--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Fri.

年の瀬

年の瀬ですね。
とは言っても、半袖で過ごせる気候の中、こちらでは日本のような「年末感」は全くないのですが。

前回記事の続きです。

12月9日の発熱から今まで、血液検査を5回しました。
肝機能を示す、GOTとGPTの値が異常に高いです。
毎日、夜になると熱が37度を超えます(昨日は37.3℃)。

だからと言って、どうということもなく、仕事も1日も休んでないのですが。
倦怠感は随分取れてきましたが、まだ本調子ではありません。
もしかすると、ウイルス性の肝炎かもしれない、との医者の言。
日本では肝炎はA型、B型、C型のみですが、こちらではあと3種類くらい存在するとのこと。
(小生はA型とB型は予防接種済みで抗体があるので、その可能性は低いです。)

ということで、2週間後の再検査まで、一切のアルコールを断ちます。
こんなに長く酒断ちをするのは社会人になって初めてかもしれません。
何とも切ない年越しです(笑)。
ここでまだ肝機能の数値に問題があれば、精密検査です。
基本、大人しくして回復を待つしかないらしいので、そうすることにしました。


静かに読書でもして、独りで年越しをします。
ありがたいことにお誘いはいろいろ頂くのですが、今年は健康状態も精神状態も、何となく独りで過ごしたい気分なのです。
夏に日本から持ってきた本の中で、読めてなかったものを少しずつやっつけていこうと思います。

DSC00183.jpg

構造主義の超入門書。21世紀に今さら構造主義もないもんですが、高校時代に、ませた同級生の影響で「悲しき熱帯」を読んだ後、自分の中で20年も宿題として放置してきた(長っ!)、構造主義への理解を深めるための手がかり。もしかすると、レヴィ・ストロースの著作を読んだことが、自分の今の仕事の原点になっているのかも。って、んな訳ないか…(かなり強引な後付けでした)。ちなみに橋爪氏のこの本も、初版は1988年と非常に古いです。

DSC00184.jpg

さらに古い(と言っても、思想的にはニューアカなので構造主義よりはずっと後の)、初版1977年の岸田秀のロングセラー。新宿の紀伊国屋でつい手に取ってしまったもの。先日、泊まりの出張に持って行ったのですが、仕事で疲れていて真剣に読めなかったので再チャレンジ。ちゃんと集中して読まないと、頭に入ってこないのです。ロングセラーだけに、中身は大体何を言ってるかは先に知ってるんですが、2011年が日本にとって特別な年でもあったので、今でも色褪せていないと言われている近代日本の精神分析を再度おさらいしたく。


今年も色々な方の支えがあり、1年間無事に働けたこと、こうして呑気にブログを書いていられることに感謝します。
(本当は、呑気にブログを書いている暇があれば、日本に帰って家族の手伝いでもすべきなのですが…。)
皆さまも、それぞれに良いお年をお迎えください。
スポンサーサイト
23:43 | 読書 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Tue.

弱気の虫

いやー、参りました。
このブログでも何度も病気ネタは書いているんですが、生まれて初めて、「治らない風邪」的なものを経験しているところです。

仕事をしていて寒気を感じたのが、12月9日(金)の昼頃。その日に海外出張から帰ってくる上司に報告しなければならないことがあったので、仕事をしながら19時半まで待っていたのですが、どうにもこうにも寒気と震えがとまらず、部下にその仕事を押し付けて、家に帰ってベッドに直行しました。

それから、12日(月)の朝までほぼベッドから出ず。2日間完全休養したし、頑張るぞ!と思うも、どうにも倦怠感が取れず。毎日何とかごまかしながら仕事に行くも、長時間残業が辛い。夜はPCを開けることもなく、毎日ベッドに直行。

16日(金)に熱を測ると、未だ38℃近くある。何かがおかしい。
病院大嫌いな小生も、仕方なく病院に行って血液検査と尿検査をしました(17日(土))。
次の日(18日(日))も、検査結果比較のために採血。このときの技師が滅茶苦茶採血が下手で、何度注射針を刺しても一向に血が出てこない。しまいには針を刺したままアルコール綿を落っことし、すぐそばにあった、乾いた脱脂綿で針を刺したところを拭く始末。脱脂綿、めっちゃ毛羽立って肌に付きまくり。あなた、消毒の意味分かってる??これだから途上国で病院に行くのはイヤなんだ。

結局その土日も、他国関係者(米国・韓国)との親善サッカー大会をキャンセル(きっと隊員の誰かが記事にしていることだろう)し、家で大人しくしていました。

病院の診断ではgripe viral(ウイルス性の風邪)ということなのですが、それってインフルエンザのことでは?道理でこんなに長いことしんどい訳だ。

周囲(事務所メンバー)からは疲労とストレスが原因だろうと言われています。
確かに、11月に事務所のプロパー職員4人のうち、大ボスを含む2名が一度に変わってしまい、残されたのは小生とやや変人のNo.2。新しい大ボスは当然、当国の事情に詳しくないので、一つ説明に入る度に1時間以上は所長室から出られない。毎日帰れるのは22時過ぎ(朝は8時からですが、出張などがあれば6時半から働くことも)。また、新しく事務所に着任した人は上記2名に加え、さらに2名おり、新しい人たちへの公私にわたるオリエンテーションで、休日も生活インフラの案内をしたり、ご飯をともにしたり…。また現在、直属の部下が日本人と現地人合計で9人ほどいるのですが、通常業務時間中はひっきりなしに話し掛けられて仕事にならない、自分の仕事は18時半から、という状態が続き、少し疲れていました。

本日現在、まだ関節痛とダルさが残っているのですが、こんな記事を書いていられるくらいには回復しました。長いこと病気が続くと、「このまま治らないんじゃないか」とか「大きな病気だったらどうしよう」と、だんだん弱気の虫が首をもたげてきますが、我が家の家庭の事情的には、小生が倒れたら終わりです。妻の治療費も払えません(マジです)。ってことで、とにかく、父ちゃんは石に齧りついてでも、当地でのミッションを完遂するのです。

ちなみに、ウチの父は小さな会社を経営していたのですが、やはり自分が休むと収入ゼロになってしまうので、絶対に休みませんでした(物心付いてから、平日に家で病気で寝ている姿を見たことが無かった)。今頃になって知る、オヤジの偉大さ。

おまけ1:
当国で手に入る唯一の栄養ドリンク、レッドブル。今もお世話になってます。
DSC00154.jpg

おまけ2:
日本大使館員の奥様(韓国人)に差し入れて頂いた、キムチ&カクトゥギ。もちろんお手製。キムチの乳酸菌で免疫力UPです。ありがたいことです。
DSC00155.jpg

おまけ3:
薬のように物理的に効く訳ではないけれど…。心のおクスリって感じかな(エルサルバドルで撮った、古い写真)。
子供たち


いやー、本当に健康って大事だべな。
(当たり前過ぎるコメントで嫌になるが…。)
23:59 | 健康 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。