--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Tue.

社会復帰へのカウントダウン

今さらながら、、、ですが、明けましておめでとうございます。

間もなく、1カ月にわたる一時帰国が終了しようとしています。嗚呼。2週の間に数日間、本社での会議へ出席しつつ家族呼び寄せの準備をした前回(一昨年の8月)とは違って、今回はほぼ完全に仕事のメールには目を瞑って純粋に楽しみました。一所懸命に仕事をしている世間の皆様、申し訳ありません。

今回も、父の手打ち蕎麦に母の作る小生の好物、自宅で漬けた梅酒に温泉と、かなりだらけた生活を送ってしまったので、帰国前に折角減らした体重もV字回復してきています。健康診断結果を詳細に読むと、どうやら尿酸値が高く、善玉コレステロールが少ないようなので、資格審査もギリギリ通ったみたいです。エルサルバドルに帰国後は、時間を作って、少しでも運動をしたいと思います(何度も書いているとおり、治安上外を歩くことは禁止されているので、普通に生活していると全く運動する機会がありません)。

日本で、そのようなだらけた生活を送りつつも、洗った髪の毛が凍るほどの外気温の中、眼前に迫る連峰を眺めながら露天風呂に入っていると、本当に心が落ち着きますし、「あぁ、やはり自分の原点は日本だなぁ」と感じました。ということで、充電完了しましたので、帰国後もバリバリ行きたいと思います。

また、父親が畑仕事や趣味のマンドリンをやりながら、かなりの量の本(毎月10冊以上)を読んでいることにも驚かされました。ま、時間はありますからね。小生が実家に持って行ってコタツで読んでいた本を指し、「あぁ、それは読んだ」と。「今の人たちは日本が傾いてきている中、昔より少ない人員で(後ろ向きなものを含め)多くの仕事を与えられて大変だろうな」と同情してくれました。まあ、オヤジが育てた子供はそんなにヤワじゃないから大丈夫よ、と返しましたが。

子供たちにも、父の畑でのニンジン掘り、近所の池に飛来するカモとの交流など、貴重な機会になったようです。
DSCF0046.jpg DSCF0066.jpg

改めて言うほどのことでもありませんが、こういうリフレッシュの機会は極めて重要ですね。普段、割と仕事人間の小生ですが、向こうに戻ってからも、休む時はきちんと休もうと思いました。そして、事務所内における自分のチームのみんなにも積極的に休んで貰うように、普段の仕事の進め方を工夫してもらうことにします。

【おまけ(ラテン族にしか通じないネタです。申し訳ありません。)】
昨日、鏡開きで、小生と妻がぜんざいを食しているのを見た我が家の長男(もちろん、ぜんざい未経験)、「ぼーくーもー、フリホーレスのおみそしる飲みたいよー!!」ですと。うーん、奴は既に日本人ではないですな。

とまれ、今年も宜しくお願い致します。
スポンサーサイト
19:50 | 日常・人間観察 | comments (10) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。