--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Sat.

プーチニズム

久々の読書感想文。

だいぶ前なのだが、アンナ・ポリトコフスカヤ著「プーチニズム 報道されないロシアの現実」(NHK出版)を読んだ。
なぜ今、感想文を書こうと思ったかというと、mixiで無邪気にプーチンを賛美している、あまりに能天気な日記を見かけたから。

その日記の趣旨はこうだ。

・エリツィン時代に蔓延した腐敗汚職の構造を断ち切ろうとした姿勢は評価できる。
・利権を貪るマフィアが暗躍するロシアでは、これぐらいの強力な指導者が必要だ。
・命がけの政治家であることは間違いない。

その他にもいろいろ書かれていたが、簡単に言うと、「プーチンは男の中の男だ、カッコイイ!」ってところだ。

無邪気と言っても、この日記を書いた人は38歳だったかな?
きっと新聞も読まないのだろう。

元FSBのリトビネンコ氏や、この本を書いたポリトコフスカヤ氏がロシア当局に暗殺されたことも、北海道で日本の漁船が銃撃されて漁師が1人亡くなったこと、さらに証拠隠滅のため、ロシア側が漁船を返還していないこと、など全然知らないんだろうなぁ。

まあ、小生だって、ものを知らないバカだからこそ、本を読むわけなんだけどさ。
バカは犯罪じゃないけど、バカと自覚しつつ知ろうとしないことは犯罪的ですらある、と思う。

で、感想。
ロシアの地名・人名が長過ぎるせいか、または、作者があらゆる関係者を全て登場させようとしたせいか、記述はやや冗長。
しかし、ロシアの現実は我々が新聞やテレビで聞きかじっている以上のものだということがよく分かる。上述の能天気な人が書いている、「利権を貪るマフィア」が活躍できるのは誰のおかげか、汚職をはびこらせているのは誰か、どうして石油会社ユコスは潰されたのか、国を守ろうと軍を志願した若者が実際にはどのように扱われているか。現実は生易しいものではない。
腐敗して国の質が低下していくだけ、スターリンの恐怖政治よりもタチが悪いかもしれない。
何より、この本の作者がその後暗殺されているという事実が、ロシアという国の理不尽さを雄弁に物語っている。
ロシア国民には悪いが、こんな国に生まれなくて本当に良かった…。

それにしても、
命と引き換えでないと物を言えない国って…。
翻って、我が国のジャーナリズムに、ここまでの覚悟があるだろうか。
ある訳ないか…。

いつも中国の記事ばかり書いているが、実はもっと危険な国とも対峙しているという現実は、もう少し多くの人に知ってほしい。

前の職場で、飯倉のロシア大使館に出向いて、先方の外交官と交渉したことがあるのだけど、自国の利益を一方的に主張するだけで、全く交渉にならなかったことを思い出した。
また、現在モスクワの日本大使館に前職の友人が1人出向しているのだが、よく仕事へのモチベーションを保てるなぁ、と思う。何かと大変だと思うけど、頑張ってほしい。

スポンサーサイト
23:12 | 読書 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Tue.

見えない敵

ホント、全然見えないんです。
なのに、いつの間にかやられている。
この1ヶ月近く、ずっとやられっぱなし。
その神出鬼没ぶりは、正にステルス戦闘機並み。
続きを読む
00:28 | 日常・人間観察 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Sat.

ホロリ、とする瞬間(惚気です…)

いや、ね。
だから。
結構シャレになってないのよ。

朝9時過ぎから夜の11時まで。
昼休みも無いの。
昼も夜も、ご飯食べながら会議やってんのさ。

残りわずか3回の、
スペイン語の語学研修もすっ飛ばして。
続きを読む
02:15 | 日常・人間観察 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Sat.

糟糠の妻

よく、「腕時計の扱い方は、異性への考え方を表す」などと言いますよね。
● 1つのものを長く使い続ける人
● どんどん新しいものに買い換える人
● 沢山所有して、TPOに合わせて使い分ける人
● そもそも身に着けない人
などなど。

ちなみに小生が身に着けているものは、学生時代から数えると13年目。だからと言って、「小生は真面目で一途な男である」などと図々しいことを言うつもりはありませんが。

小生の就職も結婚も子供の誕生も一緒に見てきた、正に糟糠の妻、とも言うべき存在のこの相棒の調子が、最近どうもおかしいのです。電池を替えたばかりだというのに、

・ジョギングをすれば30分間に5分は遅れる
(どうも、走るときの衝撃が良くないらしい。)
・バンドがすぐに外れてしまう

といった症状が見られます。時間が狂うのは、13年間もオーバーホールせずに使い続けてきたので、いい加減ムーブメントがおかしくなっているのでしょうが。

前々から社会人らしい時計に買い換えたいとは思っていたのですが、何せ、落としたりして傷だらけであるにもかかわらず、機構は全然壊れないものですから、なかなかそのような機会もなく、子供っぽいな、とは思いながらも使い続けてきたのです。

ちなみに、どうでもいい情報ですが、この時計を持っている人はかなり多く、小生が今までに行った数少ない合コンで、2度ほど同じ時計をしている女性に会いました。
agnes.jpg

しかし、いよいよ、お別れのときが来たのかもしれません。
以前このブログの中で、ジャガー・ルクルトが欲しいけど高くて買えない、などと書いたのですが、現在の状況では、以前にも増して買えるはずがありません…(涙)。

結局、そこまで安くないが、もの凄く高いわけでもない、子持ちサラリーマンが買えるある程度現実的なラインに落ち着きそうです(現在物色中)。
今回は恐らく、定年くらいまで使えるものを買うので、後妻探しも慎重に行かなければ…。「結婚」が決まったら、またこちらで報告しますね。
22:46 | 日常・人間観察 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Thu.

仕事と組合とポリシーと。

仕事と労組活動との両立、結構しんどいことが判明してきました。
何だか2つの仕事を掛け持ちしてる感じです。

執行部内では政策立案と渉外を担当することになりました。
組合の資産(かなりの大金)を運用する財政の仕事にも興味があったんですけどね(笑)。
で、渉外は言うまでもなく、他組合の役員とも付き合っていかねばなりません。数多くの組合で「共闘」すべく、「動員」がかかったりすることもあります。我が社は公務員系の組合だったりするので、その場に日教組や自治労がいることもある訳です。ま、彼らが大多数で、我々は超マイノリティーなのですが。

小生、日教組が死ぬほど嫌いです。
理由は近日中に書きますが、ともかく大嫌いなのです。
輿石東のように、教員たちを政治活動に使って当選し、のうのうと議員をやってるような人間はとっとと隠居してほしい。

いずれにせよ、自治労も日教組も民主党の支持母体だし、安倍さんが辞めても、小沢一郎にだけは(たとえ天変地異が起こっても)絶対に首相になって欲しくない小生にとって、そんな人たちと同じ場に駆り出されるのは本来なら御免蒙りたいのです。が、組合の一つの「儀式」と割り切ってやるしかなさそうです。本来の業務は同僚たちの職場環境向上であり、それらの業務が大半なのですから。

そして、安倍首相。衝撃でした。
こちらに書いたとおり、小生、そのスタンスは支持していますので、まずはゆっくり休養して、捲土重来を期していただきたい。小生が言うのもおかしいですが、まだお若いのですから。

死者に鞭打つことはしないのが、日本人の美徳だと思います。
が、今日の野党の反応は、、、(以下略)
02:21 | 仕事 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Sat.

What are the chances?

我が職場には、職員以外にもいろいろな立場の人がいます。「3年間限定研修生」という制度(実際には名前が異なりますが)もあって、毎年20人くらいが採用されます。この制度、1年間は東京の本社、2年間は海外の事務所で研修を積んでもらい、今後国際協力分野で活躍する人材になってもらう、という制度です。

で、前置きが長くなりましたが、昨日ちょっとびっくりする出来事があったのでお伝えします。

久しぶり(何と9ヶ月ぶり!!!)に職場の人たちと六本木のサルサバーに踊りに行ったのですが、踊り仲間のTちゃんが、入ったばかりの研修生(上記参照)Yくんを連れてきました。

Yくん、大学を卒業後、英国の大学院で開発経済を学び、その後はワシントンDCの世銀で働いていた、生粋の国際派。小生のような亜流とは血筋が違います。

彼、話をしていくと、どうも学部時代はスペイン語を専攻していたらしい。
(ふーん、それでサルサ少し踊れるんだ。やるじゃん。)

さらに話をしていくと、どうも同じ大学の2年後輩らしい。
(へー、偶然だね。でも、ちょっと老けてるから年上かと思って敬語使っちゃったよ…。)

さらにさらに話をしていくと、どうも学部時代にメキシコに留学していたらしい。
(そりゃ、イスパニア語学科なら、メキシコに留学していても全然不思議ではないわな。学生時代に留学するなんて、意識が高かったんだね。)

さらにさらにさらに話をしていくと、同じ語学学校に通っていたらしい。
(何?その偶然。ま、でもある意味一番メジャーな大学付属の語学学校だしね。)

さらにさらにさらにさらに話をしていくと、何と!
続きを読む
23:06 | 日常・人間観察 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Thu.

嬉しい夏休み

と言っても自分のではなく。
この記事で書いた、モラハラ上司が今週一杯休んでます。
平和に仕事が出来る分、むしろ自分の夏休みより嬉しい、なんてことは内緒です。

さて、小生が指導していた新人ちゃんもようやく海外研修先のケニアに向けて旅立ちました。8ヵ月でどれだけ成長してくれるか、かなり楽しみです。(ケニアは相当治安が悪いので、無事に帰ってきてくれれば、それで十分だけどね。)

そして成長と言えば、最近極めて品行方正な小生、息子の成長も密かな(ってか、プライベートではほぼ唯一の)楽しみだったりします。うーん、かなりの親バカ、もといバカ親だ。小生、こんなキャラだったけか…。

ま、いっか。
身近なところに喜びを見出してやっていこーっと。
00:58 | 仕事 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Sat.

The dark side of my heart

小生、仕事でもプライベートでも、人間関係は結構重視しています。
家族ぐるみのお付き合いも、サシで飲みに行くのも、人のために一肌脱ぐのも、全然嫌いじゃありません。ちなみに今日は、この2人のご家族(2人とも奥様が10月出産予定)と一緒に、非常に楽しい時間を過ごしてきました。

しかし、、、
(上記の2人については全く当てはまりませんが)この年齢になると、付き合いの範囲が広過ぎて、メリハリを付けないと人付き合いに疲れてしまうこともあるのが正直なところ。よりはっきり言えば、力を入れたくない人間関係も存在するのです。

ま、あまり詳しくは書けませんが、人のために汗を流すことを嫌がる職場の先輩とか、極端に吝嗇な前職の友人とか…。

そんな人に、「噂の手作り餃子期待してるから」とのリクエスト付きで我が家へのご招待を希望されても、心からおもてなししようという気が起こりません…。

ふぅ。
どうやって丸く収めようかしらん。
(表面上は何の問題もなくお付き合いしているので…。)

自分の狭量に因る問題だとは認識しつつ、今日のような楽しい時間を確保するためには、見切りが必要な人間関係をそろそろ少しづつ整理しなけりゃならんなー、などと近頃つい考えてしまう、黒いワタシなのです。
22:44 | 日常・人間観察 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。