--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Mon.

我が家のルー大柴

なんて言っても、今の20代の人は分からないのだろうな…。

我が家の4歳の息子のことです。
いろいろと悩みも多いのですが、それは別の機会に書くとして、最近、スペイン語と日本語とのちゃんぽんで喋るので、まさにルー大柴のスペイン語版状態です。

・ropaをcambiarするよ(洋服を着替えるよ)。
・solitoで行くよ(独りで行くよ)。
・僕、こんなに遠くからsaltar(ジャンプ)できる。

といった具合。
ナチュラルに動詞の活用もできているのが癪に障る(笑)。
パパはそれを覚えるのにめっちゃ苦労したっちゅーねん。

さらに娘は、日本語で聞いてもsiかnoで答えてくるという、これまた筋金入り(彼女の場合、100%スペイン語でちゃんぽんにはしない)。
彼女の場合、これまでの短い人生の8割をこちらで過ごしているので、やむを得ません。
最近、兄妹2人きりにしておくと、スペイン語で会話しています。

そろそろ、日本人としてのアイデンティティを保つのが限界に来ているかもしれません。実際に、いろいろと弊害も起こってきています。何か手立てを取らなくては。いや、本当に。

親も便利な言葉は、ついついスペイン語を混ぜて使ってしまっているところはあるかもしれません。例えば、aprovechar(最大限活用する、上手く利用する)なんて言葉は、当てはまる概念が日本語に無く、ついつい職場でも使ってしまいます。

まずは、親が手本を示して教えないといけないようです。
ルー大柴は過去の人だということを。

ちなみに、有名なルー語変換によれば、当ブログのタイトルは、「江戸川ピュアハートスクール」だそうです。何のこっちゃ。
スポンサーサイト
23:55 | 日常・人間観察 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。