--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Sun.

外国人から見た日本

Googleニュースのリンク先で、面白い記事を見つけた。
http://labaq.com/archives/51514331.html

※リンクがすぐに切れてしまったときのために、記事を保存してあります。
 ご関心のある方はmixi、twitter、コメント欄等でお知らせください。

まあ、日本で言えば2chレベルの話なのかもしれないけど、良い意見も悪い意見も含めて、よく見ているな、と。



昨日、マンション内の敷地で子供を散歩させていて、また例のイタリア人の友人・フランチェスコと随分話をしたのだけど、やはり中間層が安定していることは大きいと思う。それは、収入的にも、能力的にも。

小生は、この国(エルサルバドル)の問題点として、固定資産税、相続税が存在しないことを挙げ、それでは階層の交代が起こらない(貧乏人は一生どころか代々、貧乏人のままである)ということを述べた。固定資産税がない国は、確か、貧富の激しいラテンアメリカにも3か国しかなかったような気がする。超大金持ちか、貧乏人か。真ん中がいない。

それに対して、繊維工場における労働者の管理も仕事の一部である彼は、工場労働者のレベルが低いことを嘆いていた。管理職レベルが沢山いても、工場は回っていかない、と。つまり、一部の大卒の人たちと、一般労働者の間に開きがあり過ぎて、日本で言う熟練工(より正しく言葉の意味を捉えたい方はググってね)のような、現場を支える、中間層の人たちがいないのだ。

彼のこの意見にも全く同意で、我が社でも職業訓練校(日本で言う短大、高専レベルの学校)の能力を強化するプロジェクトを実施中だ。



ということで、中間層の安定は日本の社会の安定に随分寄与していると思う訳だけれども、この記事を読んで1つ意見を述べるとすれば、それに胡坐をかいていると、あっという間に治安も貧富の差も、中国、米国レベルに落ちる可能性はあるよ、ということ。

ちなみに、米国同様、イタリアにも国が提供する健康保険は存在しないのだそう。
この程度の社会保障費でそれを提供している日本って、やっぱり凄い!
スポンサーサイト
08:29 | 時事・社会 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Sat.

家庭環境

前回に引き続き、育児ネタです。


同僚から分けてもらって、家でカスピ海ヨーグルトを作っていたりするのですが、先日、元になる牛乳がなくなっていたので、買い物の際に牛乳も買ってきてくれるよう、妻に依頼しました(我が家ではアレルギーの息子はもちろん、小生以外、全員豆乳派なので、言わないと冷蔵庫に置いてもらえない)。

ですが、このところ少し忙しかったのか、若年性アルツハイマーが始まったのか分かりませんが、2回くらい連続で妻が買い忘れたのです。

それを聞かされた小生、「なにーーーっつ!」と、妻に対して、殴る蹴るの真似ごと(暴力を振るうふり)をしました。ここまでは、これまでに我が家で何百回と繰り返されてきた、よくあるおふざけコミュニケーションの一環です。


ところが、それを見ていた息子が、自分が怒られたときの100倍は悲しそうに、
「パパーーー、ダメだよ~~っ!!」
と真剣な目で泣き叫ぶではありませんか。
目を見開き、何としてもこれを止めなければという悲壮感をにじませ、全力で泣く息子。

思わず我々夫婦ももらい泣きしてしまいました。


もちろん、事情は説明しましたが、分かってもらえたのかどうか…。
子供の心はかくも純粋で傷つきやすいものなのですね。
これじゃ、本当のDVがある家庭や、常に両親が冷戦状態にあるような家庭で育つ子供の心に刻まれる傷の深さはいかばかりか。。。


ということで、家庭環境って大事なのね、というお話。
我が家は仲は良い方だと思うけれど、それを保つ努力も続けなければ、と思わされる出来事でした。
21:53 | 子供・育児 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Sun.

子供の教育

別に教育パパになりたい訳でないのですが、海外にいると(教育熱心な妻の影響もあり!?)子供の教育について考えざるを得ません。

我が息子、トイレに貼っておいた表を見て、ひらがな、カタカナ、アルファベットは既に2歳前に読めるようになっていたので、これは本を自分で読んだりする上でかなり大きかったのですが、やはり日本の幼稚園に通っていた同僚の子供(同学年)と比べると日常会話の語彙がやや少ないような気がします。その分、スペイン語は覚えているのでそれはそれで良いのですが、日本人としての教育もおろそかにできません。

また、どうせ仮の住まいだからと、なるべく物を買わないようにしていることもあり、先日訪ねたイタリア人家庭と比べると、おもちゃもやや少ない。こちらは、想像性が十分育つかが心配です。

人と比べているときりがない。ただ、できるだけ良い環境は与えてやりたいと思うのです。そろそろ、最もメジャーな幼児教材、しまじろう先生の出番でしょうか。高いけど、海外発送もしてくれるらしいし。レゴブロックも本場米国のamazon.comから取り寄せなくては。自転車も買って…。あゝ、お金が幾らあっても足りません。日本に持って帰れる訳でもないのに。

本当は小生の子供時代のように、木登りとかかぶと虫取りとかもやらせたいのですが、それはこの地では難しそうなので、あきらめざるを得ません。

手作りおもちゃについては、妻がかなり頑張ってくれています。

お手製の通称「ブーブーマット」。日本にいるときから使っているので、かなりくたびれています。また、我が息子、ここに「工事現場」と「パパの会社」を付け足すことをご所望の様子。
DSCF0161.jpg

同じくお手製の時計。最近、これを息子が持ってきて、「この時計で3時だから、おやつを食べようよ~」と言うのに閉口してます(さっきご飯食べたばかりだろっ)。
DSCF0163.jpg

これは効果が高い、子供が興味を持って取り組む、あるいは、このおもちゃはおススメ、というものをご存じの皆様、是非アドバイス頂けますと幸いです。一時帰国の際に仕入れてきます。
23:37 | 子供・育児 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Mon.

減量

この記事で予告のとおりです。

我が社の健康診断が異常に厳しいことは以前から書いているとおりですが、12月中旬の一時帰国に向け、計量をパスするためのダイエットを開始しました。キリが良いので、自分の誕生日に。

運動するのは、時間が取れないことからまず無理なので、この方法でやってみようかと。
朝はフルーツだけ。夜もできるだけ21時までには家に帰ってきて夕食、それ以降は食べない。

ほとんど娯楽の無いこの国で、食べること、飲むことを取ったら何が残るのだ、という気がしなくもありませんが、ひとまず頑張ってみます。
目標はマイナス5kg(こちらに来る前の体重)。
結局、所詮は計量なので、パスすれば良いのです。なので、先日の亀田弟ではないですが、最後は絶食も視野にいれています。

無事に戻って来られるよう、応援してくださいね!
(※小生の同期が5年ほど前にこの国に赴任して、一時帰国の際に戻れなかった例あり。理由は肥満ではありませんでしたが。)
また結果報告します。
22:07 | 健康 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。