--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Sat.

ボリビア日記(お仕事編 en Cochabamba)

久しぶりにひっそりと更新。

現在、ボリビア到着から6日目の朝。
この1週間、食事・睡眠以外はずっと仕事をしていた気がする。密度の濃い1週間だった。

先にフライト時間が30時間近いことを書いたが、成田からエル・アルト(ボリビアの玄関口)までの時間を計ったら、NYでの給油待ち、サンパウロでの接続待ちを含めて、きっかり36時間だった。なので、ラパスではすでにヘロヘロ。到着した日(月曜日)の夜は当然何もできずに眠る。

そしてラパス。噂どおり、かなりの手ごわい相手だった。とにかく低地の6割くらいしか酸素濃度がないので、体内の酸素を使う(つまり血液を循環させる)とすぐに体調に変化が出る。

一緒に来ているメンバーの1人は、階段で息が切れて青白い顔になっていた。
小生は、、、打ち合わせのときに困った。相手のスペイン語を集中して聞き取ろうとすると、脳内で血流が良くなるのか、頭がクラクラする。で、こちらから回答しようとする頃には思考能力が著しく低下している。例えるなら、メモリー64MBのPCでブロードバンドに接続しようとする感じか(分かりづらいな…)。
とにかく、頭では処理したいと思っていることが、実際にはできない。もちろん通訳さんがいるので、頑張ってスペイン語を聞く必要もないのだが、できるだけ直接理解したかったので無理してしまったのがNGだったようだ。

そんなラパスでの滞在は、ひとまず2泊で終了。水曜日からは、標高2,500mのコチャバンバというボリビア第3の都市に下りた(ボリビアで仕事をしている日本人たちは、ラパスからその他の都市へ行くことを「下りる」、逆を「上がる」と言う)。


今回のプロジェクトは、音楽学校を建てることと、楽器を供与すること。
ボリビアでは、過去の教育改革(改悪?)で、小中学校から音楽の授業が切り捨てられてしまった。なので、音楽を学びたい子は、義務教育の学校とは別に、音楽の補修校に通うことになる。

今回対象としている学校も、ボリビア国内に数えるほどしかない補修校の1つなのだが、これまで自前の校舎を持ったことがなく、別の学校の校舎を間借りして何とかやってきた。この音楽学校は年に3回の引越しを経験したこともあるという。何たる非効率…。
また、予算不足から新しい楽器を買えずに、ろくに音も合っていないピアノで練習していたりする。音楽学校なのに…。

しかし、ボリビア政府もようやく音楽や美術が情操教育に果たす重要性を認識し始めたようで、今回日本に対して援助の依頼があったものである。

実際の学校の様子

現在使用している校舎。
昨年ペンキを塗ったので、ぱっと見は結構綺麗。
edificio

時間割表。
教員35人で350人の生徒を受け持っている。内容も結構充実している。
horario

子供たち。
先生が「日本からのお客さまですよ」と言うと、「こんにちはー」と声を揃えて迎えてくれた。日本の子供と比べて全くすれていない。この笑顔にはいつも本当に癒される。東京でのパソコンの前での事務作業や、長時間フライトの疲れがチャラになる瞬間。上段右は、映画「サウンド・オブ・ミュージック」を鑑賞しているところ。
chicos_1chicos_2chicos_3

ピアノ
かなりイってしまっている。
piano


学校建設予定地の様子

建設予定地。
ここに手前から順に音楽学校、公会堂と美術学校が建つ予定だとか。恐らく全部完成するまでに15年はかかるだろう。
sitio_1

その周辺環境。
現在はあまり治安が良くないらしい。
sitio_2

道路の反対側は丘になっている。
ちょっと切り崩して擁壁でも使わないと、複数の校舎は建てられないかな。
sitio_3

丘の上からは、市内が一望できる。
espectaclo

また、丘の頂上にはこんな像も建っている。
独立戦争の際、戦争に行ってしまった男たちに代わって、台所道具で町を守った勇敢な女性たちを称えたもの。
estatua


昨日までに、コチャバンバにおける関係者(市長、学校長)は調印文書にサインをしてくれたので、今回のミッションの目的の7割は達したことになる。後はラパスに戻って、教育大臣(女性)と財務省次官のサインを貰うだけ。しかし、、、ラパスには帰りたくないなぁ。。。

今日は土曜日なので、持ってきた宿題の残りを片付けるのと、大使館への報告書をマイペースで書きながら過ごそうと思う。あ、少し町の観光もしなくちゃだ。


※いつも来てくださっている皆さん、コメントにお返事も返さず申し訳ありません。皆さんのところにも遊びに行きたいのですが、ハマってしまいそうなので、本日は自分のところの更新のみです。遊びに行けるのは、もう少し先になると思います。懲りずにまた来てくださいね。
20:21 | 出張・旅行 | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑
ボリビア日記(その他編 en Cochabamba) | top | バースデイ出張&更新中断宣言

Comments

#
cabronさ~ん、地球の裏側から
こんばんは。

いや~、毎度言ってますが、、
cabronさん、スゴイお仕事してらっしゃいますねー。
は~、すげ~。

体調、気をつけて~、ラパスに負けるな~w。
by: 人猫 | 2005/10/09 16:03 | URL [編集] | page top↑
#
懲りずに来たよ~!っていうか、更新を見つけてうれしいな!

うわ~!充実したお仕事ですね。
ミッションの7割達成おめでとうございます!
でも、最後まで体調にお気をつけて。。
by: Dorothy | 2005/10/09 18:25 | URL [編集] | page top↑
#
>人猫さん

こんばんはー。

スゴイなんて、そんなそんな…。とんでもないっすよ。
ぜーんぶ、周りの人たち(建設コンサルタントさんとか、通訳さんとか)のお陰で、自分はホント、何もしてないのが恥ずかしいくらいです。ハイ。


>Dorothyさん

チェックしていただき、ありがとうございます。
励ましのお言葉を胸に、最後まで気を抜かずに参ります。

また近々、Dorothyさんのところにも遊びに行きますね。
by: cabron | 2005/10/09 20:49 | URL [編集] | page top↑
#
cabronさん、かっこいい!
 仕事の内容ももちろん「すごい!」の一言だけれど、こんなに大変なのに「子どもの笑顔に癒される」と言える人って、なかなかいないと思うのです。
 更新もコメントも無理せず、お仕事頑張って下さいね。
by: ムーニー | 2005/10/09 22:33 | URL [編集] | page top↑
#
お仕事&ブログ更新、お疲れさまです。
本当、cabronさんて凄いお仕事されてますよね。
少し前に隣席のKさんが、「cabちゃんはただエロいだけじゃなく、期待以上の仕事を
してくれる凄い人なんだよ!」と熱く語っていたことを思い出しました。
(前半部分の引用は余計?w)

ラパスでの調印もスムーズに行くよう、陰ながら応援してます。がんばってね。
by: 某OL | 2005/10/10 14:41 | URL [編集] | page top↑
#
>ムーニーさん

いえいえ、実際にはぜんぜん格好良くない、地味で泥臭い仕事なんです。
子供や現地の方の笑顔は、これだけのために仕事してるようなものなので…。
(ちょっと、カッコつけ過ぎ??でも、結構ホントだったりします。)


>某OLさん

あのね、ホント、「エロ」は余計だから。
ま、事実だから仕方ないけどさ。
ええ、皆さんの期待に応えられるよう、仕事も遊びも「全力投球」がモットーでつから。

iPodの件、Thanx。でも、地下鉄の中でサンリオの袋を持って帰るのは嫌だなぁ…。
by: cabron | 2005/10/11 02:25 | URL [編集] | page top↑
#
補修校ということは、フツーの学校が終わってから行く塾みたいなものですか?
パッと見、生徒さんたちの年齢はバラバラですよね?

それにしても、cabronさん かっこいいなぁー
ただのリーマンじゃないんですね♪
たとえ、エ○でも(笑)
by: Mink | 2005/10/11 14:07 | URL [編集] | page top↑
#
>Minkさん

ご名答!
まあ、塾みたいとは言っても国立の学校なんですが。

記事に書いたように、ボリビアでは小中学校における音楽の授業が無いので、音楽を学びたい生徒は別の学校に行く必要があるんですね。
で、もともとボリビアでは小中学校も午前・午後・夜間の3部制、補修校も同じようなシステムを取っているので、各生徒の事情に合わせて、好きな時間を組み合わせることができます。

生徒の年齢層がバラバラなのも、そのとおりです。幼児コース、初等科、中等科とあります。個人レッスンもあって、会った中で一番年上の生徒さんは21歳と言ったかな。

ええ、確かにただのリーマンではありません。エ○リーマンだったり、サボリーマンになったり、忙しい小生です(笑)。
by: cabron | 2005/10/11 19:30 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://cabron.blog10.fc2.com/tb.php/110-73fcc94f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。