--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Sun.

ZARA

本来は、帰国前で荷物を減らさなければいけないのに、ついつい、Yシャツを2枚買ってしまいました。
DSC00499.jpg DSC00498.jpg

こちらの洗濯機はアメリカ製で、日本の家電のように丁寧になんて洗ってくれないので、結構生地が痛みます。そんなこんなで、日本から持ってきたYシャツも徐々にへたっていき、代わりに買い足していったこのブランドのYシャツも、手持ちの仕事着の中にいつの間にか6枚に。ZARAはこの国で売っているシャツの中で、デザイン的に着てもいいかな、と思える唯一の選択肢なのです。

とは言っても、所詮「スペイン版ユニクロ」(GAPやH&Mとかと一緒のファストファッション)ですので、そこまで高くありません。これらのシャツは1枚50ドル(約4,000円)。円高のお陰もありますが、日本で同じ程度のデザインのものを買おうと思うと、2~3倍はするかと思います。まあ、お値段なりで、縫製もそれほど良くはないのですが。

先日、日本に帰った際に、ピンクのYシャツを買おうと思っていたのですが、流行ではないのか、(百貨店、若者向けファッション店、激安スーツ店からイトーヨーカドーまで)どこを探してもピン!とクる!ものが売っておらず、あきらめていたところでした。小生、頭の中が常に桃色なことを考えているせいか、ピンクのシャツは常に手持ちに入っており、社会人1年生のときから数えて、これが4代目です。現役の3代目の襟の部分が少し擦り切れてきたので探していたのでした。

流行でない色があった理由について、ここの説明を読んで納得しました。ZARAは流行に関係なく、少ない数を作って売り切る戦略を取っているようです。

このブランドは製造国も様々で、ピンクの方は中国製、ストライプの方はポルトガル製です。その他にも、小生が持っている服だけでもトルコ製、バングラデシュ製、ベトナム製などが存在します。日本製は言うまでもなく素晴らしいですが、世界中で雇用を創出しているこのブランドも、現地の工場で汗を流す人々を想像して、何となく応援したくなるのです(くどいようですが、ラテンのブランドですので縫製は良くありません)。

さて、ぼとぼち重い腰を上げて、そろそろ家の片付けでもします。
スポンサーサイト
11:15 | 買物 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Mon.

帰国が決定しました。

昨日、無事にエルサルバドルに帰ってきました。経由地のロサンゼルスで14時間待ち(朝11時半着、夜中の1時半発)、というバックパッカーのようなフライトで。何せ、往復10万円の格安航空券なので、乗継ぎは最悪なのです。総行程約33時間。旅行中に、週刊文春と週刊東洋経済と塩野七生の新書2冊を読み終わりました。東洋経済では母校(中学・高校)が特集の中で結構大きく取り上げられていました。まだ時差ボケに加え、帰国ボケが治っておらず、車のウインカーを出そうとしてワイパーを動かしてしまっている状況です(当地は左ハンドルなので)。

一時帰国中は2週間を長野で過ごし(保育園の送り迎え等、主に子供の世話)、最後の1週間は千葉(妻の実家)で過ごしました。妻の入院日に医師からの説明を一緒に聞いて、その足で長野に移動したため、手術当日はおろか、見舞いも含めて、その後退院まで一度も病院に行きませんでした…。

手術(左胸全摘出+リンパ節郭清)は無事に終了し、現在は平常の生活に戻っていますが、神経を切っているせいで左腕があまり動かせないので、これから相当のリハビリが必要みたいです。当然、痛みもかなりある様子。そして、今後重いものは左手で持ってはいけないそうです。これからは、なるべく小生が彼女の左腕となっていかなくては。

さて、人事詣でが効いたのかどうか分かりませんが、標題のとおり、6月末に日本に帰国できることになりました。家族を帰してから10カ月後なので、決して早くはありませんが、いろいろ配慮してくれた周囲の人たちには感謝です。ちなみに、後任はすぐには来ません(数カ月空くのだそう)。現在の事務所体制を考えると、正直不安ですが、これ以上他人の心配をしていても仕方ありませんし、組織はどのようにでも回るもの。以前書いたように、帰国後は、家族のサポートに力を入れていこうと思います。

帰国の話も具体的になってきたので、中古住宅や建売住宅の物件も見てきました(帰国後すぐに住めないので、土地を買って新築、は今のところ対象外)。環境的にはなかなかの場所が見つかりました。駅からかなり遠い(徒歩だと30分程度)のは難点ですが、それ以外の条件は素晴らしい!駅までの距離も、「健康のため」とプラスに捉えることもできるし。小生の帰国までに、お目当ての物件が残っていますように。もちろん、これまでにさんざん書いてきたように、住宅ローンは10年程度で返せる範囲のお安い物件です。

今年度は妻の手術、小生の帰国、(いい物件が残っていれば)住宅購入、来年は長男の小学校入学、と我が家にとっては転換期です。まずはその前に残り2カ月、仕事の片付けと家の片付け、頑張ります!
01:28 | 仕事 | comments (10) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。