--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Mon.

飼い犬に手を咬まれる

オフィスの引越しがあって、先週からずっとバタバタしていました。
日本人の数が少なく、しかし、運ぶべき書類はとてつもない量なので、自宅の引越しよりはるかに大変ですね(全てを運ぶだけで3日間かかりました)。
土・日の両方とも休めないと、さすがに体に響くお年頃になってきました(しかも休日出勤の内容が、結構な肉体労働だし…)。
それでも、古民家を活用した、アリやゴキブリの常駐するオフィスから、最新のオフィスビルへ。
ようやく普通の環境で仕事ができるかと思うと、少しだけテンションも上がります。

そんなこんなしている間に、娘はいつの間にか歩き出し、また、いつの間にか1歳の誕生日を迎えていたのでした。本当に1年経つのは早いです。

そんなドタバタ劇のような日々の中で、先週、少し残念なことがありました。
家族が到着して以来働いて貰っていた、住み込みの女中(メイド、お手伝いさん、家政婦、呼び方はいずれでも)を解雇したのです。理由はよくある話ですが、食堂に置いていた妻の財布に手を付けてしまったこと。

妻が少し問い質しただけで挙動不審であったので、彼女がやったことは明らかなのですが、一応小生からも確認しました。無論、非を認めることはありませんでしたが、発覚したのが午前で、お昼休みには解雇を告げました。「盗人に追い銭」ですが、退職金も給料の半月分くらいは支払って。どんな人間と繋がりがあるか分からないし、きちんとしておかないと報復も怖いですからね。

以前書いたように、妻とは料理を教え合ったり、女中(かなりの巨漢)の洋服を妻がミシンで仕立て直してあげたりするくらいのフランクな関係を築いていました(こちらの通常の感覚では、主人が女中の服を直すなど考えられない)。給料は相場の倍以上、食べたいもの(特にアイス、チョコレート等の甘いものが好きだった)は何でも買ってやる、広い家に清潔なベッドと、これ以上ないくらいの条件で働いていたのですけどね。魔が差したのでしょうか。

財布を置いておいた方にも多少の非はありますが、それに手を付けるのは絶対にご法度、ということは分かっていたはずなんですけどね。彼女は以後、このような好待遇で働けることは一切ないでしょう。何事も、失って初めてそのありがたみが分かるのですな。

妻がこちらに到着した頃に、住み込みのお手伝いさんがいてびっくり、とmixiの日記に書いたところ、「絵に描いたような駐在生活だね」というコメントをした方がいたのですが、家の中に他人を入れなければならないのは、結構面倒なものなのです。入れなければ入れないで、こちらの人たちから「自分たちよりよほど稼いでいるくせに」という陰口を叩かれます。信頼できる人が見つかった、と思ったら、飼い犬に手を咬まれたり、上記のように、今後の報復にもある程度気を付けなくてはならない…。

それにしても、子供たちもすっかりなついていたし、家族同然に接していた人だったので、かえすがえすも残念な出来事でした。
実際に、妻は最も接する時間が長かっただけに、結構なショックを受けていました。
長い駐在生活、これからもいろいろなことが起こるとは思いますが、淡々と受け入れていこうと思います。
スポンサーサイト
06:51 | 日常・人間観察 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。