--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Sun.

屁理屈を付けよう。

今日も今日とて酒に溺れる三十路リーマン、またまた随分間が開いてしまいました。

Super(ここは一つ、スペイン語読みで「スーペル」と読んで頂きたい)前任者のプレッシャーが大きい話は前々回の記事でしましたが、最近では少しずつ開き直りつつあります。だって、小生は彼ではないし、彼と同じようにはなれないから。そして、馬鹿は急に利口にはなれないから。だもんで、彼とは違ったやり方で、仕事に自分なりの付加価値を付けられたらいいな、と思います(これって、逃げてるのかなぁ)。

と言いつつ、相変わらず余裕はなく、状況にもあまり変化なし。良い話と言えば、上記のように開き直れるようになってきたこと、正式なナンバー2が間もなく着任すること、耳が慣れてきたので、相手の話をほぼ理解することができるようになってきたこと、程度でしょうか(でも、自分はそんなに上手く喋れない…)。

あ、サルサバーにもデビューしました(こう見ると、良い話、意外とあるな…)。

逆に悪い話もあります。

早速、車で事故やりました。運転の荒い路線バスの後ろに付けていて急停車され、ブレーキを踏むも間に合わず。バンパーとライトが軽くダメージを。もちろん、向こうのバンパーにも。日本なら、いくら相手が急停車しても、こちらが前方不注意ということで圧倒的に不利ですよね。しかし、まあこんなことはよくあるのでしょう(もしくは、もともとボロボロのバスの車体が少しダメージを受けたくらいでは何も思わないのか)、路線バスからは誰も降りて来ず。そのまま行ってしまったので、小生もそんなものかと思い、そのまま職場に行くと、職場の運転手から「cabronさん!その車どうしたんだ!何ですぐ俺に連絡しないんだ!!」と怒られてしまいました。彼は、事務所スタッフ全員の車の購入から、保険加入、事故対応、定期点検、売却まで、車のこと全般を面倒見てくれているのです。運転手という職種から、給料は決して高くはないのですが、車のことなら何でも任せろ!という誇りを持って仕事をしてくれるので、本当にありがたい存在です。連絡怠ってすんません。

という訳で、唯一の移動手段である車が、もう2週間も修理工場に行ったままです。どうもライトのカバーが見つからないらしいのですが、それにしても、どこに行くにもタクシーを呼ばなければならないのは面倒極まりなく。

ふぅ。相変わらず前置きが長いですが。

さて、ようやく現場(に近いところ)に出た小生ですが、我が社の事業の主役は、我々職員ではありません。我々はあくまで黒子で、極めて大雑把に言うのであれば、ヒト・モノ・カネをどう動かして、どう調整したら、援助が必要な現場に理想的な形で届くか、を考えるのが仕事です。

主役は誰かと言えば、上記の「ヒト」の部分にあたる、我々が途上国に派遣している様々な関係者の方々です。それはボランティアだったり、プロフェッショナルだったりしますが、皆さん、その特技を活かして現場で活躍されています。

そんな現場の関係者から聞いた話で、こんなものがありました。

その方は、現場で助産婦として活動されているのですが、10代の妊娠が極めて多く、その多くがシングルマザーなのだそうです。父親はどうしているかというと、大抵が既に他の女を作って、そちらに行ってしまっている。

では何故、そんなに若いうちから妊娠してしまう女性が多いのでしょうか。

・性教育が十分でない。
・他にすることがない。
・宗教的に堕胎の習慣がない。

どれも要因の一つとして数えることはできるでしょう。しかし、一番の原因は、両親の性行為を見て育つ子供が多いからなのだそうです。小生の住む首都は、それなりに都会で、一見とても発展した国のように見えます。しかし、地方の農村部に行くと、1部屋しかない家に10人以上の家族が雑魚寝をしている光景などは珍しくありません。そんなところで、TVも無いような家であれば、他にすることもなく…。それを見た子供たちも、性についてろくな知識を持たないまま、見よう見まねで幼い頃から始めてしまうのだとか(近親相姦も、かなりの数あるでしょう)。

正直なところ、我々の活動は本当にちっぽけで、焼け石に水なのかもしれません。結局、国全体が相当発展しなければ、一部屋しかない家に一家10人が住む状況は変わらない(きっと戦前の日本でも、そんな状況はあったことでしょう)。そして、こういった事柄に対して、よそから来た人間が何かしようとするのが本当に正しいのかも分かりません。でも、その方は10代の母たちに向かって必ず、「あなたは、それで幸せなの?」と聞くそうですが、諦観の返事をする子はいても、肯定の返事をする子はいないそうです。

もし、自分のやっていることが、(ほんの爪の先ほどでも)巡り巡ってそういった人たちの役に立つのならば、今のところかなりしんどい、自分が試されているこの現状に耐える価値もあるのかな、などと無理矢理自分のモチベーションを上げるための屁理屈を考えながら、その話を聞いたのでした。
スポンサーサイト
23:46 | 仕事 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Sun.

練習中

えっと、久々の更新です。

あれほど熱望して、ようやく出られた現場なんですが、めちゃめちゃ仕事量多いです。プロパー職員で日本から派遣されているのは、ヒラ職員2名に所長だけだから当たり前なんですが。現時点では自分が総勢25名ほどいる事務所のナンバー2、ということになってしまうのです。ヒャー、ありえない…。

どのくらい仕事があるかというと、勤務時間は8時~17時(慣習により昼休み2時間挟む)なのですが、17時に帰れるなんてことは皆無どころか絶無で、毎日23時、24時まで仕事をしています。帰り道の車の運転、結構怖いです。信号で止まった際、ホールドアップに遭ったらアウトなので、ほとんど車が走っていない夜中は、なるべく信号無視して止まらないようにしています(こっちで働く関係者が習慣的にやっている“マイルール”)。

休日も何か必ず入っていて、大体土日のどちらかは休日出勤していますし、やれ新しく来た関係者の歓迎会だ、日本から来ている調査団の接待だ(今までは出張する側でしたが、今度は迎え入れる側な訳です)と、今まで完全フリーだった休日は1日たりともありません。

んな訳で、前回書いた件とも相まって「パトラッシュ、もう僕は疲れたよ」的状態なのですが、まだ天に召される訳にもいかないので、もう少し気張ってみます。

(現場が嫌になった、とかそういう訳では全くありません。そもそも、嫌になるほど働いていないので…。)


さて、車の運転と書きましたが、そう、車を手に入れました。6年落ちのHONDA・CR-Vを9,000ドルで前任者から購入。少しばかり問題なのは、?左ハンドル(そりゃそうだろ)、?マニュアル、?車幅が(多分)日本モデルよりかなり大きい、?サンサルバドルは急な坂道だらけ、?みんな運転が荒い(=危ない)、ということ(ぜんぜん少しじゃないや)。まあ、慣れの問題なんですけどね。

今までの車より車体が重いのか、自分が下手なのか(ま、後者なんだけどさ)、特に?はなかなか克服できてなくて、今日も混んでいる道で交通の流れを1分近く止めちまいましたぜ。下り坂で、「あ、行き過ぎた!」なんてことになると、Rの坂道発進な訳で。「踏んでるのに下ってくぞ!」みたいな。

?も結構怖い。この国ではレドンデロと言うのですが、何だろう、英語で言うところのラウンドアバウトですか、強引に突っ込んで来る車の多いこと。そして、外からの車はなかなか円に入れてもらえない。いきおい、自分の運転も強引に…。朱に交わって、真っ赤っかです、ハイ。ってか、信号作って欲しい…。

運転手を雇ってもいいんですが、アジアの一部やアフリカみたいに人件費がそこまで安くないので、やはり自分で運転した方が楽と言えば楽なんですね。夜中まで拘束しておいたら、それこそ相当な額になるし。

ということで、いたく反省して、本日、家の近くの車があまり通らない坂道で、坂道発進の練習をしていた三十路リーマンでした(周囲の人は、アイツ何やってんだ?と思ったことでしょう)。

cr-v.jpg

※本当は家も決まったのですが、また次回にしときます。
18:34 | 仕事 | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。