--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Mon.

組合

職場の労働組合の執行部(役員)を引き受けることになってしまいました。
我が社の組合は、だいぶ以前の労働環境が良くなかった頃は、結構「闘争系」の組合でしたが、現在ではそのようなことは無く、当局と紳士的な交渉を行っています。組織率も9割超と、活動はそれなりに活発なのですが、役員を引き受ける人材がいないのがここ数年の悩み。まるで小学校のPTA役員です。

90年代の初めには「職場にクーラーを入れろ!」などと、(その当時にしてみれば真剣だが、今考えると)いささか次元の低い交渉内容だったのが、最近では同伴休職制度などというものも勝ち取っています。これは、我が社の社員同士の夫婦が、一度だけ配偶者どちらかの海外赴任に、(無給ですが)休職して同行できる制度。海外勤務の多い特殊な職場ということもありますが、世の中一般(商社等)に比べれば、なかなか恵まれた制度だと思います。

という訳で、これまでの組合執行部の頑張りに感謝してはいるのですが、子供が0歳で、なるべく一緒に過ごす時間を作りたい今日この頃。そうでなくても帰りが遅いのに、週に2度以上の組合活動(当然、勤務時間外)で必然的に手帳が埋まる…。正直なところ、頼まれたときには断ろうと思っていました。しかし、そのとき既に役員選出の期限が2日後に迫っており、嫌と言えない状況でした。さらに、現役員である同期からの泣き落としもあり、やむなく引き受けた次第です。

カミさんには普段から迷惑ばかりかけていますが、さらに頭が上がらないことになりそうです。
スポンサーサイト
13:17 | 仕事 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Tue.

胸が痛い…

と言っても、土曜日に4ヶ月ぶりの筋トレをしたせいですが(痛いのはハートではなく、大胸筋)。それにしても、3日も筋肉痛が続くというのは、完全に痛めてしまったのでしょう。

あまりに久しぶりにジムに行かせてもらったので、嬉しくてオーバーワークになってしまったみたい。以前と同じ負荷、回数でやったのだけど、最後には酸欠気味でフラフラでした。

コンプレックスが原動力の小生、「ダサいオヤジ」になることへのささやかな抵抗です。

が、体重は、、、1.5kg増えてました。
でもそんなの関係ねぇ。なんて。

さて、次はいつ行けるかな。。。
22:34 | 健康 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Thu.

暑さに思うこと

えっと、、、本日の記事は社内ニュースレター(電子媒体で配信)のあとがきに使った文章の焼き直しです(だいぶ書き足したり、修正したりしていますが)。

―◆◇―◆◇―◆◇―◆◇―◆◇―◆◇―

大変暑い日が続きますね。国内最高気温が74年ぶりに更新されたとか…。新聞には「酷暑日」などという文字も躍っていますが、この単語は気象庁の予報用語では使われていません。ちなみに、今年の4月から「夏日」「真夏日」に加えられた用語は、「猛暑日」(最高気温35度以上)。今年の猛暑は、ラニーニャ現象が原因ということですが、エルニーニョ、ラニーニャは地球温暖化によって程度が大きくなると言われています(現象そのものは、温暖化がなくても起こる)。この猛暑に、公共広告機構のCMを見るまでもなく「何かがおかしい」「地球が変わり始めている」と感じている方も多いのでは。さらに五感が研ぎ澄まされた方には、忍び寄る人類滅亡の足音が聞こえているでしょうか。

個人レベルでは、生まれて初めて、クーラーを点けたままにして寝るという経験をしました。夜中の1時、2時になっても涼しい風が入ってこない状況は本当に異常だと感じます。大人だけなら無理をしてでも、冷房なしでやり過ごすこともできるのですが、最近汗をかくようになってきた息子が、乳児湿疹+あせもで、とんでもない状態になってしまうこともあり、不本意ながら点け放しにしています。暑くなるから、さらに電力消費(=化石燃料の消費)が増え、温暖化の原因になるという悪循環ですね。

浪費のことだけでなく、節約の観点からも個人レベルの話をもう一つすると、車の運転の仕方に気を付けています。既に乗っている時点でエコロジストではないかもしれませんが、かなり燃費運転を心がけている方だと思います。一般道ではなるべく2000回転/分、高速では3000回転/分以下で走るようにしています。先日、長野まで450km往復した話を書きましたが、使ったガソリンは30L。エアコン+カーステを使って、リッターあたり15kmはなかなかのものだと自負しています。もっとも、最近は車の燃費が大幅に向上しており、車自体の性能に負うところも大なのですが。

もちろん、こうしたミクロの活動だけでは到底解決できず、世界的規模での取組みが必要となる地球環境問題ですが、小生が所属している部署でも、ブラジルのバイオ燃料生産技術(同国はこの分野で相当進んだ技術を持っています。機会があれば記事にします)を周辺諸国に移転したり、アマゾンの違法伐採を衛星監視する技術を我が国から伝える、といった事業を行っています。バイオ燃料は、簡単に言えば、大豆、とうもろこし、サトウキビなどの植物から作る燃料です。既にこれらの作付面積が拡大することによって、マヨネーズ(食用油の不足)やオレンジ(作付け面積の減少)など、一見無関係な他の食物の値上げを引き起こしていることは、新聞などでご存知のことと思います。昨年、メキシコ人の主食であるトルティージャ(小麦やとうもろこしの粉で作る)が大幅に値上げされて、デモまで起きたことはメキシコ在住の友人たちがブログの記事で取り上げてくれています。

上記のように、大規模な取組みには解決しなければならない問題も付き物なのですが、最終的に、これらの技術が地域に最適化された形で各国に移転されることで、マクロ的にも対応が進み、地球環境問題にわずかな光が見えるようになるのではないか、という一縷の望みを持ってPCに向かい(現場と繋がっているという意識を持たないと、モチベーションを保てない…)、昼休みにはPCをスタンバイ状態(=省電力)にする毎日です。

―◆◇―◆◇―◆◇―◆◇―◆◇―◆◇―

※記事カテゴリに「エコ」を追加しました。
※※8/20差し替え 
23:31 | エコ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Fri.

心境の変化?

夏休み、終盤戦に入っています。
が、特にご報告すべきことはなく、前回記事で書いたとおりのありきたりの夏休みを過ごしています。
なので、本日も駄文、申し訳ありませぬ。

今までと変わったことといえば、初めて信州まで往復450kmを運転したくらい。これまで危ないからと避けていた首都高も運転し、ドライバーとしての経験値は多少アップしましたが、その程度。ま、少しでも成長することは大切なことだということで。

それにしても、東京の暑いことと言ったら…。帰ってきた瞬間に、もう一度運転して引き返してもいいとさえ思いましたよ。

あと、標題のとおり、少し心境の変化を感じています。
(本当のモーレツ仕事人間である方には「その程度で!」と怒られそうですが、)小生を構成する性質の3割程度は仕事人間で、これまでは休みが長いと「あまり毎日休みでも辛いなー」などと、口には出さないまでも心で思ったりしたものですが、今年に限っては一切それがありません。むしろ、給料さえもらえるなら、このままずっと休みでもいいくらいです。
理由は、仕事が大して面白くないこともあるのですが、やはり、今まで与えられていなかった役割が自分に与えられたことによって、これまでになかった考え方・感じ方が自分の中で生まれているのだと思います。

という訳で、残り2日となってしまった夏休みですが、我が家にお客様をお迎えする等、イベントが残っていますので、最後まで漫喫満喫したいと思います。
21:41 | 日常・人間観察 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Sun.

夏休み中

昨日より9連休の夏休みに入っています。

とは言え、以前のように海外に行ったり、毎日飲み歩いたりする訳にもいかず、掃除・洗濯結婚式、帰省といったところで過ぎていってしまうのですが…。

この数年は、仕方ありませんね。
(ちゃんと遊んでおいて良かった。。。)

それにしても上記結婚式で、新婦のお兄さんから、
「cabronさん、メキシコで一緒にご飯食べたの覚えてますか?」
と話しかけられたのにはびっくりしたなぁ。
(何で小生の名前と前職を知ってるんだ、この人?と思ってしまった。)
すみません、全然覚えていませんでしたが、世間って狭いですねぇ。

明日からは、チビ介を連れて暫く長野に帰省してきます。
暑さ厳しき折、皆様もお体にお気を付けてお過ごしください。
ではまた!
18:09 | 日常・人間観察 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Wed.

何だかなぁ。2

誤解されると困るのは、小生は今までのキャリアが自分の考え方に影響を与えていて、確かに政治的スタンスとしては中道右派なのだけれど、必ずしも自民党を絶対的に支持している訳ではない、ということです。

あくまで、政策の是々非々で判断しているのです。

ですから、東京選挙区で自民党から立候補した某元女子アナが当選してしまったことには、正に衆愚政治ここに極まれりの感を禁じえないのです。

彼女の変節ぶりはこのページに詳しいので割愛しますが、そもそも何でテレ朝のアナが自民党から立候補できるのか、意味不明です。

このブログの読者の中にも彼女に投票した方がいらっしゃるかもしれないのですが、誤解を恐れずに言えば、もう少し世の中のことをお勉強された方がよろしいのではないかと思うのです。

その他にも、「親の教育」に力を入れたいらしいが、「具体的にどうやるんですか?」と聞かれて答えに窮してしまうプロゴルファーのお父さんが議員になったり、滅茶苦茶ですな。

ホント、「何だかなぁ」って感じです。
02:10 | 時事・社会 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。