--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Tue.

同窓会

今日は関東地方もなかなかの雪でしたね。正月に長野に帰った際には活躍の機会がなかったスタッドレスタイヤが、今日は非常にありがたく感じました。東京では小さな事故が多かったみたいですね。Facebookでも多くの人が記事にしていました。

さて、昨日は20年振りに中学・高校の同窓会がありました。もう少し小規模なのは1~2度あったのですが、学年全体でこれほどの規模でやったのは初めてです(90人弱が参加)。一部の人間は経年変化が激しく、原型を留めない奴や(最高は112kgの奴がいました)、潔いまでにハゲ散らかしてる奴など、いろいろでした。かく言う小生も、当時と比べると8kgほど肥えているのですが、先生や同級生からは変わっていないと言われたので、そういうことにしておきます。

中学から6年間同じ学校に通っているので、(それほど親しくなくても)話したことがない、という同級生がいないのは一貫校のいいところかな、と思いました。なので、いろいろな人と目まぐるしく相手を変えて話し、2次会までには一とおりの旧友と喋りました。

さすがに結婚している人が9割以上、話した中に3人の子持ちも4名いて、20年の月日を感じました。理系は医者、文系は弁護士や銀行員がかなり多かったのですが、やはり(銀行員も含めて)マジョリティーはサラリーマンです。名刺交換をした際に、我が社に世話になっているという人が結構いてびっくりしました(我が社、企業の海外展開を支援していたりもします)。中でも、海外に新幹線を売り込んでいるJR東日本の友人は、結構密接に我が社との連携があるみたいです。意外と、見えないところで人は繋がっているものですね。

民間企業の友人たちが皆、口を揃えて言っていたのは、「小さなパイの日本にこだわっていると会社は潰れる。どんどん世界中を相手に商売をしていかないと」ということでした。やはり今後は、世界中のどこでもやっていける能力が必須の時代が来るようです。

その他にも、実家の質屋を継いだ者、カミさんの実家の農家を継いだ者、奥さんと合わせて世帯年収が1億を超える者、軽井沢から新幹線で東京に通勤している者等、本当に人生いろいろだなぁ、と思いました。

先生方によれば、我々が学んだ築90年(大正時代に建設)の校舎が、3月一杯で取り壊されるらしいので、それまでに機会があれば、母校を訪れてみたいと思います。また、一時期落ち込んでいた進学実績が、再度上昇してきているとのこと。確かに、以前も記事にしましたが、雑誌で特集されているのを読んだり、こんな記事こんなデータを見ると、後輩の皆さんが頑張っているのがよく分かります。自分は母校が求める進学実績に貢献できなかったので、あまり偉そうなことは言えませんし、学歴だけで仕事はやっていけないことも十分承知しています。が、やはり、できる限り上を目指して頑張るのは良いことだと思いますし、そこで頑張れた人間は、社会に出ても通用する蓋然性が高いと思います。

そんな訳で、社会の第一線で活躍する旧友たちの頑張りに刺激され、自分もまた仕事を頑張ろう!と思えた日曜日の夜でした。
スポンサーサイト
00:25 | 日常・人間観察 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Wed.

先輩職員の死

明けましておめでとうございます。cabron@長野です。
読者数の少ない当ブログですが、管理人がFacebookで書けない本音をつぶやく場所として、細々と続けていきたいと思いますので、今年もどうぞ宜しくお願い致します。

====*====*====*====*====*====*====*====*====*====

新年早々縁起でもないのですが、年の瀬に、海外の某事務所に勤務する先輩職員が、酒気帯び運転の車に横から突っ込まれて亡くなりました。この国では5年前にも交通事故で職員が亡くなっており、「またか。」との思いを禁じ得ませんでしたが、小生の所属する人事部では、ご本人を現地にお迎えに行くところから始まり、愛知県のご実家近くでのお通夜・告別式のお手伝いまで、年末ぎりぎりまで緊急オペレーションが実施され、ゆっくりした気分に浸る時間はありませんでした。一報を受けたのが忘年会当日の朝だったため、忘年会は中止、準備していた余興も全部無くなりました。

小生は主に(関係者の出張手配を含めて)お通夜・告別式のお手伝いをしたのですが、2歳と5歳の彼が残した2人の幼子が無邪気だったのが切なく、また、お父様から参列者へのご挨拶の中で、亡くなった先輩職員のことを「家族の希望の星でした」と言っていたのも印象的でした。そりゃ自慢の息子だっただろうな、と。

小生個人としても、彼には仕事で何度もお世話になったことがあるのですが、エルサルバドルのプロジェクトを担当する彼の部下2名が、揃いも揃って仕事のできない若手だったため、「ちゃんと若手の教育してくださいよ!」と彼に軽く怒りをぶつけてしまったことがありました。非常に温厚で、決して怒らない彼は淡々と受け止めてくれたのですが、今考えたら、国際電話でつまらないことを言ってしまったな、と後悔の念が湧き上がってきました。

年末には、小生の父方の伯母も突然亡くなり(通夜・葬儀の日が先輩職員と全くかぶってしまいました)、今更ながらに「人間はあっけなく亡くなるのだ」という当たり前のことを再認識させられるとともに、働き盛りで、まだまだやりたい仕事もあったであろう彼の分も、より一層真剣に仕事に取り組まなくてはならんな、と思わされました。また、途上国で仕事をする、ということは常にそういう危険が伴うのだということも(日本でも交通事故に遭う可能性はありますが、交通事故死や殺人の人口あたりの比率は、途上国の方が比較にならないほど高いです)。以前にも、ペルーの大使館に出向している役所時代の先輩(さらに大学の学科の先輩でもありました)が亡くなっており、本当に他人事ではありません。

無事に家族で新年を迎えられたことを改めて感謝するとともに、気持ちを新たにした新年でした。

追伸:
なお、今回、ご遺体の搬送にはエアハース社の木村さんに大変お世話になったのですが、国際霊柩送還士という、世の中に全く知られていない仕事を理解する上で、彼女たちの仕事を扱ったノンフィクションが大変興味深かったので紹介します。大きな事件で、海外で亡くなった邦人(例えば、最近ではシリアで亡くなった、ジャーナリストの山本美香さんなど)が戻ってくるときには、必ず彼女たちの活躍があると言われています。ご関心のある方は手に取ってみてください。


エンジェルフライト 国際霊柩送還士エンジェルフライト 国際霊柩送還士
(2012/11/26)
佐々 涼子

商品詳細を見る
06:55 | 仕事 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。