--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Tue.

この歴史的な日!

なんだろうな、勝った方にとっては。

今から4時間後に起きて、朝の便でニカラグアに出張に行かなければならないのだが、さりとて、この歴史的ネタの鮮度を落としてしまうのも、ブロガーとしては避けねばならないところ、夜な夜なPCに向かっている。

歴史的ネタとは、既に新聞報道等でご存じの方もいらっしゃるかもしれないが、また中南米の地図で、赤く塗られた部分が増えた、というもの。すなわち、新たな左派政権の誕生だ。

さすがはアカ日新聞のサイト、2ページにわたって取り上げている。
http://www.asahi.com/international/update/0316/TKY200903160314.html

中南米では、キューバ(フィデル・カストロ)、ベネズエラ(ウーゴ・チャベス)、ボリビア(エボ・モラレス)等の国、指導者が急進左派であることは知られているが、既にブラジル、アルゼンチン、チリ、ペルー、ウルグアイ、エクアドル、ニカラグア、グアテマラで左派政権が誕生しており、メキシコも2006年度大統領選では僅差で敗れたが依然左派の影響力は強く、ホンジュラスでも右派である筈の大統領が、昨年秋、米国大使の信任状を拒否したりと、左傾化の動きが強まっている。

この地図の状況より、さらに状況は進んでおり、もう「真っ赤っか」と呼んでも差支えないだろう。

政権の座に就いたのはファラブンド・マルティ民族解放戦線(FMLN)。旧内戦時代のゲリラ組織である。ニカラグアでも2006年に、有名なサンディニスタ民族解放戦線(FSLN)が政権を取ったが、この流れは続いているのだ。
FMLNの実際のカラーはどうかと言えば、その支持層は主に貧困層が多く、対立政党の旗に火を付けて燃やしたりと、政治運動もかなり過激である。支持者も、前政権党の民族主義共和同盟(ARENA)の支持者と比較すると、はっきり言ってガラがよろしくない。
新たに大統領となる党首、マウリシオ・フネスは、自らが掲げる「穏健」左派路線を本当に取れるのか。市民には未だ、左派(ゲリラ)アレルギーが残っている。

それにしても、、、
エルサルバドルは地図上で見ると、本当に本当に小さい国だ。しかし、アメリカンポップが好まれ、子供の名付けも米国風の名が多く、また、自国通貨をドルに変えてしまうほどの親米国。そんな国で左派政権が誕生した意義は、国土面積に比してとてつもなく大きい。
米国は自国の裏庭(中南米)で盛んに官(ODA)・民(民間資本)挙げての投資を行い、一所懸命に忠実な家臣を育てようとしたが、どんどん思う方向と逆に行っているのは皮肉なことである(なお、大戦後のマーシャル・プランも、日本への援助も反共目的だったということを知らない方が意外と多いが、アメリカの援助の歴史は、ざっくり言って反共→資源→反テロである)。90年代前半には、「社会主義は失敗だった!」と声高に叫ぶ米国人をメディアで見たが、今や、資本主義も失敗だったのではないか、とさえ思える(貧富の差がますます激しくなる日本を見ても、同じことが言えるのではないだろうか)。

我が国も他人事ではあるまい。使うべき局面で「適切に」兵器を用いてくる中国に国土を占領されたら、我が国もあっと言う間に赤く塗り潰されるのだ。そしてそれは、そう遠い将来のことではないと小生は考えている。今の弱腰な外交が続く限りは。

悪乗りする訳ではないが、小生も侘しい一汁・一菜・一ビールの夕餉のうち、ビールを赤いものにしてみた。ちなみに、投票日の前日及び当日は、馬鹿騒ぎをさせないように、酒類の販売は禁止される。
しっかし、昨晩は一晩中そこかしこで爆竹が鳴ったり、雄たけびが聞こえたりして、うるさいこと、この上なかった…。
めし

役所の部長以上はみんな変わるから、我々のやっているプロジェクトや協力内容も、また一から説明し直し、そして、先方が求めるものを政策対話などの場で探っていかなければならない。
さて、褌を締め直すぞ!
スポンサーサイト
15:12 | 時事・社会 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Tue.

時差ボケで眠れない

タイトルは本文とはあまり関係ありません。

久し振りにエルサルバドルに戻ってきました。
(どうでもいいことですが、帰りの飛行機で、現在は米国でプレーする元サッカー日本代表の鈴木隆行を見ました。)

日本では飲み会にも行かず、家族と過ごすのみでしたが、小生の人生の中でも指折りの、とびきり幸せな2週間でした。こういうのをリフレッシュというのだろうなぁ、と社会人になって初めて実感しました。いろいろ心配の種もありますが、やはり家族は一緒に過ごすべきだと再認識。昨日より社会復帰しましたが、落差が激しすぎて何とも言えない気分です。

その間に、、、
・長男がアトピーのみならず、喘息を発症して今後が思いやられること
・(近年まれにみる愚策)定額給付金は2/1生まれの子供までしかもらえず、海外暮らしの小生ももちろんもらえず、我が家では2人のみが対象であること
・産婦人科の料金が(産科医療補償制度を差し引いても)、この2年でかなり値上がりしていること
・「きかんしゃトーマス」は、どちらかと言えばアニメというより人形劇であること
・日本の道路は、幅がかなり狭かったこと
・日本食が美味くて、自分史上最高体重を更新してしまったこと
などが分かりました。

日本からは
・炊飯器
・リージョンフリーのDVDデッキ
・食材(米、味噌、だし、削り節、ふりかけ、缶詰、梅干、煎餅、乾燥わかめ、スープ類、酒類等)
・食器(箸、茶碗、お椀等)
・調理器具(ざる、ボール、おろし金、菜箸、電子レンジ用ふた等)
・寝具(タオルケット[こちらには存在しない]、枕)
・トイレタリー(歯ブラシ[こちらのは大きすぎる]、整髪料、化粧水等)
・文房具(水性ボールペン等)
・洗濯用角ハンガー
・子供の絵本類
・電子辞書
・日本製の煙草
・頼まれもの(アリの巣コロリ、急須等)
などをスーツケース2個にびっしり詰めて持ってきました。

帰ってきたら、しばらく動かしていなかったせいか、もともと弱っていた車のバッテリーが上がっており、即交換となりました。全く、車が無いと歩いて30分の距離にも行けないというのは不便なものです。

とりとめなく、また、オチもありませんが、ひとまずの安着報告ということで。
18:55 | 日常・人間観察 | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。