--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Sun.

行く前に書いておきたいこと

(妻のmixi日記を先に読まれた方は、内容がかぶっている点につきご容赦ください。)

本当はもう少し後に書こうと思っていたのですが、今この時期に悩んだ記録を残しておきたいので、今書くことにします。

実は現在、妻のお腹に新しい命が宿っています。
現在第13週(妊娠4か月)です。


しかし、単純に喜んでばかりもいられないのです。

1月ちょっと前のことだったでしょうか、検診から帰ってきた妻が、気の抜けたような顔をしていました。何を話しても虚ろな感じで、検診の結果もなかなか話そうとしません。

聞き出してみると、赤ちゃんに気になる所見があった様子。そこで、エコーの写真を見せてもらうと、首の後ろにむくみがあります。
担当医師によれば、このむくみはNT(Nuchal Translucency※)と言って、これの厚みが一定程度(一般に3mm)を超えると、子供が何らかの障害を持って生まれてくる可能性が通常より高いのだそうです(※もう少し詳しく知りたい方は、[特に女性の方は是非]「胎児 NT」で検索してみてください)。我が家の場合は、このとき2.8mm、次の週で4mm、一番厚いときで5mmと診断されました。

障害も様々で、ダウン症や心疾患、手足の奇形、脳の異常などいろいろなケースが考えられるのですが、NTがあったからといって必ず異常が出るわけではなく、あくまで「通常より可能性が高くなる」ということ。
これが厄介なところで、結局「障害があるのかないのか分からないけど、後で『もし障害がある子だと分かっていたら、私は産みませんでした』と言われたり、訴訟を起こされたりするのが怖いから、一応言っときますね」というのが医師の本音なのだと思います。
確かに、先般判決が出た福島県立大野病院の例を見るまでもなく、医療訴訟の数は多くなってきていますし、医師側が自己防衛に走るのも分からなくはありません。ただ、ネットで見る限り、妻と同じことを言われて不安のどん底にいる妊婦がかなり多いことが分かりました。
そもそもこの診断をするようになったのがここ数年のことで、NTの診断を受けても、実際には何も障害がなかったというケースもあるようですので、いたずらに不安を煽っているという見方もできます。

話は逸れましたが、結局妻は医師から、「(産む産まないを含め)今後どうするかご主人とよく話し合ってください」と言われて帰ってきていたのです。

正直、小生もその話を聞いたときは平静ではいられませんでした。
その日はセミの鳴き声が妙に大きく、粘りつくように聞こえたのを覚えています。

●どうやってダウン症の子供を育てていこうか、いや、そもそも自分に育てられるのか?(じゃあ、育てられなかったら堕ろすのか?)
●心奇形だったら、どこの病院がいいんだろう。病院の近くに家を借りなきゃな。
●定年までに数回行けるはずだった海外勤務も、これで完全にコースから外れたな…。
(実際に我が職場に、ダウン症のお子さんを持つ職員がおり、彼はお子さんの世話があるので、海外勤務を一度も経験していません。)
●ぶっちゃけ、幾らくらいお金が掛かるんだろう。
●長男は受け入れてくれるかな。彼のハンデにならないといいけど…。

などなど、様々な思いが次々に心の中に浮かんでは消え、かなり思考が混乱した状態でした。
結局その夜は寝付けず、朝の6時頃までインターネットでいろいろ調べてしまいましたが、自分なりの答えを出すのにそれほど時間はかかりませんでした。

当たり前過ぎる結論ですが、小生には、我が家を選んで来てくれた新しい生命を、この手で空に帰してしまうことはできません。もちろん、どんな子が来ても育てると決めた以上、羊水検査も意味のないことです。

ちなみに、羊水検査をすればダウン症(を含む遺伝子の異常)は100%分かりますが、それ以外の障害(心疾患、奇形等)は分からない、しかも、羊水検査を行うこと自体も流産のリスクを伴うという両刃の剣です。

次の日になり、妻に、
「まだ障害のある子を育てる覚悟はできてないけど、それでもやっぱり産もう!」
と伝えました。妻も同じ考えだったようでした。

しかし、少し後になり、自分の送別会でショックな話を聞くことに…。
前回の記事で書いた高校時代の同級生(現在2児の父)が、1人目と2人目の間に、NTの子供を堕ろすという経験をしていたのです。彼は、「ウチは2人とも育てる自信がなかったから、堕ろした」と割とあっさり言っていましたが、羊水検査もせず、20週近く(完全に人間の形をしています)で、障害がない子だった可能性もあるのに、堕ろしてしまうというのは、自分には想像できない選択肢でした。
もちろん、各家庭の事情があるし、悩んだ上での選択だろうし、彼のことを責めるのはお門違いです。育てる自信がない人のところに生まれてきても、子供も幸せではないでしょう(でも、小生も自信なんて一つもないんですけどね)。
なので、彼に対する怒りとかでは全くなく、何というか、上手く言えませんが、自分の同級生がそういう選択をしていたことが、ただ切なく、やりきれない思いになりました。

というわけで、現在も不安は取り除かれた訳ではなく、せっかく海外に行っても1年くらいで戻ってきてしまう可能性もあるのですが、家族の絆と仕事のキャリアは天秤にかけられるものでもありません。もちろん、健常児が生まれる可能性だってあります。

以前、この記事に書いたように、人生一寸先はどうなるか分かりません。海外に行っても、日々感謝を忘れず、しかし大げさにならず、淡々とやっていこうと思っています。

最後に妻のmixi日記を一部引用して、この記事を締めたいと思います。

=====*=====*=====*=====*=====*=====

命の重さ、尊さを日々感じています。

人がこの世に生まれてくる、ということ。
誰かを愛し、愛されて、命を全うするということ。
障害があるということ。
健常であるということ。

お腹に宿った小さな命は、ただ、生きようとしている。
私たちのところを選んで。

本当に本当にありがとう、と言いたい。

たとえ障害があろうとも、愛しいわが子。
何があっても頑張って産もう、と
今はとても満たされた思いに包まれています。


=====*=====*=====*=====*=====*=====

スポンサーサイト
00:06 | 子供・育児 | comments (12) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Mon.

とりとめなく

今週の進捗をまとめてみます(自分の記録用として)。

1.Skypeのカメラ設置
自宅のPCと妻の実家のPC(我が家のものを移設)にセットし、動作確認済み。義父はTV電話がタダでできるという事実に、びっくりしていました。ウチの親が見たら、腰抜かすだろうなぁ。

2.バッテリー交換
車のバッテリーが上がってしまい、JAFを呼ぶ羽目に。。。JAFのおじさんに、「バッテリーが寿命だね。このままエンジン切らないでバッテリー交換に行きなさい。切ったら次(エンジン)かけられないよ」と言われ、最寄りのスタンドへ。
こんな高級なバッテリーに交換されてしまい、売却直前の車に約2万円の出費。痛い。痛すぎる。

3.荷物運び
しばらく妻は(子も)実家暮らしとなるので、妻の実家に車で荷物を運ぶ。
荷物を積むのに、マンションの5階と車との間を5往復しました(しかも階段で…)。少しはメタボに効いたかしらん。
もう乗れないかと思うと、愛車が一層愛おしくなるもの。お別れする前に、もう1~2度乗っておかなければ(深い意味はありません)。

4.銀行関係手続き
銀行の住所変更手続き、一部銀行の解約などをしました。解約した某外資系銀行では、2,000万円以上預けている人は海外送金が無料になるサービスをしており、海外に住むことになる小生も「魅力的!」と思ったのですが、よく考えると、一行に2,000万円も預けられる人って、そうそういないと思うぞ。
と思ってると、東京には結構いるんだよな、、、これが。先日も高校の同級生と自分の送別会で飲んでいて、金融系サラリーマンの同級生が年収1,200万円と聞き、飲んでいるビールを吹き出しそうになりました。同じ三十路リーマンでも、ここまで違うのですね。

5.一部家具の処分
海外と国内との出入りの激しい我が社、イントラネットに「お譲りします」というコーナーがあります。主に海外に出る人が、不用品を誰かに(基本的に無料で)譲るために設置されているものですが、様々な人がいろいろなものを出しています。結婚する(ので、家具や家電が不要になった)人、催し物のチケットを持っていたが行けなくなった人、センスのないプレゼントを彼氏から貰った人(これは推測)などなど。電子レンジなどがよく出ていますが、たまに車が出ているようなこともあります。
小生も家具を4点ほど出品したのですが、全て結婚当時に丸井のin The ROOMで買った自慢の品。その中でも、一番のお気に入りだったオーディオボード(写真)がやはり一番先に売れていきました。で、最初に連絡してきたのは小生の同期の女性。本日、我が家まで車で取りにきました。
DSC05493.jpg

そんなこんなで、地味~に作業は進んでいます。
さて、そろそろ引っ越し業者に見積もりを依頼しなくては…(トランクルームは高価なので使用せず、小生の実家の空き部屋に我が家の荷物全てを詰め込む計画です)。

オチもなんもなくてすんません。
02:12 | 日常・人間観察 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Mon.

車を売る

ようやくこの土日から、少しずつ準備が始動しつつあります。

と言いつつ、標記で半日潰れてしまったのは痛恨の極み。
もっと他にやりたいことがたくさんあったのに…。

オンラインで数社同時見積もりを依頼したわずか2分後に携帯へ連絡があり、最終的に3社が「本日中に伺いたい」とのこと。
小生も平日は休みではないし、その方がありがたかったのですが、3社で15時から21時まで拘束されたのには参りました。

何しろ、皆さんその日のうちに商談をまとめようと必死。
こっちは後日でも全然構わないんですが、「幾らなら即決して頂けますか」とか「契約まとめないと帰れません」など、この世界は即決が主流のようです。
ちなみに小生の車、あまり距離を乗っていないので、状態は良いです。しかも、同じ車種の中では一番グレードが高く、純正ナビ、オートライト、インテリジェントキー、ステアリングで操作可能なオーディオ(MP3も聞けます)、キセノンライト/フォグランプ等、付けられる機能はほとんど付いています。なので、買取店の反応も良いのかもしれません。

それにしても、炎天下で車の査定、大変なお仕事ですねぇ。しかも会社と客の板挟み。どんな仕事も楽ではないですが、頭が下がります。今日、3件商談しただけでヘロヘロになっている小生にはとても務まりません。

結局2社目(仮にA社とします)と3社目(同じくB社とします)が価格で争うことになったのですが、お互いに現時点でのベース価格を伝え、そこから幾ら積めるかの一発勝負をさせました。B社は出せる上限額をこちらに提示し、商談をまとめるまで帰らない風だったので、「こんなところ(我が家の裏の道路)でもなんですから」と、近くのファミレスで若い営業さんにアイスコーヒーを勧めつつ、A社の最終価格の電話を待つことにしました。

実際には、既に最初の査定が開始してから5時間以上経過し、蚊にも随分喰われてしんどかった、というのが正直なところです。こちらから督促の電話を掛けること3回、A社が出してきた金額は、B社を2万円下回るものでした。(その場で断ると長くなりそうなので)後で電話をすると伝え、そのファミレスでB社と契約をしました。

その後、A社にお断りの電話を入れたのですが、営業の食い下がること食い下がること。何と20分以上粘られました。「B社さんには個人的にこれまで一度も負けたことがないので相当ショックです」に始まり、「B社は悪い噂しか聞きません。後で査定を下げてくるかもしれませんよ」とか「借金が多い会社ですよ」とか、挙句には、「その金額でしたらウチも出せました」と…。じゃあ、なぜ最初から出さないの?こっちは相当時間費やしてるんだから!とは言いませんでしたが、負けを素直に認めることのできない彼に、A社の印象が下がってしまいました。だから一発勝負って言ったのに…。ま、会社の利益も考えなきゃいけないから、小刻みに出すしかないんだろうけどね。ちなみに、A社は業界ではかなり大手です。

いずれにしても、すぐに手を付けないと、いい案件は他社に持っていかれてしまう厳しい世界。彼が必死で食い下がるのも分からなくはないです。今回の経験を生かして、次、頑張ってね(ちなみに彼に対してはそこまでは言わず、「お力になれなくて本当に申し訳ない」という表現に終始しました)。

と、こんな感じで「大物」を1件片付けたので、これからペース上げて(赴任準備を)やっていこうと思います。

00:49 | 日常・人間観察 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。