプを集めた際の特典が振るっている。

一見普通のスタンプカードなのだが、
DSC04135.jpg

その特典は、
・6ポイントでドリンク1品サービス
・12ポイントでフード1品サービス
・18ポイントでななな、何と、お店の女の子全員と記念撮影ができるのだ!
DSC04136.jpg

いやぁ、これはポイント高いでしょ。
てゆーか、18ポイントでもフード1品サービス、にして欲しいんですけど、自分。。。

ま、恐らくもう行かないので、ポイントが増えることもないんですけどね。

しかし、常連さんらしい方もいて、カウンターに座ってメイドさんと楽しそうに談笑されていた。
だが、話すことに飽きてしまったのか、そのうちにノートパソコンを取り出し、何やら画面に集中していた。
何だか、本物のアキバ系を見ちゃった気がした。
自分ならそんな「特等席」に座ったら、きっとお姉ちゃんと話すことに夢中で、PCなんか目に入らない。

でも、全体的には「一般人」の方が多く、オトコばかり11人で行った我々が浮くようなこともなかった。
隣のサラリーマングループ(女性含む)は、何故かコスプレで盛り上がっていたが…。

いい社会勉強をさせてもらった。
23:07 | グルメ・料理 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
ホテル・ルワンダ | top | 昔香辛料、今石油。

Comments

# no title
 お世話なっております。さっき自分の記事を読み直してびっくりしました。更新した時はあんな誤字というか、文字化けがなかったんですが。。。早速、訂正しておきました。
 さておき、メイド居酒屋なんかがあるんですね~ 知らへんかったな~ そのうちメイドコンビ二とかもできるんでしょうか。。。
 以前、こっちのテレビで秋葉原のオタクの人達を特集していましたが、なんか日本人全員がアニメ好きでコスプレやってる様に思わせる映像で、ちょっと笑ってしまいました。真に受けたメキシコ人とかいるやろな~
by: shin de Mexico | 2006/05/28 02:40 | URL [編集] | page top↑
# えっ!
>入店すると「お帰りなさいませ、ご主人様!」
店を出ると「気を付けて行ってらっしゃいませ!」
とか。本当に普通すぎて、
<これって、お店の人が言う言葉として普通のことなんですか?ほんとうに・・・皮肉でしょ?
マジで分からないおばさんです。
by: Dorothy | 2006/05/28 20:21 | URL [編集] | page top↑
# ステレオタイプ
>shinくん

もはや、日本人女性は全員ゲイシャ、男はハラキリで決める!
みたいなステレオタイプですな。先日も何かの看板を記事に
してたよね。

アニメは日本が誇るべき、輸出に堪えうるコンテンツだと思う
けど、正しく理解してほしいものですね。

メイドコンビニ、ありえるかもね。
by: cabron | 2006/05/29 10:48 | URL [編集] | page top↑
# 百聞は一見に如かず
>Dorothyさん

もちろん、冗談ですよ。ご安心なされませ。
でも、メイド喫茶と呼ばれる店では、ごく普通のことなのです。
なので、皮肉と、同業他社と差別化したサービスがあるわけでも
ないことを遠まわしに言ったものです。

ご帰国の際は、是非!なんて。

by: cabron | 2006/05/29 10:52 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://cabron.blog10.fc2.com/tb.php/195-33dd6d16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。