--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Tue.

独り身の気軽さ

【小話その1】
エルサルバドル、夏服しかいらないのは楽で良いのですが、1年中蚊がいて困ります。しかも、こちらの蚊、刺されると日本の蚊よりも固く、大きく皮膚が腫れます。当然痒さも2.5倍(小生比)。日本にいる時分から、家族の中で小生ばかりがやたらと刺されていましたが、血の美味しさは世界共通なのでしょうか。全く、昆虫のくせにグルメな奴らめ。

【小話その2】
また、ガラスに激突しました。今度は歯は折れませんでしたが、手に持っていた料理を床にぶちまけました。小生の歯の身代わりになってくれた料理君たち、ありがとう。いやー、ピカピカガラス恐るべし。どこにトラップが仕掛けられているか分からないぜ。ふぅ。



さて、前振りに特段の意味はありません。
相変わらず、独身もとい単身生活を謳歌しています。

さんざん当ブログでも愚痴っぽく語っていますが、単身赴任にはメリットもあります。
・家族の安全や心身のケアまで心配する必要がないこと。
・好きなだけ(というと語弊がありますが、自分で納得するまで)残業・休日出勤できること。
・休日に、自分の時間が持てること。
・浴びるほど飲んでも、誰も怒らないこと。
などなど。

でも、あるときふと思いました。
「自分が休日好きにしている間、誰かが自分の放棄している仕事をやってくれてるんだよな」

つまり、日本にいれば休日くらいは子供と遊んだり、世話をしたり、父親らしいことをしなければならない訳ですが、その役割を妻の実家の義父、義母がやってくれているのです。
職場なら、小生が辞めても代わりは幾らでもいますが、家庭ではそうではないにもかかわらず。

ま、当たり前っちゃ当たり前ですが、
「自分、周囲に迷惑掛けて生きてんだなぁ。結果出さなアカンなぁ」
と。

喜怒哀楽激しい当ブログですが、たまにはそんなことも考えたりするのですよ。



【小話その3】
今日のかなり笑えた話(職場の先輩のブログからのパクリ)。
Financial Timesの記事の最後の段落。
ブッシュ大統領の業績を二言で言うと…。
いやー、日本の大新聞には、このセンスは真似できないだろうな。

(1/24追記)
上の記事、すぐにリンク切れになったようなので、答えはこちら↓↓(反転させてみてください)。

ブッシュ大統領の業績を二言で言うと、『バラク・オバマ』だそうです。
って、日本語で書いても全然面白くないな…。
スポンサーサイト
14:07 | 日常・人間観察 | comments (10) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Sun.

汚れつちまつた悲しみに

明けましておめでとうございます。
って、遅すぎですね。

小生の生活は何一つ変わっていません。個人的仕事納めは1月1日でした…。
でも、昨日は金曜日だったので、「あー、酒でも飲まないとやってられねぇ」とか言いながら、同じ時間に残っていた現地スタッフや日本人スタッフを引き連れて飲みに行ってきました。よって、本日の精神衛生状態は少しだけいい感じです。ま、この分を休日出勤で埋めてるので意味無いんですけど…。

さて、昨日の飲み会で、「相手を選ぶときに、顔から入るか中身から入るか」という中学生レベルの会話がありました。酒場での話題なんて大概がくっだらないものばかりですがね。
その証拠に、昨日は避妊具(コンドーム)の俗語を2つ覚えましたよ。
・bolsa de basura (直訳すると「ゴミ袋」)
・cachucha(直訳すると「帽子」、英語のcap)
帽子はともかく、あれはゴミになっちまうのか…。

おっと、話題が逸れました。そうそう、以下の話題も本当に下らないので、不快な思いをしたくない方は、この辺で止めといてくださいね。話の起こりは、現地スタッフE君の恋愛問題。現在遠距離なのですが、先日彼女から、「関係を見直したい」と突然言われたのだそうです。E君の彼女、お世辞にも綺麗とか美人とか普通とか十人並みとか言えないタイプ。気性も激しく、どちらかと言えば、このチャンスを逃すと結構厳しいんじゃないかな、くらいの感じの人です。

なので、みんな彼に「お前ならもっといいの捕まえられるよ」「次行こう、次」みたいなよく分からない慰めの言葉を掛け、「じゃあ次はどうする?」という流れで上記の会話に繋がっていったのです。

その場にいた日本人、みんな30代以上だったのですが、流石は皆さん大人。綺麗ごとでなく、「まずは見た目からでしょ」という答えをしていました。現地スタッフの意見は、割れていましたが。

小生、もちろん見た目は重要。前提条件、最低条件、入場券に搭乗券。ずっと一緒にいるんだから、当然です。生理的に好みでない人と長く一緒にいることはできません。あ、もちろん自分基準なので、別に他の人から評価されるような人である必要は全くありません。

何年か前なら小生も、「やっぱり中身が重要でしょ」って、優等生的な答えをしていたのですが、サクッとこういうことを言えるようになったことに、自分が汚れてきた(大人になってきた)んだな、と感じました(当然、中身「も」重要です)。

【おまけ】
3日間の正月休みに何をしていたかというと、関係者をウチに呼んでカレーパーティーをしました。このブログに小生のカレーが出てくるのは、何度目でしょう…。

毎度毎度のカレー。
DSC05680.jpg

豆腐サラダ。お手製ドレッシングとともに。
DSC05678.jpg

プリン。こちらもお手製のカラメルソースと一緒に。
DSC05681.jpg

お酒もふんだんに用意。
DSC05679.jpg

これらの他、つまみを何種類か。

なかなか楽しんでもらえたようで、良かったです。
夜中の1時頃まで、ひたすら飲んでました。
また若者たち(一部同世代含む)を呼んで、まったりやりたいなと。
場所と食べ物と酒は惜しみなく提供しまっせ。
12:49 | 日常・人間観察 | comments (12) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。