--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Thu.

進捗状況

と言っても書くことは殆どなく…。

・赴任日を決めた
・飲み会は順調にこなしている
・夏休みを取って、暫くできない親孝行をしてきた
・少しの間実家に残る妻とスカイプをするために、PCをもう1台購入
・引継書をようやく完成させた

って程度でしょうか。

未だ引越業者も決めていなければ、家の片付けも全く進んでいません。
いわんやスペイン語の勉強は全く手に付かず…。

みんなよく様々な手続きをこなして、ちゃんと赴任するなぁというのが正直なところ。
銀行や保険の手続きとか、車の売却とか駐車場の解約とか、カードの住所変更とか、
やることを数え上げていったらキリがないです。

しかし、、、
今の仕事も7/31で終わり。モラハラ上司ともおさらばだと思うと清々しますね。

ってことで、8/1からは赴任前研修の生活に入るので、残業もなくなることですし
(ただし、飲み会はなくならない)、気合入れて準備したいと思います。

またご報告します。
スポンサーサイト
01:25 | 仕事 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Sun.

原点に戻る

その後、飲み会の予定はこれでもか、というくらい入るが、準備は何をしていいのか正直よく分からない。
スペイン語も、小生はノートに書かないと覚えないタチなのだが、きちんと机に向かって勉強できる時間など皆無だ。だったら、こんな記事を書いている時間に勉強しろよ、俺。



ひとまず今できることと言えば、注射を打ちまくること。
我が任国に必要なのは、A型肝炎、B型肝炎、破傷風、狂犬病、黄熱病。

予防接種って、モノによって効力を有する期間が決まっていて、また、(以前に何回打っているから今回は残り1回でいい、など)効力を発生させるための回数も決まっていて、いつ頃何を打ったかをちゃんと覚えておかなくてはならない、本当は。でも、忙しい中年リーマンの記憶スペースには自ずと限界があり、可愛い女性の後輩の誕生日以外はどんどん抜けていってしまうのが悲しいところ。

しかし、A/B型肝炎はメキシコで打ったな、とか大雑把に覚えているし、それ以外はきちんと記録が残っていた。破傷風はこのとき、黄熱病はこのときに受けている。ブログをやっていることが、初めて役に立った瞬間である。

ともあれ、注射を打った日は酒を飲むことができないというのは、もっと悲しい。



さて、スペイン語の勉強が捗らないので、もっと大事な頭を赴任前に作っていくことにした。
というのは言い訳で、職場で回ってきた本を通勤のお供に読んでいるだけの話だ。

「1人ひとりにできること、1人のためにできること」

というのが、その本のタイトル。
有名人や一般の中学生・高校生を含む数多くの人が、「私の国際協力」というテーマで語る、軽い読み物だ。有名人は藤岡弘、サンプラザ中野、伊達公子、草野満代、日野皓正、藤原紀香などなど40人近くが語っている。
多くの人が語っている内容を極めて雑な一言でまとめると、「肩肘張らずに、等身大の協力をしよう。まずは相手に声を掛けることから始めよう」といったものだ。

小生がやっている仕事は大きなお金をつぎ込んで行う事業であり、仕事のカウンターパートはほとんどの場合、相手国政府の関係者であるから、本当はもう少し大きな視点、鳥瞰的な視点から物事を見るべきであり、この本で語られるような草の根的活動とは異なる意識で仕事をしなくてはならないのかもしれない。だが、こういった「自分が何かをすることで相手が喜んでくれる感動」みたいなものを忘れたら、いい仕事はできないと思う。

ということで、かなり言い訳めいているが、現在は語学より大切なものを思い出すことに注力している(ことにしておいてほしい)。

01:27 | 読書 | comments (2) | trackbacks (1) | edit | page top↑
Sun.

転勤

めっきり暑くなりましたね。
食後、家族全員で牛のようにゴロゴロとうたた寝をしていたら、自分だけが蚊に喰われまくって、機嫌が悪い三十路リーマンです。こんばんは。
(それにしても、何故お尻を2箇所も刺されるのだ…。ブツブツ。)

さて、標記のとおりなのですが、7/1に内示が出まして、9月より中米のエルサルバドルという国に飛ばされることに相成りました。
高校の友人に伝えたところ、「内戦やってそうな国だね」などという反応を貰い(たしかに内戦もやってたし、サッカーの試合結果ごときで隣国と戦争したこともある国だけどさ…)、その知名度の低さ(高さ?)には嘆息せざるを得ません。

勝手に広報しておくと、、、場所はこちら。四国より少し広い面積に人口700万人近くがひしめく国です。自国通貨を捨て、今ではドルが流通しています。観光資源はあまりありません(ので、友人が遊びに来ることもないでしょう…)。在留邦人は200人以下です(ほとんど我が社と大使館の関係者だろうなぁ)。

前任には、「日系人がいる国みたいにスタッフが日本語を喋ることもないし、仕事のカウンターパートともスペイン語ばかりなので、まずはスペイン語のリハビリをすることをお勧めします」と脅され、慌ててamazonで教材を購入したりしています。
参考書

てな訳で、2ヶ月あまり後の赴任に向け、何をすれば良いかイマイチ分かっていないのですが、ぼちぼち準備していきます。

まずは皆様へのご報告まで。
00:51 | 仕事 | comments (14) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Tue.

生田さん

少し前のことになりますが、組合の日帰り出張で神戸に行ってきました。
例によって、仕事は午前中のみ。

帰りの新幹線を遅めに設定し、午後は精力的に歩き回りました。

本当は酒蔵に行ったり、
DSCF0001.jpg

異人館に行ったり、
DSCF0022.jpg

美味い洋食を食べたり、
DSCF0037.jpg

と、いろいろ書きたいこともあるのですが、人間観察好きな小生は、次のものが気になりました。

あの人も結婚式を挙げたという縁結びの神、生田さん。
DSCF0033.jpg


気になったのは、奉納してある絵馬。
様々な願い事が書かれています。
人が書いた願い事を読んでしまうのも悪趣味、なのかもしれませんが、一応公共の場に見えるように置いてあるので、読んで悪いってこともないでしょう。
絵馬に書いてある文字だけで、様々な方の人間性が垣間見えました。

もっともシンプルな、
「○○と結婚できますように」
に始まり、

「○○と△△を一緒にしてあげてください」
という他人の幸せ願っちゃうぞ型や、

「○○と結婚して、子供を授かりますように」
と、ちゃっかり子授け祈願までしちゃってる人、

「バイト先(▲▲)の○○さんと一緒になれますように」
と、個人情報開示しちゃってるのもありました。

「今年こそ素敵な男性に出会えますように」
と、待ち人未だ来たらずの方や、

「26歳までに素敵な男性に出会って幸せな結婚がしたい!」
と、同じ待ち人来たらずでも、将来のビジョン明確型など、

恋愛1つ取っても、本当にいろいろな願いごとがあり、様々な願い方があるものだと感じました。

小生は信心深くないので、普段神頼みはあまりしないのですが、子供が生まれる前には、安産祈願に水天宮に行ったりしてますから(しかも初詣では絶対出さないくらい高額のお賽銭を出したり…)、いい加減で現金なものです。

ともあれ、皆さんの願いが叶うといいですね!
01:21 | 出張・旅行 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。