--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Sat.

マーシャル日記(お仕事編)

えーと、、、遅くなりました。マーシャル諸島共和国のお話です。
行き方は簡単!グアムからコンチネンタル航空の通称「アイランドホッパー」に乗るだけです。

なんて。
この「アイランドホッパー」がなかなかの曲者なのです。
恐らく、グアムから今回の目的地マーシャルの首都であるマジュロまでは直行で飛べば3時間くらいだと思います。ですが、その名が示すとおり、この便は飛んだと思ったらすぐ次の島に下りて、幾つもの島をつないでいきます。まさにミクロネシア連邦やマーシャル諸島の人たちにとっては生命線。
「停車駅」は、グアム-チューク-ポンペイ-コスラエ-クワジェリン-マジュロ-ホノルル、という感じです。グアム以降、最初の3つはミクロネシア、その次の2つはマーシャルです。なお、クワジェリンには米軍基地があります。
結局グアムから9時間近くかけて、何とかマジュロに到着。

前にも書いたのですが、今回のプロジェクトは水供給状況の改善です。
以前に書いた内容に微妙に誤りがありました。給水時間についてです。以前、週に1日、5時間のみしか給水されないこともあるという情報があったので、それを記事にしたのですが、それは98年に最大規模のエル・ニーニョが発生した際の干ばつによるものでした。とは言え、マーシャルは現在乾期なので、給水時間はやはり制限されていました。給水は午前・午後各4時間、給水日は月・水・金のみ。で、週に8×3=24時間でした。

いずれにしても、外国人観光客が泊まるホテルでも水が出ないことがあるのだから、深刻度はかなりものです。下の写真はトイレのタンク。空っぽです。ウ○コが流せなかったときは正直かなり焦りました…。
20060211113616.jpg

先に書いたとおり、マーシャルには土地がありません。したがって、国内で最も広い平地は空港の滑走路。ここに降った水を、貯水池に貯め、ごく基本的なフィルター処理(砂ろ過+塩素注入)をしてから給水しています。しかしそれだけでは足りず、一般家庭では、屋根に降った雨水をタンクに貯水し、そのまま使っていることも多いです。

こちらは現在の貯水池。コンクリートで作った池の内面にビニールシートを貼っています。
20060211113651.jpg

こちらは処理水槽。処理済の水なので、蒸発しては勿体ないので、上にもビニールシートがかけられています(オレンジのシートの下に処理した水がある)。
20060211113704.jpg

古いフィルター(左)と新しいフィルター(右)。新しいフィルターはADB(アジア開発銀行:日本もたくさん出資しています)からのローンによるもの。様々な国、国際機関の援助なしにはやっていけません。
20060211113718.jpg 20060211113730.jpg

島の末端にて。これは消火栓ですが、水圧計(右側のメーター)を取り付け、ここまで十分な水圧が来ているかをチェック。今回は大丈夫そう。
20060211124849.jpg

海水汲み上げポンプ。トイレの洗浄などは、上水を使うと勿体ないので、海水を使うよう各家庭には指導しています。しかしこの海水による洗浄システム、上水道とは別に使用料が月に10ドルもするので、どの程度使用されているのかは微妙なところ。
しかも、下水はほぼ全てが未処理で海へ放流。環礁の内側でなく、外洋なので拡散され、まだ影響は少ないとのことですが。。。
20060211124821.jpg

でも、環礁の内側にもこんな風にゴミが捨てられていたり、、、環礁の内側は、水の入替が起こらないので、一度汚れてしまうと、綺麗にするのは難しいのですが…。
総じて環境に対する意識は低いです。先進国と違って環境の知識も、埋め立ての技術もないし、仕方のないことなのかもしれませんが。
20060211124833.jpg

給水車。結構立派です。
20060211124915.jpg

こちらは、同じ敷地内にあった残骸。給水車の成れの果てでしょうか。島の至る所で、潮風に朽ち果てた車の残骸を見かけます。
20060211124929.jpg

貴重な井戸水。地中に浸透した雨水が、その下にある海水とのわずかな比重の違いで、二層になっているのだそうです。でも、この貴重な資源(「淡水レンズ」と呼ばれる)は、取り過ぎたりすると壊れてしまい、二度と元に戻ることはありません。
20060211125013.jpg 20060211125040.jpg

今回のプロジェクトによる新貯水池建設予定地。実は、この島にはビーチと呼べる場所がほとんどありません(岩場ばかり)。その中で貴重なこの場所(砂浜)を潰すことには個人的にはかなり抵抗があります…。
これだけ綺麗だということは、当然、水の入替が起こる外洋です。
20060211125112.jpg 20060211125140.jpg 20060211125127.jpg

突然の闖入者に怒るヤドカリ。
20060211125228.jpg

砂は、色で分かると思いますが、ほぼ100%珊瑚砂です。
20060211125218.jpg

ああ、何ともったいない!
とは言え、ビーチで泳ぐ人がいないことから判断すると、この国の人に取って海はあまりに身近で、それほど貴重な場所でもないのかもしれません。いずれにしても、プロジェクトは初めの一歩を踏み出しました。

間にある先方政府とのディスカッションなどは全て省略し、、、

調印式。次のステップに行くには、マーシャル政府が、環境への影響などを十分に調査し、問題がないことを結論付けなくてはなりません。さて、このプロジェクト、次に進むことができるのでしょうか。次に進むとすれば、半年~7ヶ月後くらいに、小生が再度現地入りすることとなります。
20060211125248.jpg



次回は、「その他編」をお送りします。
※でも、あまり期待しないでください(誰もしてないか…)。
 これまでの国のように、食べ物や町の様子について、あまり話せるネタがないのです。
20:19 | 出張・旅行 | comments (11) | trackbacks (0) | edit | page top↑
マーシャル日記(その他編) | top | 帰りました。

Comments

# ほぼ質問…
cabronさんは滞在中、飲み水などはどうしてたんですか?
お話からすると、買うんだろうな~とは思うんですが、水も食事も高そう。。?

それと珊瑚砂、とーっても綺麗ですね。青い海と言うより透明だぁ。。
勿体無い~と思っちゃいますが(貯水池建設)、それは日本人的発想で、快適な生活を得る為に求められてる事なんですよね?自然を破壊?していく目的が、日本とは違うんですね。
「???」ばかりになっちゃいました(笑)。
by: とまと | 2006/02/12 00:38 | URL [編集] | page top↑
# 回答しまっす。
>とまとさん

飲み水は(他の国へ出張する際もそうですが)基本的にペットボトルです。
スーパーに米国産、中国産などが売っています。庶民は水道の水や屋根
に降った雨水をそのまま使っているかもしれません(でも、水道の水はやや
塩素臭い)。

食事は、ご明察!のとおり非常に高いです。なぜなら、この島では肉も野菜
も育てることができず、全てが輸入だから。基本的に出張中は専ら外食です
が、昼も夜も10ドル(約1200円)では絶対に収まりません(特に夜はビール
の1杯くらいは飲むし…)。なので、朝ご飯は部屋でシリアルバー+フルーツ
と節約していました。

貯水池は、、、建設の前に節水教育とか、いろいろあるだろう、と思ってしまう
のですが、給水量が絶対的に不足しているのは事実だし、仕方ないのかな、
とも思います。まあそれ以前に、日本国政府が先方から話を受けてしまって
いるので、小生のような一兵卒にはどうしようもない、というのもありますが…。
by: cabron | 2006/02/12 12:01 | URL [編集] | page top↑
# no title
きれいな海。でも、問題盛りだくさんの国ですね。
おつかれさまでした。
私は「その他編」に非常に期待しておりますよ~。
by: ムーニー | 2006/02/12 16:23 | URL [編集] | page top↑
# お楽しみに。
>ムーニーさん

そう、問題がこれでもか、というほど盛りだくさんな
国なのです。
ではでは、次回の駄文をお楽しみに。
by: cabron | 2006/02/13 12:26 | URL [編集] | page top↑
# no title
cabちゃん お帰りなさーい(^▽^)/
離陸・着陸の時が、乗客もパイロットも1番緊張する状態なのに
いくつもの停車駅があるってことは、それを繰り返すってことですよね?
嗚呼 よくぞご無事でご帰還なされて うぅっ…(うれし涙)

しかし、給水が週に24時間って
蛇口をひねれば当たり前のように出てくる国に住んでる人にとっては
想像もできないですね。
しかも、未処理で海に放流… ヒェ~
いくらまだ影響が少ないといっても、いずれは汚染されていくような気がしないでもないですが。。。




by: Mink | 2006/02/13 15:15 | URL [編集] | page top↑
# お帰りなさいです←おそ
お水・・・出しっぱなしで洗い物とか
反省しました。(´・ω・)
果たして、ヤドカリとの戦いの勝者は?!
待て次号!!!では、無いでしょうけど
自分の全く知らない環境、世界に、へーふーんひょえーばっかりです。
その他編、楽しみにしてます♪
by: 理々 | 2006/02/13 23:35 | URL [編集] | page top↑
# 飛行機を我慢する方法
>Minkさん

このアイランドホッパーは、何回も降りるし、何回もセキュリティーチェック
が入るし、単に9時間の直行便よりもお疲れ度が高いです。。。まあ、それも
これも、成田で32時間よりははるかにマシだと考えれば…(笑)。

これからも、この方法、使えそうです(笑)。
by: cabron | 2006/02/14 00:35 | URL [編集] | page top↑
# ただいま帰りました!
>理々さん

本当は、世界中の人が潤沢に水を使えるようになればいい
のですが…。そうですね、我々も節水を心掛けるのは悪い
ことではないですよね。
ヤドカリとの戦いは、家を守ろうとする、そのひたむきさに
小生が降参しましたw。
by: cabron | 2006/02/14 00:49 | URL [編集] | page top↑
# 貯水池をLAURAにつくるのですか?
ひょっとしてLAURAビーチに貯水池をつくるのでしょうか?(XXXXの調査案件ですよね)
マーシャル人と話をしていたところ、昔はDUDもLAURAのようにヤシの木が続き、強い日差しを避けながら歩くことができた。ビーチも美しかったといっていたことを思い出します。


http://photos.yahoo.co.jp/aeneis_jp
by: けい | 2006/02/14 20:02 | URL [編集] | page top↑
# 怖いですね。。。
>けいさん

ご訪問ありがとうございます。
お写真も拝見しました。正に小生が先週一緒にお酒を飲んだ方々が映っており、
びっくりしました。。。
いつか、こうやって関係者にばれてしまう日が来るとは思っていたのですが、、、
やはりサイバースペースは怖いですね(笑)。けいさんも小生が何者か、調べれば
すぐに分かってしまうと思いますが、分かってもそっとしておいていただければ幸甚
です。なお、さすがに組織名は伏字に修正させていただきました。
ちなみに現在プロジェクトサイトとして検討しているのは、Lauraまでは行かない
Lojemwaという場所です。
by: cabron | 2006/02/14 20:09 | URL [編集] | page top↑
# すみません
XXXXは文字をだしてしまってすみませんでした。
書き込み参考にさせていただいています。どうもありがとうございました。



by: けい | 2006/02/19 23:23 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://cabron.blog10.fc2.com/tb.php/159-0986b28b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。