--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Sat.

2012年第1号エントリ

ブログを開設してから7回目の新年。最も遅いご挨拶となってしまいました。
本年も、超マイペースでの更新となりますが、どうぞ宜しくお願い致します。

日本の皆様は、すっかりお正月気分も抜けた頃でしょうか?
小生も1月10日まで微熱が続きましたが、ようやくそれも落ち着き、肝機能を示す値も標準値内に戻ってきました。それにしても、この1カ月はなかなか大変でした。今後はお酒もやや控えめにします(今までは、週に1度休肝日があれば良い方だった)。


さて、では早速ダラダラと最近見聞きしたこと、感じたことを。


1.放射線対策

震災から10カ月が経ち、一般的に、あまり放射線量のことを言う人もいなくなってきているのでしょうか。当地からは、日本のリアルな状況が想像しにくいもので。我が家もホットスポットの千葉県某市を避け、子供を長野に「疎開」させている訳なのですが、この前、当地の関係者から、なかなかすごい話を聞きました。

その人のお姉さんはもともと世田谷区に住んでいたそうなのですが、現在は九州に移住し、さらには放射線の影響を避けるため、今度カナダに移住するそうです。九州なら安全な気もするのですが、どの自治体が瓦礫受入れをするか分からないので、お子さんのために思い切って決断したとのこと。

沖縄の長期ステイ型ホテルが常に満室だとか、関西が人口流入超になっている、というのはニュースなどで聞くのですが、身近な人からこういった話を聞くのは初めてでした。確かに子供は影響を受けやすいらしいので、心配する気持ちはよく理解できます。何もやらずに何かあってから後で後悔するよりは、何か対策を講じて、後で「あの時は騒ぎ過ぎだったね」となる方がよほどいいですからね。いずれにしても、その行動力には頭が下がります。


2.昭和の男

当地で活動する、とある若者がいるのですが、その若者の上司が、こちらに永住している日本人(40代後半)なのです。その若者、その上司から怒られることが多いらしいのですが、そのことを小生にこぼして曰く、

「Sさんって、ホント、考え方が昭和なんですよね~」

いや、小生も考え方が昭和ですが、何か?ってか、お前も一応昭和生まれだろうが!とツッコミたくなりました。まあ、昭和を生きたのはわずか1~2年なので、感覚的には「自分は平成の人間」なのでしょうけどね。最近は、そういう言い方をするんだ~、と勉強になりました。

小生も確かに、世代間ギャップを感じることはあります。当地で特に感じることが、最近の若い人たちはあまりお酒を飲まない、ということ。我が家には、(お金の無い)若い人たちが来て自由に飲んでいけるように、質・量ともにそれなりのお酒がストックされているのですが、最近の子たちを家に呼んでも、あまり酒が減らない!それは、わずか3年半弱の当地滞在でも変化を感じるほどです。以前当地にいた若者たちは「ゴチになりま~す」などと言って、遠慮なく飲みまくってたのですけどね。

自分が酒好きだから、相手もそうだろう、などと考えていると、「cabronさんって、ホントに考え方が昭和ですよね~」などとと言われてしまいそうなので気を付けます。


3.内政干渉

早速始まったようですね(記事はすぐリンク切れになってしまうので、タイトルを残しておきます)。さて、今後どんな展開になっていくのか見ものです。こういう、日本の歴史的経緯を無視したアメちゃんたちが、これからも居丈高にものを言ってくるのだろうなぁ。市井の政治家ってことで、就任時は少しだけ期待してたけど、野田さんにはがっかりだ。

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20120114-OYT1T00672.htm
日本の「軽」規格廃止を…TPPで米自動車3社
(2012年1月15日07時06分 読売新聞)


4.部下力

先日書いたように、我が事務所の大ボスが11月に変わったのですが、以来、「彼が納得するための資料作り」「彼が理解するための会議」といった内向きな仕事が格段に増え、なんちゃって中間管理職(なぜ「なんちゃって」なのかは下の項※に記載)の小生としては、なかなか自分のやりたい仕事ができずに悩んでいるところです。これが過渡期的なものであれば良いですが、キャラクターを見ていると、どうもそうでもない(人って、だいたい1カ月も一緒に過ごせば、仕事ができるかできないか、高圧的な人かソフトな人か、プライドが高いかそうでもないか等、大抵のことは分かりますよね)。

ま、それでも反抗的な小生は、「こんなのやる必要ありますか?」「会議の時間がもったいないんで、先に実務レベルで話しときました」などと半分くらい押し返してますが。ちなみに、性格は穏やかでとても良い方です。

前の大ボスは、自分で手も動かしてくれる上に、部下には好きに仕事をさせてくれて最高でした。でも、そんな上司の下で力を発揮できるのは当たり前。サラリーマンたるもの、どんな上司であっても、ある程度のパフォーマンスを発揮できなくてはなりません。ふと、昔読んだこの本を思い出しました。この本で言うところの「風紀委員会型」だな、新しい大ボスは。

部下力―上司を動かす技術 (祥伝社新書)部下力―上司を動かす技術 (祥伝社新書)
(2005/06)
吉田 典生

商品詳細を見る


5.メンタルヘルス研修

上司から、管理職用のメンタルヘルス研修教材で学習するように言われたのですが、あまりに内容が面白くないので、職場の健康管理員からマンガ(を中心に分かりやすく書かれた本)を借りて学ぶことにしました。そもそも東京に戻ったら、まだ管理職じゃないし※(我が社の人口ピラミッド的に、上がめちゃくちゃつかえている)、家庭の心配ごとと仕事のストレスで、自分がメンタルを病んでしまうかもしれない状況なのに(ブツブツ)。

↑などと言っている奴は、実際には絶対大丈夫だと思うのですが、この本を監修した先生は、我が社の顧問医もやっているので、まあ、研修用教材とほぼ同内容だろう、ということで。分かりやすくて、面白いです。いろいろな仕事を持たされ、責任も重くなってくる、同世代のリーマン諸氏にもおススメです。

それにしても、「真面目で責任感の強い人がなりやすい」ってことは、小生、かなりマズいんじゃないかなぁww。

うつにもいろいろあるんです。 (オレンジページムック)うつにもいろいろあるんです。 (オレンジページムック)
(2011/02/24)
細川 貂々

商品詳細を見る
スポンサーサイト
20:07 | 日常・人間観察 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。