--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Wed.

Exhausted

いやー、最高に疲れました。
何がって、出張です。

帰国報告がのっけから愚痴ですんません、、、
本当は17日に帰れる予定だったのですが、いろいろとトラブルがありまして。

ブラジリアから発ってサンパウロで国際線に乗り継ぎ、NY経由で帰る予定だったのですが、激しいスコールの影響でブラジリアからのフライトは40分遅れ。しかし、サンパウロ到着時、NY行のフライト時間までは1時間半以上残っており、乗り継ぎできるかな、と思っていたのです。ってか、普通大丈夫だし。

しかし、着いてみるとTAM航空の発券カウンターは大混乱の様相。文句を言う客でごった返しています。周囲の客に聞いてみると、そんなに早い時間なのにオーバーブッキングで乗れないというのです。まさか、とは思ったのですが、1人1人が文句を言っているので自分たちの番が回ってくるのに時間がかかり、いやがうえにも焦りは募ります。ようやく回ってきたところで状況確認したい旨伝えると、事情は分かったが、ビジネスクラスは向こうだと、20m先を指差す担当者。

「オイ!時間ないの分かってんだろ!!ここでやってくれよ!」
「いや、あちらに行きなさい。」

(てか、全然表示されてねーんだから分からねえよ!!)

しぶしぶ、何の表示も出ていない特設?カウンターに行った時点で残りは1時間10分。

「予約も入ってるし、座席番号も既に決まってるんだけど。急いでチェックインしてくれない?」
「残念ながら、チェックインは締め切りました」
「はぁ?まだ、こんなに時間があるじゃん。つべこべ言わずに早くやってよ」
「既に満席です」
「意味分かんないよ。何でこんなに早く満席なの」
「チケットカウンターに行ってご相談ください」

この人たち、絶対に謝ることをしないし、「分かりません」ということを言わない。分からないと何となくたらい回しにする。「分かりません」を言わないのは、メキシコで散々経験済み(例えば、道を聞くと、知らなくても教えようとする)だったけど、今ここでやられても困るんですけど…。

チケットカウンターにも長蛇の列で、半ばあきらめつつ、ようやく自分の番が回ってきたところで、残り50分。状況を説明し、押し問答すること20分。さすがに小生もあきらめました。隣では英語が(ついでに西語・日本語も(笑))得意でない部長がカリカリしています。

「分かった分かった。もうあきらめたから、代わりのNY便を確保してよ」
「これは、日本のJALが発行したチケットなので、JALのカウンターに行ってください」
「は?JALのサンパウロ便なんて、週2便しか飛んでないよ。大体、今、夜の10時過ぎだよ。開いてる訳ないじゃん」
「いずれにしても、ここでは何もできません」
「そんな訳ないでしょ。ウチら世界中に行くから、こんなこと何度も経験してるの。アフリカで同じことが起こったらどうしろっていうの?JALのカウンターなんかないよ。とにかく、その端末で他社便にでも何にでも書き換えられるから」

(ようやく上司に聞きに行く担当者)

「いずれにしても、今日は無理です」
「だから、あきらめたって言ったじゃん。明日のフライトでも何でもいいから」

(20分後)

「明日の同じ時間の便を確保しました。ただし、NYからのJAL便はありません」
「無いわけないでしょ。JFK-NRTなんて、1日何便も飛んでるよ」
「無いって言ってるでしょ!ここまでしてるのに何で分からないのよ!!」(ボールペンを叩きつける担当者)
「じゃあさ、その端末こっちに見せてよ。ほら、ちゃんとあるじゃん。あー、満席って意味ね。じゃあ、ちゃんとそう言ってよ。No flightなんて言わないでさ」
「とにかく、これ以上はできません」
「分かった分かった。もういいから。とりあえず、予約記録出しておいて。どうもありがとね(ここだけ葡語)。」

ということで、乗る予定の便が飛び立ってから1時間後の夜11時半に、空港近くのホテルを探してチェックイン。何と1泊25,000円!高っ!!
早速ホテルから東京の旅行代理店担当者の携帯に国際電話。留守電でメッセージを残し、経緯を説明、NYからの便を確保してくれるようお願いしました。その他、自宅や上司やブラジル事務所の担当者に経緯報告。

日曜日だったにもかかわらず、代理店担当者がJALと掛け合ってくれ、満席の多いNY経由を外し、シカゴ経由に切り替えてくれました。サンパウロ-シカゴは、TAMではなく米系のUNITED。ちゃんとホテルに電話もくれました。やっぱり、日本人って素晴らし過ぎる。

で、次の日。
余裕を見て4時間前に空港に到着した我々は、またもブラジル人に悩まされることに。

まず4時間前なので、もちろんカウンターは開いていません。開いたのは何と2時間半前。おいおい、何かトラブルあったらどうすんのよ。

チェックインカウンター前のセキュリティ質問(誰がパッキングした?/その後この荷物はどこにあった?/その後誰かがこれを開けた?っていう例のやつ)が終わり、カウンターに向かおうとすると、

「このチケット、UNITEDって書いてないですね」
「だから、かくかくしかじかで、既にチケットはendorseされてるの」
「いずれにしてもちょっと待って」

(待たされること20分)

「それはJAL発行のチケットなので、UNITEDの名前を入れて再発行してもらってください」
「(またそれかよ。)あのね、今はE-Ticketっていって、名前とパスポートだけで乗れるの。世界共通のシステムだよ。あ、ちなみに予約番号はXXXXX番だから。端末でチェックして」

(発券カウンターの上司に相談に行く担当者。埒が開かないので、小生も着いて行く。)

「予約番号はありました。でも、JALからのメッセージを受け取っていません」
「おいおい。そんなことはどうでもいいから、とにかく端末にそのチケット番号を入力しろよ!」

(さらにsupervisorなる人に聞きに行くその上司。この時点で残り2時間を切り、焦る小生。待っている間に残された担当者との会話。)

「Don't be nervous.」
「あのね、昨日も1時間半前に来て乗れなかったの。で、今日はわざわざ4時間前に来てるわけ。こんな場所に何日滞在しろって言うの、貴方たちは。ホテル代出してくれるの?日本なら5分で終わってるよ。これでイライラするなって言う方が無理だろ」

(上司戻る。)

「とりあえず、端末にチケット番号を入れて、rejectされなければOKです」
「だーかーらー。最初からそうしてって言ってるでしょ。何でウチらの方が分かってるのよ。分からないなら、何で最初からsupervisorに聞かないのよ」
「我々は全力を尽くしてます」

と、まあ、こんな不毛なやりとり(端折ったつもりが、随分長いな…)を経て、飛行機に乗るまでの長かったこと長かったこと。
家に着いたのは、ブラジリアのホテルを出てから60時間後でした。
で、時差ボケで早くに目が覚めて、こんなことをしている訳です。

ブラジルは極めてポテンシャルの高い国です。
国土は広い、資源は豊富、人口も多い、技術力もそこそこ。唯一の失敗は、神がそこにブラジル人を住まわせたこと。
(といったジョークだかことわざだかが、現地にあるそうです。)
さもありなん。

帰ってきたら、息子に「知らないオッチャンを見る警戒の目」で見られ…。
息子よ、お前もか。
そりゃ、2週間、留守にしてたけどさ。
0歳児の記憶力も分かってるけどさ…。
数日後のお前の誕生日を一緒に過ごしたくて、帰りの飛行機で全く寝ずに仕事をしてきたとーちゃんに対して、その視線はないんじゃない?

駄文深謝。ここまで読んで頂いて、ありがとうございます。
出張の中身についてはまた後日(いつだ?)ご報告しますねー。
スポンサーサイト
04:43 | 出張・旅行 | comments (12) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Wed.

久々の出張

明日(今日)からです。
行き先はメキシコ・アルゼンチン・ブラジル。

プロジェクトではなく、内部の会議がメイン。
日曜日にまで終日の会議が入っており、あんまりモチベーションは上がりません。
そして小生は部長の鞄持ち。
とりあえず昼夜問わず、議事録作成マシンに徹しますよ。

現地で働く同期たちに会えるのは少し楽しみです(小生の同期、ラテン人材多し)。

残念なのは、出張の準備が忙しくて、8回目の結婚記念日のうちに帰ってこられ
なかったこと。
一体小生、幾つ嫁に借りを作るのでしょうね。
01:42 | 出張・旅行 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。