--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Sun.

言葉は、すべからく正しく使うべし。

このカテゴリでは、今までに幾つか記事を書いていますが、mixiでも「誤用が気になる派(日本語)」というコミュに入っている小生、なるべく日本語は正しく使おうと心掛けています。
それでも、小生もこのブログの中で、平気で誤用してたりするんですけどね。
※小生の記事について、言葉の誤りに気付いた方、どんどん指摘してくださいね。

今日は、以前に書いた気分屋の我が上司が頻用する語の中から、誤用が気になるものを幾つか取り上げます。

以下気になる度が小さい順に挙げると、


【レベル1】
「斜に構える」
本来は、刀を持って青眼の構え(剣道をやったことのある方は分かりますね。相手に剣先を向けて刀は斜め)を取ること、転じて、物事に対して身構えること、改まった態度を取ること、の意です。
しかし、現在は「物事に対して正対せず、皮肉な態度を取ること」の意で使われています。どちらかと言えば逆の意味になってしまっている点では、「流れに棹差す」「役不足」等の仲間でしょうか。

我が上司の用法もしかり。既に広辞苑もこの説を正しいとしてしまっている以上、あまり目くじらを立てても仕方ないですね。


【レベル2】
「モラルハザード」
もともと金融(保険)用語で、マスコミでは山一証券や北海道拓殖銀行など、大手金融機関の破綻が相次いだ頃(10年ほど前)からよく目にするようになったと記憶しています。モラルハザードは、あるリスクに対して保険が準備されていることから、そのリスクを回避しようとする意識が薄れ、リスクを一層促進させてしまうような行動のこと(野村総研HPより)。「預金保険制度があって、顧客の預金は全額保護されるからといって、金融機関が効率的な経営を行わなくなってしまう」といった例がこれに該当します。

転じて、現在では「倫理・道徳観の崩壊」のような意味で使われることが多いですね。小生は皆様お気付きのとおり、かなり保守的なので、つい「え?いつから拡大解釈されるようになったの?」といった反応になってしまうのです。

上記のとおり、現代において新たな言葉を伝播させるのは、だいたいがマスコミ(特にテレビ)ですね。11年前に、葛飾・柴又で小生と同じ大学に通う女子学生が、米国留学に旅立つ2日前に殺害されるという痛ましい事件が発生したのですが、この事件以来、日本中で「ストーカー」という言葉が使われるようになったのを鮮明に記憶しています。


【レベル3】
「すべからく」
我が上司は、この語をかなり頻繁に使います。が、使い方が誤っているのです。「すべからく」は「必ず」の意であって、「全て」の意ではないのに、明らかに「全て」と同義で用いています。
これは、小生としては結構気になります。なぜかと言うと、この語を会話の中で用いる人は、大抵、自分の話し言葉を格調高く見せようとしているか、自分を教養ある人間に見せようとしているからです。ま、正しく使用されていればそれなりのアピールにもなりましょうが、格好良く見せようとして小難しい言葉を使っているのに、その用法が誤っていると、逆にレバレッジが利いて、「アホやなー、こいつ。もっと簡単な言葉を使えばいいのに」と失笑したくなってしまうのです。

でも小生、嫌な奴なので、絶対その上司の日本語を修正したりしません。友人であれば誤りを伝えるんですけどね。人間的に尊敬できない人に忠告するほどは、親切でないのです。



という訳で、自身も知ったか振りをしないように気をつけます。
スポンサーサイト
21:47 | ことば | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Mon.

逡巡

このところ、思い悩んでいたことが1つあります。
それは、職場の留学制度に応募するか否か、ということ。

年齢制限があって、今年が最後のチャンスなのです。
これまでは、転職後の新たな仕事で経験を積む方が優先だと考え、あまり気に掛けなかったのですが、「最後のチャンス」と言われると、つい気になってしまいます。

で、この数週間、夜なべ仕事で米国の大学院(修士コース)を調べました。
やりたい分野も、今後中南米系として生きていくなら、地域研究(Latin America Studies)、それを学ぶなら南部の大学かな、などといろいろと検討しました。
で、我が社のトップも出ている、名門UC Berkeleyあたりを第一志望にしようかというところまで目標を定めました。
続きを読む
12:48 | 仕事 | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Sat.

ムフフ。。

折角の家族サービス日でしたが、後ろ髪引かれる思いで(ウソ)中学・高校(一貫校でした)の学年同窓会に出てきました。

担任の先生たちも随分白いものが増え、同級生たちも白いものがちらほら混じっている奴や、どうしちゃったの?ってくらい太っちゃった奴など、それぞれの人生模様を垣間見てきました。

先生方からは、最近の生徒・保護者の荒廃ぶりをいろいろと聞かされました。我々の頃は生徒指導と称して、先生が機関銃型の水鉄砲で生徒を撃っていたのですから、平和な時代でした。その先生は、「今やったら、確実に訴えられるな」と言って笑っていましたが。

同級生は、各方面で活躍している奴ばかりで、かなりの枚数の名刺交換をしてきました。

また、我が社の某国事務所の所長が学校の先輩であることが判明したり、担任だった先生から、某国における我が社のプロジェクトサイトを「社会科見学」したいというご依頼があったり。いろいろと得るところの多い会となりました。

で、表題の「ムフフ。。」ですが、見た目がかなり変わってしまった同級生が多い中、小生、全然変わっていないと口々に言われました。で、思わずほくそ笑んでしまったという訳。
だって、オッサンぽくならないように気を付けてるもーん。
と言いつつ、子供が生まれてから休みの日に運動をしなくなり、5kg太ったのは内緒にしておきました(汗)。
23:04 | 日常・人間観察 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Sat.

名付け

あるマイミクさんとのメッセージのやり取りで、子供の名前の話に。
ちなみに、我が家は画数とか陰陽ナントカは気にせず、漢字の持つ意味で決めました。

海外で暮らしたこと/仕事をしたことがある人はお分かり頂けると思いますが、我々が現地の人間から、名前について良く聞かれるのは以下の2つ。

1.お前の名前はどんな意味なんだ?
2.俺の名前を漢字で書いてくれ!

我が子が将来、もし海外ででも仕事をするようになれば、きっと名前の由来を聞かれるでしょう。そしたら、“disciplined & well-balanced”とでも答えれば、一応格好が付くというわけです。

あと、最近ありがちな、ふりがなを振らなければ読めないようなDQN(分からない人はググってくださいね)な名前はもちろん対象外でした。
例に出して悪いのですが、元・モー○ング娘。のメンバーができ婚して、少し前に出産しましたが、子供にかなり際どい名前を付けてましたね。

一応、漢和辞典も引きました。
そしたら、普通に人名に使われている字の中にも、あまり良くない意味を持った漢字があることが分かり、ちょっとびっくり。
一生背負う看板ですから、親の責任は重大なのです。

しかし、上記2.を外国人に頼まれたときは、ふざけてかなりお茶目な当て字を付けてしまったりする自分…反省。
(例)ダニエル=駄煮餌流、とかね。
ごめんよ、みんな。こちらは一生背負う訳ではないから、まあ許せ。

これからの学校の先生は、難読名辞典(イメージ)みたいなものが必要かもしれませんね。
あ、でも難読名は次々に生み出されるから意味ないか。。。
01:13 | 子供・育児 | comments (6) | trackbacks (1) | edit | page top↑
Mon.

年頭のご挨拶

と言いつつ、既に七草がゆを食べてますが。

4日を休みにしたことで、望外の大型連休となり、リフレッシュしました。
妹が手術で入院したこともあり、長野にも帰らずじまい。

そして、今日は仕事始めなので、無理せず早めに帰宅しました。

それにしても、東京は暖かいですねぇ。
毎年コートを着るのが遅い小生ですが、何と今年は未だ着ていません。
新年になっても着ていないなんて、社会人になってから初めてのこと。
このまま、着ないで過ごせてしまうのではないか、とさえ思えてしまいます。
既にこのブログでも何度も書いていますが、やはり何かがおかしいですね。

年頭ということで、何か格好いいことを書こうと思っていたのですが、
息子が高速ハイハイを完璧にマスターしたとか、下らないネタ以外には
特にネタもなく、、、

強いて言えば、今年は我が社が同業他社と合併することもあり、通常業務
以外にも、いろいろと仕事が増えそうな予感。

ということで、相変わらずマイペースな更新となりますが、のんびりと
お付き合いくださいまし。
今年も宜しくお願いします。
23:17 | 未分類 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。