--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Sun.

ビジネスクラス考

今回の出張について、往復の飛行機はビジネスクラスを使わせてもらいました。

我が社には厳格なルールがあり、通常であれば、小生のようなペーペーはエコノミークラスしか使えないのですが、フライト時間(乗り継ぎ時間を含まない)が24時間を超えると、さすがに温情措置でビジネスクラスでの出張となります。

もちろん、プライベートで使ったことはありませんし、往復100万円以上する航空運賃を払える訳もありません。今回見てみたところ、このビジネスクラス、やはり仕事の関係で乗っている方が多いように見受けられました。

隣の席の人について言えば、行きは三○物産で航空関係をやっている部長さん。一度経営破綻しているVARIGブラジル航空に、債権の回収に行くのだそう。気が進まない仕事ですね。帰りはホ○ダのオートバイ関係の仕事をされているという50代の紳士。同じ便に乗っているチームのメンバー8人で、ブラジルを3週間ほど回ったのだとか。同社は全世界で毎年1,200万台の二輪を販売しているそうです。日本製品の信頼性が高いことに誇りを持ちつつ、BRICSの台頭に危機感を抱かれていました。お二人とも、日本の経済を支えてきた「戦士」という印象です。

さて、帰りの便で、ちょっとしたトラブルが発生しました。
3歳と6歳くらいの小さい子2人を連れた、30代後半と思しき夫婦が、客室内で子供を野放しにしていたのです。周囲はビジネスマンと、ロサンゼルスから乗ってきた金持ちツアー(「ビジネスクラスで行くLA・ラスベガス10日間の旅」とかでしょうか)のご老人たちばかり。みんな疲れて眠りたい(=客室内はとても静かな)ところで、これはかなり目立ちました。始めのうちは、「子供は騒ぐもの」と微笑ましく見ていた周囲の人たちも、30分を過ぎるとだんだんこめかみに血管が浮かんできていました。

そんな、周囲の怒りに気付かず、子供を放置する夫婦。後ろの席のばあちゃんが「まったく、うるさいなぁ」と呟いたとき、小生の頭の中で何かがスパークしました。

刹那、つかつかと夫婦(母親)に歩み寄り、極めて穏やかに、
「もう少し、お子さんを静かにさせてもらえませんか?」
「はぁ?」
「もう少し、子供を静かにさせてください、と言ってるんです」

これで、ノイズレベルは許容範囲に落ち着きました。
(一応、逆ギレされた場合の対処も考えてはいたのですが。)
相手も、小生のような若いニーチャンに注意され、一瞬面食らっていました。

本来小生、人を叱ったり、注意するのが得意な方ではありません。どちらかというと、頭の中で何度もシミュレーションし、話す内容を決めてから相手に向かう方です。しかも、注意した後も、自分の中にモヤモヤが残ってしまう、気が小さい人間です。しかし、周囲の雰囲気もあり、このときは我慢の限界を超えていました。

小生が親だったら、よしんばお金を持っていたとしても、子供をビジネスクラスになんて絶対に乗せません。特権意識を持つ、鼻持ちならないガキに育つに決まっているから。
ですが、そこは4席分ものお金を払っているのだから個人の自由、文句は言いません。しかし、いい席に座らせるのであれば、それにふさわしいマナーも一緒に教えてもらいたいものです。もちろんこれは、エコノミーだからって子供を騒がせていいということを意味しません。しかし、周囲の人間はそれなりのサービス(静かに寛ぎたい、美味しい食事を食べたい等)を求めて、このクラスを利用しているということを子供にも理解させるべきだし、それが判断できないうちは、本来は子供を乗せるべきではないと思います。

まったく、経済界を始め、金さえあれば何でもやっていいという風潮は困ったものです。
悪いけど、小生はそんな流れには断固抵抗しますよ。時代遅れかもしれませんが。
09:09 | 日常・人間観察 | comments (9) | trackbacks (1) | edit | page top↑
Ready for Mexico | top | ボリビア日記(en La Paz)

Comments

#
良かったですね。効果があって。ちなみに逆切れされた時の対策とは?

それから、そういう配慮って、客室乗務員の仕事じゃないのでしょうか?彼らは黙って放っていたのですか?信じられないですね。
by: Dorothy | 2005/10/16 19:40 | URL [編集] | page top↑
#
>Dorothyさん

逆ギレされたら、もちろん周りの人を巻き込んであげます。「この人たち、迷惑だと思いません?ねぇ」って。それでも効果が無ければ、何故迷惑か、滔々と説いてあげます。

客室乗務員の件は、、、まあ、みんな寝てる時間だったから人が客室にいなかったのと、所詮VARIGですからねぇ…。あまり外国のエアラインには期待してません。小生が外国のエアラインで、まともなサービスをすると感じたのは、今までにSQ(シンガポール航空)とCI(中華航空)だけですね。
by: cabron | 2005/10/16 23:18 | URL [編集] | page top↑
#
他人の子供を注意できる人って、なかなかいないじゃないですか。
そこにいる親に、「言いたいけど言えない」みたいな…

そういうのをかってでたcabronさん、素晴らしいです!
その時cabronさんが勇気を持って言わなければ、
その親も、「子供が騒ぐ=迷惑」ってこと、ずーっと気づかなかったかもしれませんよ。

PS.
ほんとに写真 削除しちゃったんですねー
自分のPCに保存しておけば良かった(笑)
by: Mink | 2005/10/17 02:33 | URL [編集] | page top↑
#
ほぼ同年代の子ども(7才と4才)がいる者として、「他山の石にせねば」と思います。
 我が家の子どもたちは、赤ちゃんの時から調教(?)したため、飛行機&新幹線では、条件反射で眠ります。(笑)例えば、京都から乗って、米原で眠り、起きると新横浜。残り時間はのど飴をなめさせるので、静か。非常にありがたいです。
 あとは「しりとり」と「マグネットオセロ」「クロスワードパズル」が強い味方ですよ。
 若くして親になったので、「若い親はしつけができない」と言われないように、日々精進です!
by: ムーニー | 2005/10/17 11:44 | URL [編集] | page top↑
#
>Minkさん

悪いのはいつだって親なんです。
小さな子供にとって、そこがどういう場であるか、なんてことは自ら理解しようがないんですから。
昨今の学級崩壊も、学校での教育と言うより、家での教育に問題があることがほとんどなのではないでしょうか。

写真は当然消しましたよ。
あまり美しくないものをいつまでも出してると、苦情が来ますからね(笑)。


>ムーニーさん

小生も、子供が騒ぐことは認識しています。
でもあの親は、子供が通路をバタバタと走り回るのを放置したり、目に余るものがありました。

乗継に次ぐ乗継で、既に10数時間も座り続けているビジネスマンや、老後の蓄えを使って楽しみに来ている人にとっては、折角高いお金を払って乗ったビジネスクラスで寛げないのは、恐らく拷問に近いです。
そんな周囲の雰囲気もあり、一念発起しました(笑)。

世の中みんなが、ムーニーさんみたいな親ならいいんですけどね。
by: cabron | 2005/10/17 13:02 | URL [編集] | page top↑
#
後から自分の書いたコメントを読んでみると、偉そうなことを書いていて恥ずかしくなってきました。(笑)
 子育ては「結果」がなかなか得られないうえに、人に迷惑をかけることが多いものですから、ときどき誰かに「頑張ってるね」と褒めてもらえると、ホントにうれしくなっちゃうのです。ありがとうございま~す。
by: ムーニー | 2005/10/17 18:08 | URL [編集] | page top↑
#
ビジネスクラス、、乗ったコトないわぁ、、
ファーストクラスならあるけど、、、
とか書いたら叩かれるだろうな、、、
いや、ナイんですけどねw。

ナイス!!cabronさん!!
「ガキは我慢しなきゃならないからガキって言う」
本宮ひろ志さんが言ってました。
あらゆる意味で「子は親の鑑」なのですよね、
最近はこの意味、親の方が分かってなかったりですが、、。
by: 人猫 | 2005/10/19 17:06 | URL [編集] | page top↑
#
う~ん、その場にいたら、確実に私も親に言いに行きます。
子供みたいな顔して結構いっちゃう方なので、私の場合、
その後に注意!…なんですが(涙)。

cabronさん以外の人たちが、よく我慢してたな~って思っちゃいます。
まあ、我慢と言うより、「言えない」が多数なんでしょうか。
私は我慢…できなーーーい!(笑)

例えば、その場に一緒に彼がいたとして、注意してくれない人
だったら、ちょっと考えちゃうな~…。

この他、ビジネスクラスの乗り心地は如何でしたか?
by: とまと | 2005/10/19 20:01 | URL [編集] | page top↑
#
相変わらず激しく時差ボケで、こんな時間に目が覚めて
コメントしています。ま、今日からまた出かけてしまう
のでNo問題なのですが…。


>人猫さん

小生ももちろん、仕事以外で乗ったことはありません。

「子は親の鑑」、まさにそうなんですよね。子供は悪く
ないんだけど、親がしっかりしていないと、そのまま成
長してイタイ大人が出来上がる。これを我が家では「現
代社会におけるバカの拡大再生産」と呼んでいます。

今回はとりあえず、「黒いワタシ」が出てくる前にコト
が落ち着いて良かったですw。


>とまとさん

お久しぶりですっ!!(←喜んでるw。)

>>例えば、その場に一緒に彼がいたとして、注意してくれない人
>>だったら、ちょっと考えちゃうな~…。

これは今の世の中、なかなかハードルが高いのではない
ですか?注意しない人のほうが圧倒的多数でしょ。

小生は大学時代に格闘技をやっていたので、多少腕に覚
えがあるのと(それでも、相手がプロだったら余裕で負
けますけど…。)、思ったことを言わずにいられない性
格もあって、つい言ってしまいます。

妻はよくヒヤヒヤしています。「今の世の中、いつ刺さ
れるか分かんないよっ!!」って。
ま、そのときはそのときで。
「アホリーマン、刺される 」って新聞に出るだけですし。

ビジネスの乗り心地は、社によって、また、機材(ボーイ
ング747-400とか、エアバス340-600とか)によって全く違
いますが、純粋にシートという意味ではブラジル路線はJAL
もVARIGもそんなに良くないです。いい機材にしなくても客
は入るし…。

サービスは基本的に日系ならとても良いです。
細かい気遣いはしてくれるし、テレビもパーソナル画面で、
自分の好きなときに好きな映画を見られます。食事も毎回
和食をチョイスすることも可能です(実際、サンパウロま
で、4回和食を食べました←アフォ)。反対に帰りのVARIG
では、パーソナル画面はなし。和食も1回のみチョイス可。
スッチーの気配り、フツー。って感じです。
by: cabron | 2005/10/20 06:57 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。