--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Fri.

店じまい

今日(正確には昨日)は仕事納め。
そしてまたまた、周囲に流されて朝帰り。

今月だけで、何度目だ?
甘えてると、そろそろ捨てられるぞ、自分。
我が妻は人並み外れて寛大なのだということを認識せねば。
実際に、急に離婚を切り出され、別れてしまった同期もいるのだ。

◇◆++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++◇◆

皆様、今年も江戸川純情派をご愛顧頂き、ありがとうございました。
どうぞ良いお年をお迎えください。

(しばらくお返事できないので、コメント欄を閉じてあります。)
スポンサーサイト
06:13 | 仕事 | edit | page top↑
Tue.

デブの素

完全に独り言ですが、、、
忘年会のみならず、このところ、食べに食べまくっている小生です。

昨日・今日と人並みにこのようなものを食らい、
(大体、売っているケーキは、2人には多すぎる…。)
20061226000443.jpg

今日は、同僚がパリで買ってきてくれたおフランスの菓子を。
(こちら、6個で10ユーロもする、高級品なんです。)
20061226000351.jpg20061226000432.jpg

果たして、こんなことで、せっせとジムに通っている意味はあるのか、自分を小一時間問い詰めたい。今のところ、少なくとも「出不精」ではないのが唯一の救いか。

ともあれ、忘年会もあと2件、ラストスパートです。
00:17 | 日常・人間観察 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Sat.

忘年会が無くても、

残業仲間を誘って飲みに行ってしまう自分は、やはり家庭向きではないようです…。

昨日は23時から終電までの1時間1本勝負!
自分の席の周りで仕事している人たちに「喉、渇きません?」と声を掛け、職場近くの行きつけであるドイツ風居酒屋へ。

レーベンブロイの生を、ふた付きマグで出してくれます。
クライネヒュッテ

この1杯で、生き返るんですなぁ。

小生の場合、酔っ払うと口は雄弁になりますが、精神は退行するようです。

昨晩は、最寄り駅から自転車で10分の我が家まで、ハンドルを1度も握らないで(両手離しの状態で)帰れるか!などという、傍から見たらイカれているとしか思えない個人的遊戯にチャレンジしてしまいました。

1度でもストップすると手を使ってしまうので、信号が変わりそうになったら、わざわざ1本先の道まで遠回り~、などとやっているうち、無事に達成できました。

全く、あきれたものです。
お巡りさん、江戸川区でこんな酔っ払いを見つけても見逃してくださいね。
09:13 | 日常・人間観察 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Fri.

コストパフォーマンス

♪ちょっこれーと、ちょっこれーと、チョコレートは・・・

我が家のお菓子奉行が、また怪しげなものを買ってきました。

が、食べてみると結構うみゃー。
検索したら、ブログ等の記事がめちゃめちゃヒット。
みんな好きなのね、こんなのが。

210円でこの味は、なかなかですよ。

(拡大すると、ほぼ実物大)
chocolate.jpg
13:01 | 日常・人間観察 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Wed.

年の瀬

あ゛ー。
師走も3分の2が過ぎてしまった。
とある理由で、忘年会のみならず、本業もやたらと忙しいこの頃。

この時期、いつだって年賀状は書いていない。
精彩なら、いつだって欠いているのに…。

よし、今夜は眠らせないぞ。
自分を。
01:03 | 日常・人間観察 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Mon.

ボーナス

本日ようやく、ボーナス、もらえました。
何でも、組合と当局の妥結に時間がかかったので遅れたのだとか。

昨年も書いたような気もしますが、まずはもらえてホッとしたというのが本音。
同じチームの6歳年上のお姉様は、組合が思ったより早期に妥結してしまって納得行かない。世間は「みんな」上がり始めてるのに!(我が社は4年連続ダウン)と憤懣やるかたないご様子でしたが、この時代、もらえるだけでありがたやありがたや、です。

そりゃ、自分と高校時代の同級生たちと年収を比べれば、間違いなく底辺の1割に入ってしまいますよ。だいたい我が業界、政府予算が8年連続で削減されている、所謂「斜陽産業」ですから。(それでも、年収分以上の仕事はしている自負はありますけどね。)

でも、最近NHKでよく特集している、ワーキングプアの方々と比べたら、これまで自分が受けてきた教育にしても、現在の仕事にしても、我が身の何と恵まれたことか。そういった人たちは、そもそものスタートラインがとんでもなく後ろに引かれているのですから。

ということで、しっかり全額使い切って、「いざなぎ越え」の実感が伴わない景気拡大に貢献したいと思います。
13:04 | 仕事 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Thu.

久しぶりに

六本木でサルサを踊ってきました。
部の忘年会で踊ることになったので、その練習も兼ねて。

それにしても、みんな上手ですなぁ。
小生は幾つかある流派の中で、キューバン(「キューバの」という意の形容詞)というマイナーなスタイルなので、知らない人とはなかなか踊りづらいのです(踊り方が微妙に合わない)。
ちなみに、日本ではLAスタイルとかNYスタイルなどのアメリカン・サルサの方がメジャーです。
しかし、そろそろ小生も他流試合に出向かなくてはならないのかもしれません…。

まずは忘年会(何故か毎年出し物を頼まれる。昨年の記事参照)を頑張ることとします。
それはいいのだけど、最近仕事以外が忙しすぎ…。何やってんだか32歳…。
00:30 | 音楽・ダンス | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Sun.

キャリアウーマン

このときに結婚した友人(以下、「姉さん」と呼びます)を我が家にご招待。
相も変わらず、手作り餃子でおもてなし(過去記事参照)。

ご招待したのは彼女のみで、旦那様はいらっしゃいませんでした。

実は姉さん、旦那様と別居しています。
とは言っても、不仲という訳ではなく、社内結婚なのですが勤務地が異なっていて、お互いが仕事を続けているために、結婚以来ずっと別居なのです。

結婚前から、旦那様の勤務地をこちら(関東)に戻して欲しいという希望は出しているそうなのですが、企業の人事というのは、なかなかリクエストを聞いてくれないもの。その新婚生活は、まるで牽牛と織女です。

2月に人事異動があるそうなのですが、ここで旦那様が戻してもらえなかったらどうするのでしょう。聞いてみました。



小生:「その、2月に希望が叶わなかったらどうするの?」

姉さん:「そしたら、辞めるんだろうねー、旦那が

小生と妻:「ええぇぇぇ!!!」



凄いよ、姉さん。

みんな同じリアクションをするそうですが、そりゃそうでしょ。
まあ、でも、男女雇用機会均等法がすっかり市民権を得たきょうび、そんな夫婦は珍しくないのかもな。

確かに、姉さんの言うとおり、男は選ばなければそこそこの仕事が見つかるかもしれないけど、30代半ばの女性総合職が辞めても、それまで以上に条件の良い仕事はおろか、給料が半分になることも有り得るからなぁ…。

身体の線は折れそうなくらい細いけど、そんな逞しい生き方を選ぶ姉さんにエールを送りたいです。
ガンバレ!
19:57 | 日常・人間観察 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Thu.

イモなのに、餅?

このところ、実家から父の育てたいろんな作物が送られてきます。
葉ものでは、水菜や春菊、サニーレタス、イモ類では八頭(やつがしら)にジャガイモ、果物だとりんご(これは近所からもらったのだろうけど)や干し柿等々。

その中でも、りんごとジャガイモが大量だったので、沢山消費する作戦に。
りんごはまだボケていないので、本当は勿体ないのですがジャムに、そして、ジャガイモは下の写真にある「いも餅」に。

この「いも餅」、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、味はポテトなのに食感は餅、という不思議な食べ物。美味しくて、ついついおやつやおつまみに沢山食べてしまいます。

これは小生が作った訳ではありませんので、偉そうなことは言えませんが、材料はジャガイモ・片栗粉・食塩のみ(好みでバター・醤油・味噌などで味付けしても良い)で、作り方もめちゃめちゃ簡単!いろんなところにレシピが載ってますので、ジャガイモがたくさん手に入った方は作ってみてください。

TS310103.jpg
13:04 | グルメ・料理 | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Sun.

還暦祝い

本日はセンチュリーハイアットの日本料理「佳香(かこう)」で、母親の還暦祝い。
個室を予約して、ウチの妻を含む家族6人で会席をいただきました。
いわゆる会席料理店は、日曜日は閉まっているところが多いのですが、そんなときでもやはりホテルは使えて、何かと便利ですね。

また、何かイベントが入ると、だらだら過ごしがちな休日も、何となく有意義に使った気になります。

さて、事前に特にプレゼントを用意していなかったので、母に何が欲しいか聞きました。赤いちゃんちゃんこは、さすがに「要らない」と断られましたが、他には何が欲しいのか聞いても、「特にない」の一点張り。この歳になると、物欲もあまりないんだそうです。

父親は、「お前たちが立派にやっていくことが、一番のプレゼントだ」なんて、模範的な父親ぶった発言をしていましたが、それって、実は一番難しいぞ、父よ。

メニューの一部をご紹介)
20061203193609.jpg
19:46 | グルメ・料理 | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。