--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Tue.

批判するのは簡単だ。

当地のインターネット新聞で、大江健三郎の寄稿を取り扱っていた。ちょっとググってみたら、この御仁、ニューヨーカーとかル・モンドとか、世界中のメディアに同じものを発信しているらしい。
(※スペイン語族の方は、こちらから原文をどうぞ。↓)
http://www.elfaro.net/es/201103/opinion/3784/

中身は、要は原発批判、今般の事故への批判(天災ではなく人災だ、というもの)なのだが、こういう事態になると必ず後付けで批判が出てくるものだ。
彼はノーベル賞を取っているから、つい「エラい人なのだろう」と思ってしまうのが、(日本人に限らず)世界中の権威に弱い人たちの悲しい性だが、彼の思想は反日左翼そのもの。彼の書いたものを少しでも読めばすぐに分かる。しかしながら、権威に弱い人たちが多いので、なまじ影響力が強いのが問題だ。

こういう人たちは、原発に反対なのはいいけど、国土の狭い日本で持続可能なエネルギー調達をどう実現するかについての対案は一切出していない。太陽光?風力?バイオ?地熱?それ、本当に日本で実現可能?

ずっと原発に反対し続けている批評家(広瀬隆とか)ならともかく、水に落ちた犬を叩くように、ここぞとばかりに批判を繰り広げる輩には反吐が出る。じゃあ今まであなたは原発政策の恩恵を(間接的にでも)一切受けていなかったの?

現在起きていることは、あまりにも想定外の出来事。誰も経験したことのない事態に、どう対処しようかということを一瞬一瞬で判断しなければならない状況下、心ない批判を受けながら命賭けで作業をしている現場の方々のストレスたるや相当なものだろう。そのうち、自殺者が出るのではないかと心配だ。

訳知り顔で批判をするのは簡単だ。だが、その批判の殆どは後付けに過ぎず、何の解決策も示さないものだ。

日本のマスコミにしてもしかり。マスコミの存在感を上げるために批判記事を書きたいのだろうけれど、こういった国家的な危機に際して、どういった情報を出していけば国民が自主的な判断ができるのかというストラテジーが全然ない。AERAが軽率な表紙を出して謝罪したのがいい例だ。福島県の某新聞社など、東電をスポンサーとして持ち上げるだけ持ち上げて金をたんまり貰っておきながら、手のひらを返したように扇動記事を書いているのだとか。誰か、マスコミを教育してやってくれ。

当然のこととして、今回の事故は、原子力の代替エネルギーについての議論を惹起するだろう。そのこと自体は非常に健全で、むしろ望ましいことだ。また、首都圏が地方に危険を押し付けていること、これについてももっと議論されて良い。

だが、繰り返しになるが、後付けの批判ならサルでもできる。現在必要なのは、「今そこにある危機」をどう乗り切るかという知恵と、その危機に立ち向かう勇気だ。幸い、多くの方が日本を救うために、勇気を持って全力で任務に当たって下さっている。そういった方々、また、そのご家族の方々には本当に頭が下がる。心の底から感謝申し上げたい。にわか批評家ではなく、こういった方々こそが日本を救うのだ。

今回の震災で、日本はあまりにも多くのものを失った。しかし同時に、少なくとも3代にわたって語り継がれるであろう、強烈なinstitutional memoryをも獲得した。誰もが自己、社会、国家などについて見つめ直すきっかけを与えられた。電気のある生活、ガソリンが不自由なく手に入る生活、電車が時間どおりに来る生活、がいかに有り難いか。日本がとてつもない国であることも確認できた。困難なミッションに命を賭けて立ち向かう方々もいる。そのことが救いだ。

外野にいて、震災による不便を一切経験していないくせに、という批判は甘受しつつ、感じたことを書いてみた。


追記:
本日、日本大使館に設けられている弔問記帳に行ってきました。
多数の記帳とともに、当国大統領の記帳もありました。
スポンサーサイト
23:14 | 時事・社会 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Mon.

2011.3.11

その日は、朝6時に緊急連絡網を回すように、との上司からの電話で目が覚めた。
何でも、日本が地震で大変なことになっていて、その余波で当国にも津波が来るかもしれず、海岸沿いや島に住む関係者に避難を呼びかけなければならないのだという。

そんな凄いことになっているのか、と寝惚け眼でTVを点けると、CNNエスパニョール(CNNのスペイン語チャンネル)が凄い映像(津波)を流している。到底、これが今自分の祖国で起きているとは思えないような、映画の世界の中のような映像。しかも、一日中、日本の地震のことが流れている。

職場に出勤し、連絡が取れなかった人に再度連絡網を回しつつ、関係者家族の安否確認。昼休みには、家族や友人の安否確認をする。長野で震度6の地震というニュースを目にし、慌てて実家に電話。幸い自分と家族の関係者は無事の確認が取れたが、仙台出身の同僚は、家族の安否確認ができるまで少し時間が掛かっていた。

事務所には各機関からのお見舞いのレターやカウンターパートからのお悔やみのメールが続々と届き、スーパーのレジで、オフィスのエレベーターで、自宅マンションで、会う人会う人が言葉を掛けてくれる。また、こちらの有力財閥が日本に相当額の寄付をしてくれるという。

未だに日本の災害のニュースは、当地を含む世界中を駆け巡っているが、英語メディア、スペイン語メディアをチェックした限りでは、「日本だからこの程度の被害で済んだ」「避難所生活でも混乱が発生しない、自己コントロールのできた国民性」といった報道振りが多い気がする。あとは、現地新聞などを見ると、原発対応にも注目が集まっている。

日本だから、というのはそのとおりだと思う。東京なんて、あれだけ高層ビルが建っていて、免震構造でないものばかりだったら、どうなっているのか。また、いろいろと問題はあると思うが、国民が揃って節電に取り組んだり、物資の配給にも譲り合いの精神が見られるのは、日本人の精神に根付いたものが大きいだろう。

こちらにいると、義捐金を寄付することくらいしかできず、日本にいて何か直接役に立てないのが本当にもどかしい。ただ、世界がその惨状を憂い、また、その復興に注目している。いつもこのブログでは、沈みゆく日本を憂慮してばかりだが、今回ばかりはその底力に心から期待したい。そして、一人でも多くの方の生存と、一日でも早い復興を祈りたい。
22:58 | 時事・社会 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Mon.

前原辞任

たった5万円で?

いやはや、日本の外相ポストも随分軽いものだな。
そんなことやってるから、世界中からなめられるんだよ。

規則の方が時代に即してないなら、そちらの方を見直すべきじゃないの?
本当に脱力させられるな、末期症状の民主党には。


追伸:
ツイッター、やめました。ブログと役割が違うのは理解できるけど、モバイル環境でもないし、あまり自分の感覚に合ったツールではない。頭のいい人のツイートなんかを読むと、めっちゃ勉強になるし、ツイッターから取れる情報も多いというのは、そのとおりなんだけどね。
23:09 | 時事・社会 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Wed.

海外なりに(桃の節句)

NZの地震で亡くなった(特に)邦人の方には心よりご冥福をお祈りしたいと思います。
若者の内向き志向が叫ばれる中、海外に羽ばたいていくことを夢見て留学していた若い力が亡くなってしまったのは、国としても大きな損失です。

さて、最近2歳になった娘の桃の節句を祝うのに、当然のことながら、当地では雛人形がありません。ということで、妻がweb上で雛人形の工作を見付け、プリンタでコピー用紙に印刷して作ってくれました(データはCanonの公式HPからDL)。飾り台はプリンタに風呂敷を掛けたもの。
DSCF0251.jpg

娘は日本に生後半年しかいなかったので、こちらの生活の方が随分長い(初節句もきちんとできなかった)のですが、日本人としての心みたいなものは(まだ小さくて、きっと分からないとは思いますが)きちんと伝えていこうと思います。

さて、明日はちらし寿司でお祝いだ。


3/3追記:
妻が箱寿司を作ってくれました。
この国にある材料だけでよく頑張った。お疲れさん。
DSCF0256.jpg
23:11 | 日常・人間観察 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。